花火の撮影 コツや設定って?スマホや三脚なしのときは?

hanabisatuei

夏の風物詩に欠かせないのがなんていっても花火!

今年の夏こそ行くぞ!と思っている花火大会があるのではないですか?

せっかく行くのだから思い出にベストショットの1枚を!なんて思っても、素人でそんなにカメラに詳しくないし、高機能なデジカメを持ってるわけでもないし・・・どうすればきれいに撮れるのかしら?・・・

そんなあなたに、普通のデジカメやスマホで花火撮影する際のちょっとしたコツをまとめてみました。

スポンサードリンク

花火の撮影のコツは?

夜間に花火を撮影する際には、いくつか基本的な注意点があります。

まずは、場所が選べるようなら打上げる所から見て風上を選ぶこと。
煙がかぶって写ってしまうからです。

それから、カメラをしっかり固定すること。
暗いところではシャッタースピードが遅くなるためです。花火をきれいに撮れるかは、いかにぶれないかにかかっていると言っても過言ではありません。

なので、もし使えるなら三脚は必須アイテム。ただ混雑してとても使えないようなら、身近で動かないもの(塀壁や電柱、立ち木)にカメラを押し付けたり、肘をできるだけ体に密着させた姿勢で撮影するといいでしょう。
ネックストラップを付けているようなら、紐をピンと張って構えるのも方法のひとつです。
その上で、友達や彼女彼氏に体勢を支えてもらってもだいぶ違いますよ!

暗い場所ですがフラッシュは不要です。
届かなくて意味がないどころか、白いフラッシュ光が花火の色目を悪くしてしまいます。ですので必ずフラッシュはオフにしてくださいね。

ズーム機能も使用しないのが鉄則です。
高機能ではないデジカメ・スマホについているデジタルズームでは荒くなるだけですし、手ブレもしやすくなってしまいます。

花火撮影で、なかなか感覚をつかむまでに苦労するのはアングル。
高さや方向・大きさや打上げ間隔などは、始まってから撮りながら慣れていくしかありません。
花火は音がして開くまでに2~3秒かかります。
シャッタータイミングは少し早めがよく、特にスマホなどはタイミングにズレがあるので慣れておくとあわてません。

花火の撮影で設定はどうする?

花火撮影のセオリーは、カメラを固定してシャッタースピードを遅くし、花火の光が長く写るように撮ることなのです。
でも、あまり本格的に三脚も使わないような撮影には向いていませんし、そもそもスマホにスローシャッター機能はありません。

でしたら、おすすめは連写機能です。
たくさん撮った中でベストショットを狙うのが手っ取り早い方法でしょう!

   
花火をきれいに撮るためには、それでも少しカメラ設定する必要があります。
オートのままではなく、多少調整すればよりきれいに撮影できるので挑戦してみてください。

といっても、むずかしい調整ではありません。

設定は主に以下の3つ

①オートフォーカスをオフ
②ISO感度を低くする(100程度に)
③ホワイトバランスを「太陽光」にセット

会場ではあわてるので、家で設定を済ましてから出掛けたらいいと思います。

またカメラにもよりますが「夜景モード」「花火モード」があるようなら簡単に露光やフラッシュなどがベストな設定になります。(ただシャッター速度は遅めになるのでぶれに注意してください)

「HDR」という、明るさ調整の機能がデジカメやスマホにありますが、2~3枚撮ったものを合成するので花火のような動きがある被写体には向いていません。オンになっていたら切っておいて下さい。

もしiPhoneで撮影するなら、オススメ設定は

・カメラを起動して、画面を長めにタップして離
 すと「AE/AFロック」になります。
 カメラの向きで変化してしまう明るさやピント
 を固定してしまうので、花火撮影には力を発揮
 します!

・「HDR」機能は、前述の理由でおすすめしま
 せん。

・前述のとおり、バースト(連写)モードがおす
 すめです。

自信がなければ、動画で撮ってきてしまうという手もあります。あとで見栄えのする静止画を切り抜けば、きれいな写真と同じですからね。


スポンサードリンク

花火の写真を三脚なしで撮るには?

最後に、花火の写真を三脚なしで撮影する際の便利なアイテムを紹介します。

花火撮影で最大のポイントは、前述のとおりいかにカメラを動かさず手ぶれせず撮ることですが、人混みの中がほとんどのロケーションなので三脚なんて無理・・・
そんな場合に力を発揮しそうな、三脚・卓上・手持ち対応のグリップです。

これも、薄くて手ぶれしやすいスマホの保持をしやすくするグリップ。
普通のデジカメの感覚で操作できるので旅行のお供にも最適です。

iPhoneのイヤホンをお使いの方は、+ボタンがカメラのシャッター代わりになるのをご存知ですか?
本体のシャッターより手ぶれせず押せるので、覚えておくと便利ですよ!

まとめ

花火大会では大混雑の中でカメラを向けるようなので、必ずしもいい状態で撮影できるとは限らないですよね。

設定などはしておき、カメラの感覚にもなじんでおく事が会場での撮影必勝法だと思います。

思い出の1枚に少しでもお役に立てれば幸いです。撮影に夢中になってどうかお怪我などしないように・・・

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。