プールのあとの髪のうねり 対策を教えて!予防や髪型でカバーするには?

a0e773afd98a7eaa7d910f1ca0b291b2_s

くせ毛の方には必ずしも嬉しくない夏とその前後の時期・・梅雨や頭皮の汗などの湿気でせっかく決まっていたヘアスタイルが広がったり、うねったり・・・

その他にも学校の生徒さんなら、プールでの水泳の授業という憂鬱な問題もありますよね。授業のあとは、家でするみたいな時間をかけた手入れはできないので困ったものです。

いい解決法ってないのでしょうか?

スポンサードリンク

プールのあとの髪のうねり 対策を教えて!

髪の毛に悩みのある方は、水泳の授業のあとは本当に困りますよね。乾いてもギシギシ、ゴワゴワ・・はねたりうねったりの髪型でその後の授業を受けなければいけなくて、ホントに憂鬱なものです。

かと言ってドライヤーやアイロンは持ち込み禁止で、使っていいのはタオルやクシ・ブラシだけ。だいたい手入れしてる時間自体あまりありません。

そんな時、短時間で少しでも髪のはねやうねりを防げる対処法ってないんでしょうか?

対処法としては、とにかく使っていいクシやタオルを最大限うまく使って髪を乾かして伸ばすことです。
それには正しいタオルドライをすること。ゴシゴシ拭いたりしたら、特にくせ毛の人はキューティクルが剥がれやすいのでうねりを悪化させます。

<くせ毛の人のタオルドライ法>

・頭にタオルを載せ、指の腹でマッサージするよ
 うに軽く拭く

・髪を伸ばすイメージで髪を梳かす(まだ濡れて
 いてもいい)

・両手で髪をタオルで優しくはさみ、ポンポンと
 たたくように髪の先に向かって動かしていく
(動画の「ポンポンと」というところを参考に)

・再び髪を梳かす

これを何回か乾くまで繰り返して下さい。

用意できるようなら、タオルは2枚以上あった方がいいでしょう!大きいバスタオルが1枚なら、それより小さくても2枚以上あった方が効率的です!
最近はマイクロファイバー製の速乾タオルもあるので検討してみてください!

さらに効果的なのが、トリートメントを利用すること。
学校で大丈夫なようなら、ミストやスプレータイプの洗い流さないトリートメントをプラスすると均等な保湿と余計な水分吸収から髪を保護してくれるのでだいぶ違いますよ!
上記の方法で、適当に乾いてきたところでスプレーを吹きかけてブラッシングしてみてください。

次章で説明しますが、これはプールに入る前の予防策でも使えるアイテムなのです。

プールあとの髪のうねり 予防できることはあるの?

プールでの髪の毛への影響は単に濡れるためだけはありません。他にも塩素系消毒剤の塩素による害もくせ毛に影響するのです。
なぜなら塩素はキューティクルが開いたり剥がれやすくしたりするので、そこから水分が余計に入って膨張しうねるという悪いサイクルを生むからです。

塩素の影響をできるだけ防ぐのに最も手軽な方法は、塩分が少しでも髪にあたる部分を減らすよう髪をまとめてゴムでしばることです。

その上で、髪が全部収まるシリコン製のキャップをかぶること。こうして極力髪が直接プールの水に触れないようにするといいでしょう。これは塩素のことだけでなく、必要以上に濡れるのを防ぎうねり防止にも効果的です。
必ず水をはじくシリコン製にして下さいね。メッシュ製に比べ、蒸れやすいというデメリットはありますがこの場合はメッシュでは意味がありません。

併せて、先ほどプール後におすすめした洗い流さないヘアトリートメント(できればUVケアのもの)を、授業の前にも使うと塩素や余計な水分吸収からコーティングで保護してくれるのでおすすめです。

それからこれは、授業後のお手入れということではありませんが、夏の時期にありがちなダメージに効果のあるシャンプーやトリートメントもあります。

オーブリーオーガニクス スイマーズ

太陽、海水、塩素、汗は髪の大敵! ダメージを受けた髪を保護する効果のあるシャンプーで乾燥とパサつきから髪を守りましょう! 塩素、ミネラル、不純物などを取り除き、嫌な臭いを中和し、髪の変色を防ぎ、やわらかでバランスの整った髪に仕上げます。白髪やブロンドの髪にも最適でカラーを施した髪にも使用可能です

⇒毎日プールに通うのも前ほど怖くなくなりましたよ。(髪の毛の痛みという点で)


スポンサードリンク

プールあとの髪のうねり 髪型でのアレンジ法

どうせうねってしまうなら、髪のカーブなんて関係ない髪型にしてしまうという手もありますよね。
ある程度の長さがあるようなら、これが一番楽な方法かもしれません。その上でなるべく女子力を保てる髪型が作れればいうことありません。

一番簡単なアレンジはクリップで後髪をまとめあげる方法。髪がパサパサだろうがくせで広がっていようが髪をまとめてしまえば関係ありません!

それではあんまり工夫がなさすぎなら、三つ編みという手もありますが少し忙しそう・・
であれば、おだんごスタイルかポニーテールにすれば落ち着くのではないでしょうか?

これなら、うねったりはねたりしたままの部分もむしろアクセントに見えてキュートになります。

もしうまくできるか不安なら、自宅で入浴後に練習しておけばあわてずできますよ!

まとめるのはいいけどあんまりひっつめでは可愛くないから、せめてハーフアップ気味で前髪だけでも下ろしておきたいのであれば、前髪だけハードタイプのスプレーでまっすぐになるようにして下ろせばいいですよね。

あるいは前髪だけストレートパーマや縮毛矯正をかけてしまうのはいかがですか?
プールの時期だけと割り切れば最低限の費用ですみますし、部分的なので値段もそんなに高くない理容室があると思いますよ!

まとめ

次の授業までの休み時間に限られた道具で乾かしたりヘアセットしたりと、なかなか忙しいし完璧にはむずかしいところですね。

でも少しでも効果があって爆発していない髪ですごせればその方が気持ちいいですよね。

このプールの季節を乗り越えるのに少しでもお役に立てば幸いです!今年の夏は、あなたの可愛い別のヘアスタイルが披露できるかも・・・

⇒髪のうねりの基本的なケアや汗によるうねり対策はコチラ

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。