ベルトのプレゼント メンズのスーツ用選び方&おしゃれなおすすめブランドは?

45a7e41277e7cd2dc6ddf9cb7d9898fc_s

そろそろ彼へのプレゼントは何にしようかをぼちぼち考え始めるような時期になってきましたね。今年のクリスマスは彼から何かリクエストはありましたか?

毎年の楽しみながらも悩んでしまうプレゼント選びですが、やはり無難なのは定番の時計や財布・ファッション小物でしょう。

そこで、今年はベルトの贈り物なんていかがですか?仕事の彼が毎日使えて何本あっても困らないアイテムですから、はずす不安がないギフトです。

今回はベルトの選び方や注意点、おすすめなどを紹介しましょう。

スポンサードリンク

ベルトのプレゼント メンズのスーツ用選び方は?

例えばシューズは痛みが早い消耗品なので高価だともったいない感じがしますが、ベルトであれば長く愛用できるので奮発しがいがありますよね。

では、最近はどんなベルトが、ビジネスシーンではトレンドなのでしょう?

ビジネスファッションの最近の傾向はフォーマルからカジュアルへの変化。
クールビズやウォームビズの浸透でビジネスファンションも柔軟化して、職場の服装もビジネスカジュアル・オフィスカジュアルと言われるほどカジュアル化が進んでいます。

しかしスタイルを崩してもいいという意味ではなく働きやすさが目的ですから、彼の会社の業種や職場の雰囲気にもよりますが、フォーマルさが基本で選ぶことが無難です。

カジュアル化はスーツを脱ぐ機会が増えるので、ベルトは以前より見られることが増えた大事なアイテム。プレゼントでは、フォーマル感を基本にしつつも、どれだけドレッシーなものを彼に提案してあげられるかがあなたの腕の見せ所になります。

まず基本からおさらいすると、ベルトで最も重要なポイントはもちろん「色」でしょう。スーツスタイルのルールには「シューズとベルトの色を合わせる」という鉄板マナーがあります。(※素材も)

女子目線でもスーツファッションで最も注視されているのがこの点です。

スーツ男子のセンスが出る部分は?
1位 靴とベルトの色を合わせている 15.8%
2位 自分らしいセンスで選んだノーブランドのネクタイ 13.8%
3位 シンプルな色柄のワイシャツ 12.2%
4位 個性的でおしゃれな色柄のワイシャツ 9.9%
5位 おしゃれなタイピン 9.6%

では実際にはどうかというと、

・「意外と気にしている人は少ない」(24歳/金融・証券/事務系専門職)
・「靴やベルトを複数持っていて、色を合わせるのはなかなかできない」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

※いずれもマイナビニュース調査

と、意外に基本を押さえていないビジネスマンが多いので、この際彼のチェックをしておいたほうがいいかも知れません。

ちなみにビジネスシューズといえばほぼ「黒」か「茶」が主流です。
最近はカジュアル化の中で茶色系のシューズも手持ちに加える方が増えていますが、一般的な色のスーツと茶靴の組み合わせは「遊び人ぽい」「軽そう」とまだまだ認知されにくいコーデ。当然茶系の靴はローテーションに加わりにくいので、プレゼントなら黒のベルトが無難でしょう。

素材はやはり本皮がおすすめ。ビジネス用ですから選択肢は合皮か本皮になると思いますが、ここぞというプレゼントだからという以外にも、前述のように靴と違って持つものですし、本皮なら丈夫さで何年も使えて合皮製よりもかえってお得になります。

ベルトの穴がほとんど奇数個の理由は通す穴が真ん中に来るようにするためですが、最近のベルトは切って調整が効くフリーサイズのものがほとんどなので、「長さ」はあまり気にしなくていいでしょう。ちなみに穴の数は5つのものが、変にカジュアル感がなくおすすめです。

中年サラリーマンがよくしているどこでも止まるバックルは論外としても、以前良く見かけたブランドロゴが強調されたデザインのバックルも今ではお洒落とは言えません。
そういう意味では、バックルはオーソドックスな角型のピンタイプ一択でいいと思います。

ベルトの選び方はこんなことを注意してチョイスすればいいでしょう。

ベルトのプレゼント メンズのスーツ用でおしゃれをするなら?

シンプルを旨とするスーツスタイルでは、ほとんどのビジネスマンは毎日していくベルトに関して手持ちの本数は別にして「一択」になっているのがほとんどではないでしょうか?

そんな中、できれば彼にはおしゃれの幅を増やしてあげたいもの。
「今日はどっちにしようかな?」と迷うようになれば、会社でも「けっこうおしゃれに気を使ってる」と思われる可能性大です。

しかし見てきたように、色も素材もそれほど選択肢のないシンプルなビジネスベルトで、彼を少しでもドレッシーな印象にさせるにはどんなベルトを選べばいいのでしょうか?

ベルトで大事な要素には「太さ」もあります。1cm変わっても印象が変化するので、選択肢がないビジネス用ベルトでは、工夫できる一番ポイントになる要素かもしれません。

ベルトの太さによる違いは、

berutohaba

おそらくプレゼントでの選び方では、仕事用ベルトは中ベルトをチョイスするケースがほとんどでしょう。手持ちのスーツと合わせやすい安心感のある無難な選択だからです。

しかし、無難すぎ面白みがないのも事実です。色やデザイン・素材で工夫の余地がないのなら、幅の違うベルトを揃えてお洒落することを彼に薦めるのもアリなはず。

そこでおすすめは細見のベルト!
少しでも太いベルトはカジュアル感がすぐ出てしまいNGですが、極端でなければ細ベルトはフォーマル感を損なわずにドレッシーさが出せ、ベルトのコーデバリエーションを増やせます。
また、礼服などにもスマートに合わせることができます。

細ベルトは視覚的に腰回りをスマートに演出でき「足長効果」も期待できるので、彼の体型にもよりますがシャープな印象のコーデができるので○です。
実際にもゆったりからスリムスタイルが主流になりつつある中で、細ベルトが人気を獲得しつつある傾向もあります。

今年のクリスマスや誕生日は、ちょっと細めのベルトをチョイスして、彼の仕事シーンでのお洒落も提案してあげたらいかがですか?


スポンサードリンク

ベルトのプレゼント メンズのスーツ用でおすすめブランドは?

ということで、少し細めでドレス感が出せるベルトのおすすめを少しだけ紹介しましょう。

ただ細めといって25mm以下になると細すぎてふざけているように見られるので冒険をしすぎです。中ベルトの下限の30mm~27・28mmが無難でしょう。

<OR GLORY(オア・グローリー)>

スタイリストさんに強い支持を受けるブランドで、カジュアルからフォーマルまで幅広い提案をすることで定評があります。

ビジネスシーンでも違和感のない仕上げを27mmのナローで実現していて、カジュアルでもマッチするデザインです。薄手なのでバックル部分が厚く盛り上がらず、幅と併せてシャープでスタイリッシュな印象のスタイリングができます。

ブランド名 OR GLORY(オア・グローリー)
価格  11,226円(税込み)
ポイント 商品名のGMはジェントルマンを意味しており、スールスタイルにもカジュアルにもマッチします。幅はナローで薄手のレザーを使用することでベルト部分が盛り上がらず、スマートに着用できます。
製品写真 81430011-01
通販サイト  OR GLORY/オアグローリー GM Belt レザーベルト 81430011[メンズ ベルト 本革 ビジネス 日本製 革

<dunhill(ダンヒル)>

ネームバリューは説明不要でしょう。
ダンヒルのデザインの中でも装飾が少なくビジネスシーンに最適のベルトです。幅は30mmと少し細いだけの印象ですが、ブラックとダークブラウンのリバーシブルで、バックルが回転するので茶系のシューズにも対応するのが嬉しいところ。

バックルのさりげないロゴ入れもブランド価値を主張します。

ブランド名 dunhill(ダンヒル)
価格  18,590円(税込み)
ポイント スムースブラックと型押しブラックの上質レザーを使用したリバーシブルで使えるベルトです。装飾の少ないデザインですので、ビジネススタイルにピッタリ。
製品写真 280315311_1
通販サイト  dunhill ダンヒル イタリア製 HPT710A42 異素材 リバーシブル レザー ベルト サイズカット可能 ビジネス スムース 型押し カラー/ブラック×ダークブラウン サイズ/F

<BURBERRY(バーバリー)>

これも説明不要のブランドで、価格は少し予算オーバーかもしれませんが、バーバリーの象徴のチェック模様がさりげなく入ったブランド価値も感じられるお洒落な28mm幅のベルトです。

落ち着いたカラーリングでシーンを選ばずマッチするので、コストに見合う幅広い使い回しが可能です。近くで見た女子社員が「もしかしてバーバリーですか?」と気が付くと、彼もちょっといい気分かもしれませんね。

ブランド名 BURBERRY(バーバリー)
価格  29,800円(税込み)
ポイント さりげないバーバリーチェック模様がお洒落なピンバックルベルトです。落ち着いたカラーリングなのでカジュアルにもビジネスシーンにも対応可能。年齢問わず使えるのでプレゼントとしてもオススメです。
製品写真  3530200313_2
通販サイト BURBERRY (バーバリー) バーバリーチェック ピンバックル 細ベルトメンズ

<KIETH(キース)>

50有余年の伝統を持つ 「made in japan」のクラフト加工メーカーで、ベルトの基本デザインを控えめながらも極限まで美しく洗練させた逸品です。

幅は30mmと標準に近い仕様ですが、光沢のあるコードバン調仕上げで上質かつドレッシーなスタイリングに一役買ってくれるアイテムです。

ブランド名 KIETH(キース)
価格  9,720円~(税込み)
ポイント コードバン調仕上げのメンズベルト。光沢のある素材は、さりげない上質感が漂います。鞄や靴など他のアイテムとのコーディネートもしやすいカラー展開は、プレゼントにも最適です。ダブルループ使用になっています。
製品写真 c0rk11
通販サイト  KIETH キース コードバン調 メンズ ベルト 本革 レザー ダブルループ 無地 ブラック ビジネス ビジネスベルト 光沢 KE21327 日本製

まとめ

せっかくのプレゼントですから、無難を旨とするビジネスファッションとは言え、彼の手持ちと変わり映えしないものを贈っても数を増やすだけでつまらないですよね。

そんな意味で、「こんな理由で選んでみたよ」と彼のためを考えたものを贈ってあげると、彼も喜んでくれるはず。

ぜひ、記事を参考にいろいろ素敵なネクタイを探してみて下さい。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。