鼻の下が青い女性の原因と対策 メイクで隠すコントロールカラーがわかった!

81344d69095b726bbb323058f7f0b95b_s

毛が濃くて悩んでる方はたくさんいますよね。特にヒゲの悩みは多いんじゃないでしょうか?ましてやそれが女性だったらとっても嫌なもの。

もちろん毛の処理してはいるけど、なんか鼻の下だけ青くておじさんみたい・・みんなが自分の鼻の下を見ているようで、なんとなくうつむき加減になってしまいます。
鼻の下の青みって何とかならないのでしょうか?今回は、改善法のヒントを紹介します。

スポンサードリンク

鼻の下が青い!その原因は?

鼻の下の青みに悩んでいる方は多いですが、大きく分けてふたつのタイプがいます。

産毛が多い方と毛が太い方です。いずれも共通なのは肌が白い方が多いということ。肌が白いと普通の肌色の方に比べてどうしても青みが目立ってしまいます。

いずれにしても毛が多いから青く見えると勘違いされている方がいますが、逆で皮膚の下に残った毛が皮膚を通る光の加減で青く見えるのです。
特に女性は肌が白く透明感が強いのでさらに青さを引き立ててしまうのです。

なので、青く見えないためには表面を剃るというより、皮膚の下に毛ができるだけ残らないように深剃りするか脱毛して完全に取り去るしかないことになります。

従って、鼻の下の青みの対処方法は大きく3つになるでしょう。

①完全に毛を取り去る~脱毛

②極力毛をなくす~毛抜きや剃毛

③隠す~メイク・日焼け・マスクなど

この中で、一番効果的な改善方法はどれなのでしょうか?

鼻の下が青いときの対策はある?

まず思いつく毛を剃ったり抜いたりすることは効果があるのでしょうか?

結論から言うと、剃るのも毛を抜くのもいい方法とは言えません。一時的ならともかく習慣化すると肌があれ、毛穴が広がるし毛も太くなっていくからです。

おそらく悩みの関係で深剃りしようと強く刃を押し当てがちと思いますが、肌には非常に負担になります。よく洗顔でこすらずに泡だけ動かして洗うことを勧めますが、刃を肌に当てるのはその対極にあるともいえます。

美容専門家の佐伯チズ先生は「顔に剃刀をあてるなんて信じられない!」と言っているくらいです。

また剃るのはもちろん、毛を強制的に抜くと剃るより肌や毛穴への刺激は強いので毛穴の広がりや毛が太くなるのは早くなり、かえってひどくなってしまったと言う声も聞きます。

もし剃るならかみそりは負担が多いのでシェーバーがいいでしょう。もちろん強くではなく、産毛を顔専用のシェーバーで優しくケアする程度にとどめておいて下さい。あと、剃る前後はしっかり保湿してくださいね。

脱毛も不安なことが多いし、コストもかかりそうだし躊躇しちゃいますよね。・・ましてや学生さんだったらお金の問題は厳しいでしょう。

毛の濃さにもよりますが、鼻の下部分だと1回1~2万円 回数は5回~10回と言ったところでしょうか。学生さんだと現実的なコストじゃないし、産毛には効果がないケースもあるので慎重さが必要です。実際にレーザー脱毛でも改善されなかったという人もいます。

毛の太さの違う男性のヒゲ脱毛の体験談はそのまま参考にできないので、もし脱毛で対処しようとするならカウンセリングを受けて要望をしっかり伝えましょう。

脱毛クリームは一見お手軽に見えますが、毛を溶かすほどのアルカリ成分が肌を形成しているたんぱく質も溶かしてしまうデメリットがあり、肌の事を考えればリスクはあります。肌の強さは個人差がありますから、使ってよかったと言う人もいるとは思いますが、必ずダメージは受けているはずなので積極的におすすめはできません。

また家庭用の脱毛機も使い方によっては埋没毛になったりと効果に個人差があって、すべての人にはやはりおすすめしにくいです。

日焼けして肌を小麦色にすると目立たなくなるのは確かです。白い肌に色が付けば透過性も少なくなりますし毛の色も目立ちにくくなります。
ただ、紫外線の害がこれだけ知られている中で顔を焼こうとする方はいないですよね。

それに関連して、セルフタンニングローションをご存知ですか?日焼けせずに小麦色の肌にするローションなのですが、なんでそうなるかと言うと髪を染めるのと同じように皮膚を染めてしまうからです。
害があるかどうかはわかりませんが、問題は元に戻すためには1週間程度、皮膚の新陳代謝で入れ替わるのを待たなければいけないこと。腕や足などからだの広い部分ならともかく、鼻の下やその周囲、顔だけなどで試してうまくいかなかったら1週間そのままでいるのはいやですよね。逆に言えば、もし効果があったとしても習慣化しなければいけないことになります。
色白や白斑で悩んでいる方には有効な製品だと思いますが、この悩みに向いているとは思えません。

いずれにしても、青さは消えたけど皮膚はボロボロになって健康を失ってしまったのでは何にもならないですよね。おそらく若いうちは少々のダメージも相殺できるかもしれませんが、必ずダメージは刻まれます。歳がある程度いってから「あんなことしなきゃよかった」って後悔するような対処はしてほしくないと思います。


スポンサードリンク

鼻の下が青いのをメイクで隠すコントロールカラーとは!

みなさんチークやコンシーラー、ファンデーションなどのメイクを試しているようですが、苦労されているようです。確かにうまく使わないとかえって青みが目立ってしまいますよね。
メイクで鼻の下の青さをカバーして目立たなくするコツってないのでしょうか?

ヒントは前述の、日焼けで目立たなくなることに隠れています。それは日焼けで肌の色が濃くなるというより、何色かが問題なのです。

話は変わりますが、鼻の下の青さを面白いものを使って隠せている人がいるんですが、なんだかわかりますか?それは文房具の「蛍光ペン」なんですよ。

ピンクがちょうどいいという人もいれば黄色があってる人もいて、その人の肌の濃さや色のトーンにもよるそうです。指で伸ばして周囲の肌と調整した上でファンデーションを重ねると目立たなくなり、つけすぎると日差しに浮いてしまうのが注意点。

もちろん肌にはいいとは言えないので蛍光ペンをおすすめするわけにはいきません。
でも先ほどの日焼けのことも考え合わせると、色をうまくチョイスできれば効果的なメイクができそうな気がしませんか?

それではどんな色を選べばいいかと言うと、ある色を隠すには反対色(補色)が最も効果的といわれています。

鼻の下の話ではありませんが、例えば目の下の青くまを隠そうとするとき肌より白っぽいコンシーラーを選んでしまいがちな人が多いです。
確かに気持ちはわかりますがむしろ肌色より1段暗い色の方が向いていて、化粧下地はピンク系が合っています。

それでは、青の反対色は何かというと「オレンジ色」なんですね。
もちろんその近くの黄土色や黄色も含まれますので、実際はどれか1色を使えばいいのではなくイエローやベージュも乗せつつオレンジを重ねるなど自分に合ったポイントを見つけるのが必要です。
先ほどの日焼けや蛍光ペンも、青みの補色に近い色なので効果があったんですね。

aoho

実際、傷跡や火傷などで外観に損傷を負った人のメイク「リハビリメイク」の第一人者かづきれいこさんはポイントとして

黄色とベージュのファンデーションを重ねて、アザをカバーしていきます。さらに、オレンジのファンデーションを使うことで、とても自然で血色のいい肌になります。若い女性の場合は、カバー力の強いファンデーションを重ねると不自然に見えることも多いのですが、この色の組み合わせと重ね方なら大丈夫。むしろ若々しく見えます。

とおっしゃっています。

単純に今回の悩みとは同じとはいえませんが、肌の上で何かを隠すメイクという意味では基本は変わらないでしょう。

ファンデーションはカバー力のあるリキッドタイプファンデーションが向いていると思いますが、しっくりくるものがなければかずきさんが開発した「かづきイエロー」を中心にカバー力が大きいカバーリングファンデーションも各色販売されているので参考にして下さい。

肌質や肌の色・トーンや毛の濃さは人それぞれなので、決まったカバー方法の紹介は難しいですが、基本は

①肌質にあったイエロー系の化粧下地を塗る

②オレンジ系を中心に調整したファンデーションを軽く叩くようにつける

③ファイスパウダーをはたく

になります。②~③はしっくりくるまで繰り返してください。

もちろんコンシーラーやチークなど使いやすいものがあったら取り入れてみてください。

最後に、以下は鼻の下のカバー動画ではありませんがヒントになると思いますのでご覧下さい。

まとめ

脱毛はもちろんのこと、強く剃ったり毛を抜いたりは仮に悩みが改善されても長く続ければ肌に健康的ではありません。

悩みの深さにもよりますが、なんといってもおすすめはなるべく肌に負担をかけないカバーメイクの工夫です。肌を傷つけたり染めたりと違って、うまくいかなければやり直せばいいだけですから。

一度自分に合ったポイントが見つかれば、その後は楽にカバーできますので是非チャレンジしてみて下さい!

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。