丸の内イルミネーション デートコースやカフェ・ディナーはレトロがおすすめ!

7885b926e83ea3312c70cd6e5194d699_s

この時期、丸の内と言ったらイルミネーションが定番イベント!デートを予定するならこの光の演出を基本に組み立てるのがセオリーでしょう。

丸の内はデートスポットには事欠きませんが、テーマを決めないとだらだらと過ごすデートにもなりかねません。

そこで今回はシャンパンゴールで上品な大人イルミネーションに合わせて、あえてトレンドを追わず、東京にあって「歴史ロマンの街・丸の内」を堪能する大人のデートにしてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

丸の内イルミネーションの地図や日程は?

毎年冬の風物詩として、大人の町らしくシャンパンゴールドの上品な灯りに包まれる丸の内イルミネーション。ビルに囲まれた通りの200本あまりの街路樹は、約103万ものLED電球に化粧をされ東京の夜景を彩ります。

丸の内イルミネーションの最大の特徴は時代に合わせた環境配慮で、昨年1昨年と消費電力を大幅に抑えたエコ電球使用を推し進めています。

期間は2016年11月10日(木)から2017年2月19日(日)に開催され、点灯時間は17:00~23:00で、クリスマスシーズンも迎える12月は24:00まで延長する予定です。

<基本情報>

実施期間:2016年11月10日(木)~2017年2月19日(日)
点灯時間:17:00~23:00(12月は24:00まで延長)
場所:丸の内仲通り・大手町仲通り・東京駅周辺
電球数:約103万球 シャンパンゴールド丸の内オリジナルカラーLED電球
アクセス:JR東京メトロ「東京駅」南口徒歩すぐ

点灯区間はおもに丸の内通りで、詳細は以下のマップを参考にして下さい。


※左上(表題の頭)の→□ボタンでガイドエリアを表示させてご覧下さい。(スマホでは横回転させると見やすいです)

今年は点灯を始めて15年目にあたり、4月に竣工した「グランキューブ」や7月にオープンした「星のや東京」が位置する大手町仲通りが新たな点灯エリアに加わり、見どころが増えることが決まっています。

クリスマス時期には、一昨年はディズニー、昨年はスケートの羽生選手とのコラボレーションイベントが企画されましたが、今年も関連イベントの予定があるそうなので情報を待ちたいところです。

もし12月のクリスマス時期にデートを企画するなら、併せて押さえておきたいのが東京駅丸の内駅舎をライトアップで飾る「東京ミチテラス」!

丸の内通りの単色LEDとは対照的に、「日本の伝統色」のフルカラーLED照明で日本の玄関口たる東京駅や目の前の行幸通りを上質な空間に創りあげます。
※MAP参照

mititerasu

まだ今年の詳細はアナウンスされていませんが、参考に昨年の情報を記載します。

<基本情報>

名称:東京駅スペシャルライトアップ×光のプロムナード」
開催時期:2015年12月24日~27日 4日間
点灯時間:17:00~20:30
場所:東京駅丸の内駅舎・行幸通り

また「KITTE」1Fアトリウムや「丸の内MY PLAZA」前などではクリスマスに合わせて、大きなクリスマスツリーが飾られる演出が今年もあると思います。(MAP参照)

クリスマスに近づくにつれ上記のようにイベントも増えていき、特に土曜・日曜は通りを人が埋め尽くすので、もし可能ならデートは平日に予定した方が雰囲気のあるひと時になるでしょう。
オフィス街であることも手伝い、ちょうど良い人波の中を二人でLEDに照らされ歩くことができるはずです。

丸の内イルミネーションのデートでコースは?

高層ビルの足もとに古き良き時代を偲ばせる空間が広がる街・・・前述のとおり丸の内エリアは東京駅を代表に、合わせ鏡のように新・旧の東京が混在し、そのいたるところから歴史のロマンが感じ取れる魅力的な街です。

今回のデートは、そんな「旧・東京」の空間を堪能するデートにされてはいかがですか?

<デートコースプラン>

①東京駅~②TORAYA TOKYO(カフェ)~③将軍塚~④皇居東御苑~⑤東京国立近代美術館工芸館~⑥Café 1894(ディナー)~⑦丸の内イルミネーション/東京ミチテラス
※14:00くらいからスタート想定。


※左上(表題の頭)の→□ボタンでガイドエリアを表示させてご覧下さい。(スマホでは横回転させると見やすいです)

その手始めに、まずイルミネーション点灯までの時間を過ごすおすすめが「皇居」!
あるいは「え?皇居って普通に入ることができるの?」と思われる方もいるかもしれません。

もちろん皇居や宮内庁庁舎があるエリアは予約の上、案内者とともに見学する形になりますが、北側の「皇居東御苑」は無料で自由に散策が可能なのです。

<皇居東御苑>

公開期間および時間
3月1日~4月14日 :午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
4月15日~8月末日 :午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
9月1日~10月末日 :午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
11月1日~2月末日 :午前9時~午後4時(入園は午後3時30分まで)

休園日:月曜・金曜・祝日(天皇誕生日除く)
    12月28日~1月3日
入園料:無料

07gr-10

各入り口で入園票をもらって退園の際に返すだけなので、面倒な手続きは一切ありません。人や車が行きかう通りから一歩苑内に入ると、東京とは思えない広々とした空間が広がっています。

苑内は起伏に富み、花や樹木など植物も豊富で気持ちがいいですし、天守閣跡・松の廊下跡や庭園・展望台など江戸の頃より受け継がれてきた歴史文化のロマンを堪能できるでしょう。

飲酒、焚き火、騒音、運動など常識的なことが禁止されている以外は普通に過ごせるので、普通の公園のようにシートを広げてお弁当を楽しむなんてことも問題はありません。

東京やその近郊に住んでいても、意外に皇居に行ったことなんてないという人は多いのではないでしょうか?せっかく丸の内まで行ったのなら、これを機会に日本の最も重要なポイントとも言える場所でデートを過ごしてみてはいかがですか?

併せて楽しみたいのが「東京国立近代美術館 工芸館」です。

<東京国立近代美術館工芸館>

住所:東京都千代田区北の丸公園1-1
電話:03-5777-8600
開館時間:10:00〜17:00
定休日:月曜(振替休日の場合は翌日休館)年末年始
公式サイト

東御苑と首都高速をはさんだ向かい側にある東京国立近代美術館の別館で、もちろん美術館自体もおすすめでが、ゴシックロマンあふれる旧近衛師団司令部庁舎を保存活用した2階建ての赤茶のレンガ造りはデートテーマにピッタリです。

外観だけでなく、中に入っても木製の手すりや照明など明治・大正時代の空気が感じられ落ちつきます。

もちろん展示品も、染織、陶磁、ガラス、漆工、木竹工、金工等の工芸作品などが鑑賞でき、飽きさせません。

<将軍塚>

所在地:千代田区大手町1-2-1

デートスポットとしては渋すぎるかもしれませんが、テレビのミステリー番組などで一度は聞いたことがあるかもしれない「将軍塚」~別名:平将門の首塚を1度見ておいてもいいでしょう。

三井物産ビルの東側に建つ、その名の通り平将門の首を祀っている塚で、土地開発などで場所を動かそうとした数々の人が祟りのために不慮の事故などにあってきたと言われる都市伝説的なパワースポットとして有名です。

まだ行ったことがなければ、せっかくですから1度手を合わせに訪れてはいかがですか?


スポンサードリンク

丸の内イルミネーションでのカフェやディナーのおすすめは?

せっかく、タイムスリップしたような古き良き日本を感じるデートをするなら、カフェやランチ・ディナーも、そんな空間で過ごしたいところ。

ランチやディナーでおススメは「三菱1号館美術館」内にある「「Café 1894」!

<三菱1号館美術館>

住所:東京都千代田区丸の内2-6-2
電話:03-5777-8600
営業日:月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)、年末年始
営業時間:10:00~18:00
公式サイト

<Café 1894>

電話:03-3212-7156
営業時間:11:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日:不定休
公式サイト

「三菱1号館美術館」は明治時代に高名なイギリス人建築家が設計・建設した洋風事務所建築物で、三菱の銀行部として使用された後に解体され、2009年に復元されました。

そのレンガ造りのシンプルで控えめな色合いの外観もさることながら、クラシックな屋内も趣きたっぷりで、明治のレトロな空間でランチやディナーが味わえます。
その雰囲気のある店内は、「相棒」や「半沢直樹」などのドラマ撮影にも使用されました。

美術館展示を観賞したあとに、その作品や作家にちなんだタイアップメニューが楽しめるのも楽しいところ。

例~マーガレットキャメロン展⇒ランチ名「キャメロンの人生を辿って」1,980円
              
ランチやディナーも1,000円台がメインとリーズナブルでお洒落なメニューが豊富なので、食事や休憩に幅広く対応でき便利です。

明治の空気を感じながらのランチやディナーは彼女もきっと喜ぶことでしょう。
18時以降は予約可能なので、ディナー利用なら計画的に予約したほうがいいでしょう。

次の「TORAYA TOKYO」は今回は待ち合わせポイントとして設定していますが、途中で疲れてちょっと休憩タイムにもおススメのカフェです!

<TORAYA TOKYO>

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京ステーションホテル2 階
電話:03-5220-2345
営業時間:月~土・祝前日10:00~21:00(L.O.20:30)
     日祝日10:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:なし
公式サイト

東京駅丸の内駅舎建物の東京ステーションホテルの2階にある、あの羊羹で有名なとらやが営むカフェで、季節の菓子や軽食がいただけます。

東京駅の赤レンガ造りがそのまま内装になっている店内はモダンでお洒落。回廊式のレイアウトなので窓に向かって設置されたテーブルから丸の内の風景を見下ろしながらくつろぐことができます。

ちょっとしたティータイムや彼女との待ち合わせに使ってもいい、こちらも歴史感漂う大人のデートにピッタリの情緒あるスポットです。

店内ショップでは、丸の内駅舎の絵の包装紙が可愛い限定羊羹もあるので、お土産タイムとしても是非どうぞ!

まとめ

人気のイルミネーションはもちろんですが、前述のように丸の内はモダンとクラシックが融合した建物や空間が多い街です。

「今日はメインイベントのイルミネーションまで、ちょっとレトロでお洒落なところを回ってみない?」なんて前置きしてデートすると、マンネリ感のない素敵なデートになるかもしれませんよ!

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。