夏の女子会のおすすめは?手ぶらのキャンプやグランピング女子会を教えて!

be2c1184bd5a552ad8f1698978b0da18_s

いろいろな場所でいろいろなテーマの女子会をやったけど最近マンネリ気味・・・

旅行やスイーツ・贅沢グルメもいいけど、なにかこう夏向きの感じが出せないかしら?

あるじゃないですか!まだやっていなかったキャンプが!アウトドア女子会なんて気持ちいいですよ!

スポンサードリンク

夏の女子会でおすすめは?

外は気持ちいいし、青空の下で食べるものはなんでも美味しく感じるからやっぱり夏はアウトドアを満喫したい!

でも男子ならいざ知らず、女子は虫とか嫌だしテントを張ったりなど苦手なことも多いし、着替えやトイレも心配だし、泊まりだったらどこで寝るの?なんて二の足を踏んじゃいますよね。女子だけで楽しもうとしたらいろいろ無用心でもあります・・

別に本格的じゃなくてプチアウトドアでいいから、女子が安心してキャンプできるノウハウってないかしら?

やはり女子だけとなりますと、当然野原にテントを張ってというだけにはいきません。屋外で過ごしつつ施設やインフラがある程度整っているのが条件になるでしょう。逆にそういうトイレや入浴、宿泊の心配がなくなれば不安なくアウトドアが満喫できますよね。

最近では自然の真っ只中にテントだけ張って楽しむ従来型のキャンプだけでなく、新しいスタイルのアウトドアが注目されています。それがコテージやバンガロー・キャビンといった施設も併用するアウトドアです!

これなら、インフラや安全の心配なく屋外で楽しめますし、女子が苦手なアウトドア特有のノウハウも関係ありません。手間のかかる道具揃えや準備、後片付けもさほど大変でなく、雨もこわくありません。いわば手ぶらで行けるキャンプなんですよ!

もし、近くに温泉でもあればさらにBEST!ついでに寄って湯煙も楽しんじゃうという欲張りな女子会になること間違いなしです!

それでは、そんな女子会にピッタリの泊まりで行けるスポットはあるのでしょうか?

女子会に向いているキャンプは?

全国にそんなニーズにピッタリのロッジ・キャンプ施設はありますが、今回は宿泊前提で、ある程度どこからでも何とか行ける中部地方の施設を紹介します。(もちろん全国どこからでもというわけにはいきませんが・・)

<斑尾高原「どんぐり村」>

長野県飯山市斑尾高原のぞみヶ丘
TEL0269-64-3751
公式サイト:http://www.dongurimura.jp/green/

長野県北部に広がる、夏でも平均気温21℃の避暑地としても有名な原生林の高原で、東京からも2時間で行ける好アクセスの場所です。
トレッキングの聖地でもあり、アウトドア志向の人たちに愛されています。

そのどんぐり村はファミリー向けロッジを中心に、オートキャンプ場などや食堂・貸切風呂なども完備し、ピザ焼き体験や親子サマープランなどアクティビティも充実しています。

madarao

肝心の女子向きかどうかですが、「<女旅>女子キャンププラン☆数種類の信州産BBQ 肉」という、スパークリングワインや信州プレミアム牛肉でのバーベキューや焼いて食べるマシュマロなどがセットのプランがあるんですよ!
準備や片付けもスタッフ任せで朝食までついています。持ち込みも自由なので助かりますしハンモックの貸し出しも無料です。

ちなみに夏シーズン中の利用料は

2名~11,150円/人
3名~9,950円/人
4名以上~9,200円/人

なのでリーズナブルですよね。興味があれば、ぜひ空きを確認しながら利用してみてください!

・温泉

付近には日帰り利用もできる温泉施設がたくさんあります。2箇所だけ紹介しますが他にもあるので探索してみてください。だいたい施設からは車で1時間かからず行ける距離にあります。

飯山湯滝温泉
長野県飯山市大字一山字川押1898
TEL0269-65-3454

馬曲温泉(まぐせおんせん)望郷の湯
長野県下高井郡木島平村大字往郷5567番地1
TEL0269-82-4028

<サンタクロースの森「サンタヒルズ」>

栃木県那須郡那珂川町三輪967
TEL0287-96-4622
公式サイト:http://santahills.co.jp/front-page/what-santahills

こちらはロッジというよりおしゃれなコテージ風の、名前のとおりクリスマスがテーマになっている施設です。ファミリーはもちろん女子キャンプにも向いていて、そのテーマ性からアウトドア志向以外の目的でも人気です。コテージはなんと全てスタッフの手作りだそう。

カフェや雑貨ショップもあり、体験型イベントやアクティビティも多数あって飽きません。

備品もしっかり揃っていますし、バーベキューなど食事の材料も予約でき、もちろん持ち込みも可能です。入浴は施設内にもありますが、車で10分のところに喜連川温泉郷・馬頭温泉郷などがあるのでもみんなで繰り出すという手もあります!

テントや寝具、調理器具やテーブルセットなどレンタル品も多数用意があるので、もちろん手ぶらで行けちゃいます。

santa

料金はコテージにもよりますが、12,000円~24,000円/人とさまざまです。
※写真は6人定員で23,000円

コチラも興味があれば、ぜひ空きを確認しながら利用してみてください!

・温泉

前述のとおり周辺には温泉施設がたくさんあります。

ですが、なんといっても近くに那須塩原温泉や日光鬼怒川温泉があるので時間が許せば足を伸ばしてみてください!


スポンサードリンク

グランピングって女子会と相性がいい?

今ブレイクが始まっている「グランピング」をご存知ですか?

「グラマラス」と「キャンピング」を掛け合わせた造語で、全てにひとクラス上のアウトドアキャンプを体験できる施設のことです。

最近新幹線に一流ホテル並みの豪華な空間とサービスを提供してくれる「グランクラス」という車輌が人気を集めていますが、たまには予算を気にせず贅沢を追求する傾向があります。グランピングもいわばその流れのひとつと言えます。

グランピングはキャンプスタイルでありながら高級ホテルのような設備とサービスが受けられ、自然を楽しむいいところだけを抽出して提供してくれます。

ちなみに当然、女子会とも相性がいい楽しみ方ですよね。ロッジやコテージも最高ですが、1年に1回でもいいから贅沢な女子会を求めるのであれば検討する価値十分です。

まだたくさんの施設があるわけではありませんが、その中でふたつだけ紹介します。

<伊勢志摩エバーグレイズ>

三重県志摩市磯部町穴川1365-10 伊勢志摩エバーグレイズ
TEL0120-592-364(9:00~17:00)
公式サイト:http://www.everglades.jp/

三重県の伊雑ノ浦の自然豊かな入り江に、アメリカンリゾートの味付けを参考にカヌーなどの体験も盛り込んだキャビンスタイルのアウトドア施設で、アメリカのフロリダ「エバーグレイス国立公園」をトレースした環境を快適な空間で満喫できる、完全サポート型キャンピングエリアです。

6月21日から予約スタートの「グランピング ジュエリーフィッシュ カヌー付き」は、朝~夜への食事を含む全ての時間を楽しめる設計がされた大人のプランで、値段は張りますが語り継がれる女子会になること間違いないでしょう!

iseshima

<星のや富士>

山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
TEL:0570-073-066(9:00~20:00)
公式サイト:http://hoshinoyafuji.com/#/home

あのリゾナーレ八ヶ岳なども手がけ、全国にリゾート施設を展開する星野リゾートが川口湖畔の丘陵地に日本で始めて創ったグランピング施設で、遊ぶフィールドやガイド、宿泊する空間やキャンプ料理などを妥協ない質で提供しようとする意気込みが伝わってきます。環境づくりは照明設計にまでこだわっていて、心地よい光と影の空間を演出しています。

季節に応じた味付けのプランや催しが設定されていて、もちろん早朝カヌーや焚き木バーなど盛り込んだ夏プランもあるので、予算はお高めですが後悔はしないと思いますので、興味があれば予約してみて下さい。

hosinofuji

グランピング施設は、いろいろなジャンルの施設がまだ他にもありますから興味が湧いたら調べてみてください。

まとめ

女子会もいよいよ部屋を飛び出して、青空の下での思い出作りのステージに突入!かもしれませんね。

もし今回は妥協をせず企画してみようと思うなら、語り継がれる女子会になる予感がします。ぜひメンバーの皆さんで検討してみてください!

尚、人気の施設ばかりなので予約は早目がいいですよ!

⇒女子力アップの体験型女子旅の紹介はコチラ

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。