羽田空港の早朝便対策!宿泊・バス・駐車場の家族連れアクセス徹底ガイド!

2421af6cadf786c97340e2e7b11c77ff_s

羽田空港から国際線を利用して出かける方は多いと思いますが、早朝発の便になることも往々にしてあります。

そうなると始発に乗っても間に合わないので、慣れていないとはたと困ってしまいますよね。

そんな際の対策はいくつかありますが、家族連れですとコストより安全や快適性が求められるのでロビーで雑魚寝というわけにはいきません。

そこで今回は家族連れ場合に絞って対処策を考えてみます。

スポンサードリンク

羽田空港の早朝便対策で宿泊の家族連れ向きは?

まず、羽田から早朝便に乗る方法の一覧をご覧下さい。

hanedaplanitiran

このように手段はいくつもありますが、どんな方かによってもお勧めできる方法が表のように違ってきます。

今回はこのうちお子さんなども連れた家族連れのケースで解説します。

早朝便が出発する時刻まで過ごす場所として、一番手っ取り早いのが第3ターミナルの搭乗するエリアで、国内線の第1・2ターミナルは基本的に24時~5時の間は閉鎖されるので入れませんが、国際線ターミナルは開放されているので、贅沢を言わなければ過ごすことはできます。

ただ、もちろん待合スペースですから睡眠を取る設備はありませんし、季節によってはかなり暑さや寒さで快適性はとても期待できません。24時間営業のカフェ他はあり店内で過ごす選択肢はありますが、やはりソファで過ごすようになるので、お子さんがいたりしたらやめたほうが良いでしょう。

また持ち物など貴重品の用心は必須になりますので、安全という意味でも家族連れの方にはおすすめできない方法です。

そこで、極力近い空港内で過ごしたければ、羽田空港には宿泊施設が3箇所ありますが、そのうちカプセルホテルは狭く単身者以外は過ごしづらいので、もうふたつの一般的なホテルが安心・快適で良いでしょう。

kuukousisetukazoku

<ロイヤルパークホテル ザ 羽田>

ちゃんと宿泊したければ、第3ターミナルの出国エリアに隣接したホテルがあります。それが「ロイヤルパークホテル ザ 羽田」です。
宿泊もできますし、出国エリアに入った後の搭乗までの時間も過ごせるんですよ。

少しハイクラスなので、1泊で1人なら20,000円くらいから、3~4人だと30,000円弱とお高いのが残念でしょうか。

翌朝のフライトだったので、前泊で利用しました。
モノレールで国際線ターミナルに到着し、これから出発するであろう人々を見送りながら、深夜ホテルへチェックイン。同フロアに直結しているため移動が楽です。部屋はスタンダードプランでも天井が高いため狭さを感じません。お風呂のアメニティも充実しており、朝も、ギリギリまで部屋でくつろげます。次回も利用したいホテルです。

ロイヤルパークホテル ザ 羽田
住所:東京都大田区羽田空港2-6-5 羽田空港国際線旅客ターミナルビル内
TEL: 03-6830-1111
利用時間:チェックイン15:00まで~チェックアウト11:00
宿泊料金:プラン/部屋タイプによる
公式サイト

<羽田エクセルホテル東急>

もう少しリーズナブルなホテルなら、第2ターミナル直結の「羽田エクセルホテル東急」がおすすめ!
ビジネスホテルなので、ロイヤルパークホテルさんよりはほんの少しリーズナブルです。

第3ターミナルまでは連絡シャトルバス移動ですが、空港内というアドバンテージは大きいです!

それでも1泊で1人なら16,000円くらいから、3人だと25,000円強とやはりお高めです。部屋からの眺めは抜群ですが、夜中の利用でそれほどポイントにはなりません。

それでも空港を利用するのに慣れていない人には、近くで泊まってあわてないためには選択肢になるのではと思います。

家族旅行で早朝便を利用する際に使っています。今回で二回目です。
なんと言っても出発フロアの横で アクセスが最最高です。
我が家から羽田空港までは一時間なので、早朝便でも朝家を出て充分搭乗できるのですが、子供のためにも、その後の旅行のためにも ゆっくり確実に搭乗できる前泊を選択しました。
設備 サービスも良いですね。
それから 窓から飛行機が見えるのも良いですね。
空気の夜景は綺麗です。

羽田エクセルホテル東急
住所:東京都大田区羽田空港3-4-2
問合せ:03-5756-6000
利用時間:チェックイン23:30まで~チェックアウト11:00
宿泊料金:プラン/部屋タイプによる
公式サイト

搭乗にあわてないように極力近くで過ごしたいようなら、家族連れの方には少々費用がかかっても、上記のような安心なホテルに泊まることをおすすめします。

羽田空港の早朝便の宿泊ホテル 周辺では?

当然ですが空港周辺にも、空港利用客向けにホテルはたくさんあります。空港まで送迎サービスがあるところもあるので、ちょっと離れていても安心して泊まれますよね。

大体1km内に5~6軒ほど固まっていますが、送迎してくれるのを考えれば「近さ」より「リーズナブル」かどうかでチョイスしたいですよね。

<東横INN 羽田空港2>

イチオシは「東横イン羽田です」。チェーン店としての知名度も高くて安心感がありますし、羽田空港までは送迎バスで15分ほどの立地で○です。

「東横イン羽田空港1」と「東横イン羽田空港2」のふたつがありますが、今回おすすめは、単純に最寄り駅に近い「東横イン羽田空港2」です。(ですので1でもかまいません)

子供が小さくて添い寝でよければ無料になるので、朝食付きでエコノミーダブルかツインのお部屋で10,000円前後でと手頃感があります

早朝出立で朝食が取れなければ、パンをサービスしてくれるのも嬉しいところ。

午後11時の空港着でしたが、無料送迎バスがあり、大変助かりました。サービスとはいえ重いスーツケースを気持ちよくバスに乗せてもらいました。翌日も早朝便で、ていねいにスーツケースを積み下ろししていただきました。また、朝6時からの無料朝食もちゃっかりいただきました。施設全体はビジネスホテルなみですが、便利の良さとサービスでコスパは非常に高いと思いました。

空港内にこだわらなければ、価格的にもイチオシのホテルです!ビジネスホテルですが、家族連れでも快適に過ごせるはずです。

東横INN 羽田空港2
住所:東京都大田区羽田1-1-7
問合せ:03-5735-1045
利用時間:チェックイン16:00~チェックアウト11:00
宿泊料金:プラン/部屋タイプによる
公式サイト

尚、予約が取れなかったときのことも考えて、一応周辺ホテルの一覧と地図を載せておきますので参考にしてくださいね。


※左上(表題の頭)の→□ボタンでガイドエリアを表示させてご覧下さい。(スマホでは横回転させると見やすいです)

東横イン羽田空港2
東横イン羽田空港1
羽田イン
ホテルJALシティ羽田 東京
アートホテルズ大森(10月1日より「ホテルマイステイズプレミア大森」に名称変更いたします)
大森東急REIホテル
タマディアホテル羽田(2016年3月18日OPEN)

シーズンにもよりますが、空港周辺ホテルは予約が取りにくいのも事実。くれぐれも早め早めに予定してくださいね!


スポンサードリンク

羽田空港の早朝便にバスやタクシーはどう使う?

空港まで早朝の時間帯に行き来の便がある交通機関を利用する方法も見てみましょう!

コストがかかっても一番ストレートに羽田に向かいたいのであればタクシーを利用するのが最も楽で快適な方法でしょう。
もちろん普通にチャーターしたら高くついてしまいますが、もし都内の定額タクシーが利用できる地域にお住まいでしたら、ある程度押さえた金額でチャーターできます。

<サービス対象地域>
江戸川区・墨田区・渋谷区・文京区・台東区・新宿区・荒川区・葛飾区・豊島区・足立区・北区・中野区・杉並区・板橋区・練馬区・三鷹市・武蔵野市

どこのタクシー会社も上記のような地域からでしたら利用可能で、料金は深夜早朝運賃で8,000円~12,000円程度(高速料金・有料道路代別途)です。
ですので、遠方からアクセスする方には向きません。また利用できても少しお高めですが、家族旅行で最初から無用な体力を消耗したくないのでしたらいいかもしれません。

<主な定額タクシーサービス会社>
日本交通株式会社kmタクシー東京無線タクシーMKタクシー日の丸交通株式会社エコタクシー

次に一番ストレートな方法は深夜も運行している京急の空港リムジンバスを利用すること。各地で最寄の出発地から乗れて、ダイレクトに羽田空港に向かうことができます。
出発地は都内から関東一円(神奈川・山梨・埼玉・茨城・千葉)まで豊富にあるので、そこまでうまく移動できればとても楽な方法です。

rimuzin

あまり早い飛行機の便だと、バスの時間とかみ合わないこともありますが、1,000~2,000円程度の運賃でゆったりと羽田まで直接行けるので調べてみる価値はあります。

もうひとつは同じグループの京浜急行バスの空港バスを使用すること。羽田国際線深夜・早朝バスを運行していて、リムジンバスよりある程度近くの乗り場まで来なくてはいけませんが、早朝便の時刻が早くてリムジンバスでは間に合わないときは役に立つ方法です。

少し運行状況を拾ってみますと

kuukoubaskazoku

になります。やはり宿泊が絡んでくるプランですが、この中でもし家族連れの方におすすめをするなら、蒲田駅付近のネットカフェというわけにはいかないでしょうから、お台場の「大江戸温泉物語」でしょう。ご存知の方も多いと思いますが、江戸の町をテーマにした温泉施設で、子供から大人まで楽しめる体験型施設でもあります。
縁日を再現したエリアや足湯・リラクゼーションメニューも豊富で、もし行楽の旅行なら飛行機で飛び立つ前泊から楽しい計画を盛り込めますね。

実は「大江戸温泉物語」では、「羽田空港 早朝便フライト前泊プラン」という専用プランもあって便利なんです。

利用時間:11:00~翌3:50
料金:大人3,300円 子供1,650円(4~12歳)
   入館料+貸切空港バス乗車料
※バスの出発時刻:3:50(空港到着予定時間4:20)
※予約制

宿泊プランではないのでお部屋は用意されませんが、楽しみながら過ごせる場所は困らないので出発までゆっくりできますよ。

東京お台場大江戸温泉物語
住所:東京都江東区青海2丁目6番3号
アクセス:新交通ゆりかもめ テレコムセンター下車徒歩2分
問合せ: 03-5500-1127
公式サイト

羽田空港の早朝便 駐車場はどう使う?

最後に、旅行日数にもよりますが駐車場をうまく利用して自家用車で向かうなんて方法もあるので紹介しますね。

もしかしたら車で行って駐車場に旅行中停めておいたら、とんでもないコストになってしまうと思っていませんか?
空港周辺には、そんなニーズに対応した日数計算の割り安な駐車場があります。1日単位でカウントされるので安心ですし、これまでおすすめした方法と比較してもむしろ安い手段だと思いませんか。

hanedaparking


※左上(表題の頭)の→□ボタンでガイドエリアを表示させてご覧下さい。(スマホでは横回転させると見やすいです)

空港まで移動は、いずれの会社も基本的に無料で空港まで送迎してくれるサービスがあるので至れり尽くせりです。

この案が他の方法と比べて良い点は、帰りも自家用車で帰れること。ちゃんと屋根がある駐車場ですから保管やセキュリティも任せられる駐車場です。前の日から宿泊して備える方法が面倒な方には最適の方法と言えますよね!

なお土日祝日は少し割増があったりするので、予約も含めて事前に問い合わせされることをおすすめします!

そのほかにも、もし無理を言える知人がいれば、少しガソリン代や手間賃をはずんで送ってもらうなんていう手もアリかもしれません。

関係にもよりますが、お願いできれば楽ができるのですから、他の手段を想定したコストくらいは払っても家族連れなどでしたらBESTかもしれません。

まとめ

このように、早朝便対策はいろいろあり、かけるコストによって便利さや快適さが違うので目的に応じて選んでくださいね。

いずれにしても、長旅になると思いますので気をつけてお出かけください!

⇒もし単身でお金をかけたくなければ
羽田空港で早朝便に乗るには?宿泊・バス・駐車場 単身者徹底ガイド!

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。