郡上八幡の駐車場で無料や安いおすすめ周辺マップガイド&全リスト!

日本最古の再建木造城・郡上八幡城が見下ろす、長良川の清流と名水の城下町、郡上八幡。

天空の山城はもちろん、水路がめぐる古い町並みやレトロな文化財建物、郡上おどりなど多くの見どころの詰まった山あいの郷です。

そこで、郡上八幡周辺の駐車場事情についておさらいしてみます。

Photo by 公式ホームページ

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

スポンサードリンク

郡上八幡の駐車場で無料や混雑は?

朝霧に浮かび上がる郡上八幡城が、奥美濃の天空の城として注目を浴びたことでも知られる岐阜県・郡上八幡(ぐじょうはちまん)。

長良川のせせらぎに包まれ、伝統的建造物保存地区にも選定された職人町、鍛冶屋町や柳町など、水路の小径がめぐる家並みが人気のスポットです。

また、名水百選に選定された宗祇水をはじめ、旧庁舎などのレトロな建物群や夏の風物詩の郡上おどりなど、多彩な魅力にあふれる山間の水の里です。

<基本情報>

名称:郡上八幡城

住所:岐阜県郡上市八幡町柳町一の平659
TEL:0575-67-1819

開館時間:
3~5月・9~10月  9:00~17:00
6~8月       8:00~18:00
11~2月       9:00~16:30
※いずれも入館は閉場15分前まで

定休:12月20日~1月10日
※天候等により臨時休業あり

入場料金:大人310円 小中150円
※市街地有料施設との共通券あり

アクセス:
長良川鉄道「郡上八幡駅」よりタクシーで約15分
長良川鉄道「郡上八幡駅」よりまめバス「城下町プラザ」下車徒歩約15分

公式ホームページ:http://castle.gujohachiman.com/

最寄りの鉄道駅、郡上八幡駅から街並みエリアまでは少し距離があり、さらに八幡城までも同じ程度の山道があるので、バスやタクシー利用がベストですが、車で訪れる方も多いスポット。

八幡城に関しては、城の脇と中腹に無料の観光駐車場が2箇所(12)あります。

城までは違うルートで登り降りする一方通行ですが、カーブも多い急勾配の細い崖道を、徒歩の方と一緒に通行するので、運転にはかなり気を使います。

運転に自信のない方は、お寺の駐車場16や中腹の2に駐めた方が無難ですが、季節によっては歩いて登るのもかなり骨が折れます。

また駐車台数もそれほど多くはないので、平日でも満車のことがありますが、特にライトアップもされる紅葉シーズンなどはかなり混み合うので、早めの時間帯がセオリー。

ちなみに、郡上まつりの際などは道が夜間帯に通行止めになるので、頂上駐車場は日中のみの利用になります。

ただ、町並み観光エリアからも歩いても15~20分程度なので、季節もよく、付近も観光する予定なら、麓の手頃な駐車場を拠点にして、のんびりめぐるのもひとつの手です。

いずれにしても、郡上八幡エリアの駐車場事情はおさらいして出かけると、混雑時もあわてないでしょう。


スポンサードリンク

郡上八幡の駐車場で料金が安いおすすめは?

そこで、以下が郡上八幡周辺のパーキング一覧になります。※ピンクのアイコン

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き状況がわかるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。環境によっては開かなかったり、直リンクできないことがあります。

ご覧の通り、山間のコンパクトな観光エリアとしては駐車場の数は豊富であり、普段時期に訪れるなら駐車もさほど困ることはありません。

前述のように過ごしやすい季節であれば、街中に駐車して古い家並みや八幡城をのんびり見て歩くのが気持ちいいでしょう。

ただ、やはり紅葉時期や連休ともなると観光メインエリアの駐車スペースはどこも満車になります。

なので混雑時なら、少し離れたせせらぎ街道沿いで大きめの公営8や、民営の67などが最も空いている確率が高め。

料金的には、観光地なので1日1回単位の前払いのところが多くなりますが、相場的には1時間あたりでほぼ200円弱(平均166円)、日中の打ち止め料金もほぼ500円(平均537円)と手頃。

先程あげたせせらぎ街道付近も含めて、吉田川より南にあるところはほぼ時間料金のみであり、終日の観光には不向きになります。

ちなみに1回単位では最安の10も、施設利用の3時間程度を目安としているので、散策拠点にはできません。

また、郡上おどり開催期間は、1日料金が1000円程度になるパーキングが多いので、注意ください。



郡上八幡の駐車場で予約ができるのは?

最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

競技・イベント会場周辺では今や一般的になりましたが、混雑する行楽スポットでも最適の選択肢と言えます。

まだ郡上八幡エリアではあまりありませんが、近年急速に普及しつつあり、今後どんどん供給が増えるはずなので、気にしておくといいかもしれません。

1箇所ごとの台数はわずかですが、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

郡上八幡の周辺で予約できる駐車場

空いているスペースでお小遣い稼ぎをされたい方はコチラ

まとめ

天空の城も見どころの郡上八幡ですが、なんと言っても400年に渡り受け継がれてきた盂蘭盆会の郡上おどりが有名な町。

「郡上のナァ~」の唄声と、三味に太鼓・笛の音が朝方まで響き、夜を徹して踊り明かす夏の風物詩として賑わいます。

観光客も地元の方もひとつになって無礼講で踊るこの伝統行事には、毎年多くの参加者が詰めかけますが、例年1500台以上・20数箇所の臨時駐車場が設けられ、比較的駐車に困ってしまうことが少ない行事。※マップのガイドエリア「郡上おどり臨時駐車場」にチェックを入れ、黄色のアイコン参照。

ただ、記事で紹介したパーキングも料金が上がる(1000円程度)ところが多いですし、会場近辺の道路は日が落ちる頃から交通規制がかかるので、やはり余裕を持った確保が必要です。

そんな、山あいの里での夏の夜の風情を楽しむ際にも、記事が参考になれば幸いです。

※利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。