義理チョコのアイデア集 職場で渡し方や本音をおさえたおすすめは?

821116c3ebce130ddebb767b258ca628_s

もうすぐバレンタインですね。

本命チョコは抜かりがなくても、職場での義理チョコはどうしようと決めかねてはいませんか?
確かに面倒ですが、スムーズに仕事をしていく意味でも、いちおう押さえておきたいとは思いますよね。

ただ、どうやらもらう側にも本音がある様子です。そこで、そんな本音や義理チョコの選び方を考えてみましょう。

スポンサードリンク

職場での義理チョコ 本音はどうなの?

バレンタインも、本命やお付き合いしている彼へのチョコは全力を出せるのでいいですが、案外難しいのが一見気楽な職場での義理チョコです。

イベントのときくらい、遊び心で職場の雰囲気が柔らかくなるようにと考えますが、あまり一生懸命感を出すと「自分の恋愛事情がお留守の淋しい女子?」とか「お返しを期待して?」などと思われそうで、それも癪です。

特に、「お返しが面倒だなあ」と思われることだけは絶対に避けたいところ。

実際に職場の男子の意識は、

・義理チョコとわかっていても貰うのは嬉しい
・お返しを気にしなければいけない義理チョコは面倒
・義理チョコで手作りはパスしたい
・いかにも義理チョコは嬉しくない

など、もらうことを期待する一方で、義理チョコを用意しようとする女子の気持ちを萎えさせる面倒な注文が並びます。

義理チョコで悩んだ際に一番多いのが、バレンタインコーナーで一番安いものを必要分買って渡すパターンではないでしょうか。

見栄えがいいわりには安くていいのですが、それでも300円~500円はするので人数が多いとそこそこかかってしまいますし、義理チョコにしてはラッピングが本格的過ぎて「お返し」を意識させてしまいます。

・「お返し目当てなのが見え見えのチョコはイヤ」(38歳/情報・IT/営業職)
・「お返しを気にしなければいけない義理チョコはちょっと」(37歳/機械・精密機器/その他)

だいたいバレンタインデーでなければ、300円のチョコレートって普段なら考えられないくらい高いものですよね。もらったこと自体は喜んでくれても、チョコ自体は仕方なく食べるような甘いもの苦手の男子にはもったいないと感じるのは、ケチケチし過ぎでしょうか?

ならばと、お酒が好きな男性には気が利いているのではとウイスキーの入ったチョコを贈るのもよく聞きますが、特に普通のチョコと比べてアドバンテージがあるわけではないようです。お酒が入っていても甘いチョコはチョコで、それだから嬉しかったという声はあまり聞かれません。

手作りも、本命の彼への準備のついでに作ってしまうのが実際のところかと思いますが、勘違い男子は前述のように引いてしまうことが多いので厄介です。

・「本命以外の子に手作りをもらいたくない」(33歳/情報・IT/技術職)
・「手作りのまずい義理チョコ、量販店で売っているキワモノ系のチョコ」(38歳/運輸・倉庫/その他)

最近、チロルチョコのような義理チョコ用に安価で便利なものもありますが、安さのほうが目立って不評のよう。

・「チロルチョコはいかにも義理チョコという感じがするので」(32歳/商社・卸/営業職)
・「チロルチョコは一切うれしくないです」(26歳/その他/その他)

このように、案外面倒くさい事情が絡むのが義理チョコです。

そこで、お金をかけずにお返しを意識させない義理チョコなのに、いかにも義理というのではなく、遊び心があったりひねりがきいた、そんなものがあれば理想的でしょう。

でも、そんな虫のいいものはあるのでしょうか?

義理チョコで職場でのおすすめは?

最近駄菓子を義理チョコに選ぶ女子が増えていますが、お金もかからず、遊び心もあって好評のようです。

職場で義理チョコを贈るのは、やはり中年~おじさん世代が中心になりますから、「懐かしさ」をテーマにするのはうまい手だと思います。

とは言え、今の現役世代は一番上の方でもあまり「本格的な駄菓子」というより「懐かしいお菓子」がはまるように思いますので、そんなチョコレートを少しピックアップしてみましょう。

●コインチョコレート

開けにくい少し固めの銀紙に包まれた金貨型のチョコレートは、イミテーションとはいえ輝いた包装を手を汚しながら剥いてワクワクしながら食べた、おじさんには懐かしいチョコでしょう。

机の上にいくつか置いた瞬間に、「あー、これ!」と目を輝かす年代の人は多いはず。

●五円玉チョコレート

やはりこれもコイン型のチョコですが、金貨と比べて実際の5円玉にリアルに似ているので、食べるときどこかタブーを犯す気分を感じて食べたものです。

やはり目にした瞬間に思い出がよみがえるお父さんは多いでしょう。

●セコイヤチョコレート

今で言う「キットカット」や「ブラックサンダー」のような位置づけチョコ菓子で、ちょっと食べのおやつや買い食いには欠かせなかった思い出がある年配の方はやはりたくさんいます。

今年で40周年のようなので、息の長く愛されているチョコ菓子です。

●ぷちぷち占いチョコ

お題目(れんあい、テストetc)ごとのチョコをぷちっと取り出して、銀紙の裏の○や×で占いができる、なんと言う事もないコーティングチョコですが、なぜかどきどきしながらひとつひとつ開けたものでした。

「今日の運勢はどうですかね?」なんて言って渡してあげると、懐かしさで泣いて喜ぶかもしれませんよ。

●ココアシガレット

昭和の匂いたっぷりのタバコ型ココア菓子で、チョコレートではありませんが中年世代以降には説明不要のアイテムです。

子供は背伸びするのが大好きですが、当時の子供だったお父さんは、大人のまねをして箱から取り出す仕草や吸うまねをお菓子がふやけるまでしたものです。

まず、はずす心配のないおすすめの義理お菓子です!


スポンサードリンク

義理チョコで職場での渡し方に困らないおすすめは?

義理チョコは選び方もそうですが、渡すタイミングが結構難しくないですか?

例えば営業さんのいる会社などですと、ぐずぐずしていると外出してしまって渡すタイミングを逸してしまいます。

わざわざ名前を書いて机の上に置いておくのも、これ見よがしな感じがしますし、それが1日中人目に触れるのも何かイヤなものです。

そこで、前述のなつかし系のお菓子で大きな容器や箱に入っているものを、食堂や休憩室などみんなが利用する場所に置いておくのも、互いに気を使わずいいかも知れません。

付箋紙か何かに「よければどうぞ~♪○○(名前)」と書いたものをさらっと貼っておけば、お返し感を与えず、気軽に食べてもらえると思いますよ。

前述のチョコも箱入りのものがあるのでOKですが、他にもそんな大きな容器に入ったなつかし系のお菓子を挙げてみます。

●棒チョコ

今でも見かけることはありますが、この容器に入っている姿に反応して、たまらなくノスタルジーを感じてしまうおじさんは少なくないはず。

今ならもっと美味しいものがあるのに、このパサパサ感がたまらなく懐かしいと、つい手を伸ばす郷愁のお菓子です。

●マルルンマンチョコ

5円で1個から買えるので、子供ながらに持っていたお金で目一杯買う最後のお菓子として重宝したなつかしチョコです。特にイチゴ味の包装は、目に焼きついているのではないでしょうか?

170個も入っているので、みんなが気軽に手を伸ばせるのも○です。

●サッカーボールチョコ

なぜか必ず食べる前に遊んでしまうボールのチョコは、男の子ならテンションが上がるお菓子でした。子供の口には大きめの一粒も、安いお菓子なのに贅沢な頬ばり感が嬉しい、忘れることのできない一品でしょう。

容器も今風にアレンジしているので、休憩室でも目立つはずです。

まとめ

今回は主に懐かしさをテーマにした義理チョコを紹介しましたが、いかがでしょうか?

これなら、お金もたいしてかからずに遊び心があるバレンタインデーの義理チョコになるのではないでしょうか?

今回紹介したもの以外にも、お父さんの心の琴線に触れるものは沢山あるはずですから、ぜひ探してみて下さい!

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。