ハロウィンお菓子 アレルギーフリーレシピや市販は?折り紙って手は?

2e30f21ebf07d51fba78499e600206aa_s

日本でも急速に浸透し、ここ数年の盛り上がりぶりは驚くほどのハロウィン。

子供会や保育園でパーティが企画されたり、以前なら思いもしなかったトリックオアトリートが行われたりと、お子さんに関係することも増えつつあります。

そこで心配なことが、子供が何かを口にする機会も増えること。アレルギーなどは本人が十分注意はしてると思いますが、渡したりするほうも極力配慮してあげたいものです。

せっかくの楽しいイベント時に水を注さないアイデアはないか考えてみます。

スポンサードリンク

ハロウィンのお菓子 アレルギーでもOKレシピは?

食物アレルギーと言えばそれこそ数え切れないので、全てを考えたら食べ物は提供できなくなってしまいます。ですが、お菓子関連でお子さんのアレルギーと言えば多いのが5大アレルゲンの内の牛乳・卵・小麦粉が代表格であとは落花生も注意でしょう。(もうひとつは蕎麦)

ただ、こればかりは「大丈夫だろう」ではすまないことなので、農水省指定の27品目は気にすべきではないでしょうか。

ちなみに指定27品目とは、最も注意が必要な「えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生」に加え「あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン」になります。(従来25品目でしたが、平成25年9月にゴマとカシューナッツが追加されました)

大変ですが、これらを除いたものを用意できればまず大丈夫でしょう。

そういう意味で安心なのは、自分で注意した材料で手作りしたお菓子!
でも、こんなたくさんのNG食材を使わないレシピって・・大変そう。

そこで、いくつかそんな条件をクリアしたレシピを紹介します。

まず、せっかくだから使いたいのかぼちゃ!ハロウィンと言えば優しい甘さを持つアレルギーも心配ないハロウィン御用達の食材です。

<ハロウィンのかぼちゃクッキー> 

10個分の材料

かぼちゃ  150g
砂糖    大さじ3
米粉    100g
干しブドウ 20粒
アーモンド 20粒

①かぼちゃを適当な大きさに切りレンジで柔ら
 かくしつぶす

②米粉と砂糖を加えよくこねる

③アーモンドを砕いて加え、10等分して形を整
 える

④目になる干しブドウとかぼちゃの皮を適当な
 形に切り出した口を乗せ、顔のように細工す
 る

⑤180度で15分間、オーブンで焼き上げる

やはり皮を使ってかぼちゃのへたを付けてあげ、模様風にスプーンですじを描くと、ジャックオランタン風の可愛くて安心なクッキーが簡単にできちゃいます。

ちなみに、最近では小麦粉のように使える指定25品目不使用のお菓子用ミックス粉も販売されているので、加える材料さえ注意すればレシピもかなり広がりますよ。

上記で紹介したクッキーでも、それプラスかぼちゃパウダーを使えば同じものが簡単にできちゃいます。

もうひとつは、トリックオアトリートよりはパーティ向けになります。

<かぼちゃのぜんざい>

2~3杯分の材料

かぼちゃ  100g
ゆで小豆  20g
豆乳    100g
砂糖    20g

米粉    80g
豆腐    60g

a.米粉団子

①豆腐をくずして米粉を入れ耳たぶくらいの硬
 さまで水を入れながらこねる

②沸騰したお湯に、丸めてくぼみをつけた団子
 を入れ浮いてきてから2分程度待って引き上
 げる。

③冷水でしめる

b.かぼちゃのぜんざい

①かぼちゃを適当な大きさに切りレンジで柔ら
 かくする。

②ミキサーにかぼちゃと豆乳、砂糖を加えなめ
 らかになるまでかける

③鍋に入れて温め、最後に団子とゆで小豆をス
 プーンですくって落としたら出来上がり。

優しい甘さのハーモニーが受けること間違いなし!

ハロウィンのお菓子 アレルギーでもOKな市販のもの!

手作りが苦手だったり、なかなか時間がないときは市販品をさっとラッピングなどして準備するのが便利。アレルギーを考えた市販のお菓子ってあるのでしょうか?

まず、比較的に安心なのが米で作られるおせんべい。手作りのところでもしきりに米粉をおすすめしましたが、お米はまず安心な食材。ゴマや海老などが加えられてないシンプルなものならいいと思います。ハッピーターンなどは、アレルギーのお子さんがよくチョイスする甘しょっぱい人気のおせんべいです。

ただ、ハロウィンにおせんべいはどうも・・と言うのでたらクッキーなどの下記がいいでしょう!

●こどもクッキー どうぶつ
http://egaodegohan.com/products/detail.php?product_id=308

動物型の軽いクッキーです。形も可愛いしほうれん草やイチゴ・ココアなどの優しい色もきれいなので、ラッピングすればハロウィンにピッタリお菓子になります。もちろん、特定27品目不使用です。

●おやさいぼーるやおやさいりんぐ
http://www.kewpie.co.jp/babyfood/products/oyatsu/over_01.html

キューピーと言う会社をご存知ですよね。マヨネーズがいちばんおなじみですが、ベビーフードも手がけています。ですので少し低年齢の幼児向けではありますが、添加物不使用で27品目も使っていないお菓子を出してるんです。小さめのボール状・リング状のものが多いのでいくつかまとめて包装紙でキャンディのようにひねってあげれば、安心な配りお菓子が出来ちゃいます!

●いもケンピ

意外な気がしますが、確かにシンプルな作り方のお菓子ですから平気なんですね。サツマイモを砂糖で甘くして油で揚げているだけですから。ただ、子供にはちょっと硬いかも知れま
せん。

●ハロウィン限定おこめ&かぼちゃのクッキー

探すとアレルギーの方への専門ショップも多く、以下のクッキーもそんなサイトのひとつ「アレルギー生活改善総合研究所」さんがハロウィン向けに出したものです。ハロウィン期間出荷の予約販売なので、早めに注文を入れないとなくなることもあります。

他にも、ラムネ、ポテトチップス、ゼリーなども比較的安心ですが、材料として使用してなくても同一工場内で材料を使用してないなどの注意は怠りなく気にしたほうがいいでしょう。


スポンサードリンク

ハロウィンのお菓子は折り紙で作ろう!

それでも、どうしても口に入るものは不安が・・・というのでしたら、配るお菓子を折り紙で折って作っちゃうのはどうですか?

まずははずせない「キャンディ」の折り紙!

少し時期はずれ?の「ソフトクリーム」

ちょっと苦しい?「クッキー」

お菓子じゃないけど、サプライズ用に「こうもり」!

最後に折り紙の専門サイト「おりがみくらぶ」も参考にして下さい。お菓子もたくさんありますし、アニメで折り方が見れる優良サイトです。

まとめ

アレルギーのお子さんは、自分でもよく注意してうかつには疑わしいものは決して口にしないもの。
それでも子供だから誘惑に耐えさせる機会をわざわざ作ったらかわいそうですよね。

せっかくのハロウィンだから、少しでも気にせず楽しめるようにしてあげたいものです。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。