下駄箱や靴の臭い対策!梅雨時の防止法や靴の手入れ法は?

f771714b86b573294c4d5b5a2813280f_s

うっとうしい梅雨には、注意することがたくさんありますが、下駄箱のにおいもそのひとつです。

靴のイヤなにおいには、帰宅するたびに憂鬱になってしまいますよね。

また、家の顔でもある玄関なので、来客時も心配です。

そこで、玄関先やシューズボックスの、ちょっとした手間でできる、お金をかけない梅雨対策を紹介しましょう。

スポンサードリンク

靴の臭いの防止で梅雨の対策は?

ニオイ対策には換気・乾燥が大切なのは言うまでもありませんが、玄関先は窓がある部屋と違い、湿気がこもりやすい場所です。

その上、雨や汗でたっぷり水分を含んだ靴が入る下駄箱は、余計ににおいをひどくさせます。

においの原因は、主に湿気とよごれ。

日頃から、ちょっとした対策をこまめに心がけることで、梅雨時でもにおいはかなり押さえられます。

まず、梅雨時は、帰ってきたら面倒でも必ず乾拭きやブラッシングをすること。

もし防水スプレーが大丈夫な靴なら、それも忘れずに。

その上で、すぐに下駄箱にしまわず、最低でも一晩は外で空気に当てておいてください。

もし、壁に立てかけられる靴なら、かかとを下にして置いておくと、風通しがよくなり乾きやすいでしょう。

また、その際に新聞紙を丸めて入れておくだけで、よく湿気を吸ってくれます。

食品乾燥剤を捨てずにとっておいて、利用するのも有効です。

さらに重曹は優れた脱臭・除湿剤なので、使わない手はありません。

特に汗の酸性臭には、アルカリ性の重曹は効果的!

目の細かい、使い古しのストッキングに入れて、靴の中に放り込んでおくだけです。

ストッキングがなければ、キッチンペーパーにくるんで輪ゴムで縛るだけでもOK。

ちなみに少しもったいないですが、コーヒーの粉やお茶も強い消臭効果があるので、重曹がない時は試してみてください。

疲れて帰ってきて大変かもしれませんが、梅雨のシーズンだけと思って、心がけてみてください。

こんな一手間をかけてからシューズボックスにしまえば、格段ににおいが防げるはずです。

下駄箱の臭いの対策で梅雨時には?

下駄箱の中に靴を詰め込みすぎることは、においを悪化させるのは言うまでもありません。

特に最近は、便利グッズや収納テクニックで、沢山の靴を入れようとしますが、梅雨時は考えもの。

履かない靴の整理や、オフシーズンの靴を別にすることは、靴の長持ちという意味でもいいことなのでおすすめです。

服と同じように、靴も衣替えという発想は、必要なのです。

下駄箱の中を、ゆったりとした息苦しくない環境にすると、換気も良くなり、においも抑えることができます。

もちろん除湿剤を入れておくのは効果的です。

その際、湿気やにおいは下へ流れるので、棚の下段に置くのが効果的。

ただ、最近の除湿剤で水がたまるタイプのものは、すぐにいっぱいになって不経済な上に、水分が再循環してしまうので注意してください。

そこでおすすめは、先程も紹介した「重曹」です。

うちでは、スーパーのしいたけのパックなどの浅い容器に重曹を入れ、いらない布をかぶせて輪ゴムで止めたものを置いています。

このように、手作りで小ぶりの除湿アイテムをこまめに交換するのが、狭いシューズボックスの除湿のコツと言えます。

もちろん、先程もふれた新聞紙を棚に敷くだけでも違います。

その上に、100均でも売っている小さいスノコを置いてあげれば、空気の循環が更に良くなりますよ。

いずれもお金がほとんどかからないひと工夫なので、やってみてください。

それから、当たり前すぎて対策と呼べませんが、一番効果的なのは、定期的に扉を開けて換気することです。

できたら雨が降っていない日を狙って、週に1~2回は、開けてまま外出して、帰ったら閉めるようにしてください。


スポンサードリンク

靴の保管法で梅雨時に臭いを防ぐには?

もし、オフシーズンの靴を下駄箱で保管するなら、やはりちょっとしたコツで、ニオイの元にもならずに収納できます。

靴屋さんでは、靴は柔らかい布の袋に入って、箱の中に納めてありますよね。

あの袋は通気性が抜群なので、捨てずに利用するのがおすすめです。

買った時の箱に入れて保管する方も多いと思いますが、もしそうするなら、箱には数カ所穴を空けるのがポイントです。

ただ理想を言えば、購入時の箱よりは、通気性を考えた専用のケースがおすすめです。

メッシュ素材で通気性抜群な上に、靴の種類も見えるので取り出しやすく、使い勝手がいい収納ケースです。

入れる前に、直射日光が当たらず風通しがいい場所で、できれば数日間しっかり陰干して、新聞紙や消臭剤を入れておくことも忘れずに。

なお、このような汚れを落として手入れ済のオフシーズンの靴は、においの発生源にはなりにくいので、置くのは最上段がBEST。

先程も言いましたが、においや湿気は上から下に流れるので、下段に置くと、かえって他の靴のにおいや湿気を吸ってしまうことになるので、注意してください。

まとめ

このように、家にあるものや100均の商品で、十分に靴や下駄箱のニオイ対策はできるものです。

うっとうしい梅雨のシーズンも、玄関先を気持ちよく保てば、それだけで快適に過ごせるもの。

ちょっとした手間でできることばかりなので、ぜひ心がけてみてください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。