倉敷美観地区の駐車場の安いおすすめ料金がわかる完全マップガイド!

97d604d3488b51c05e19413f8836918a_s

かつての江戸幕府の天領(直轄地)であった倉敷は、豊かな物資や文化を謳歌した町です。

そんな集積地の風情ある面影を色濃く残す「倉敷美観地区」。

歴史ロマン香る人気のスポットなだけに、気がかりなのは駐車場のことでしょう。

そこで、倉敷美観地区の周辺の駐車場事情を徹底調査しました。

スポンサードリンク

倉敷美観地区の周辺の駐車場で料金が安いのは?

<倉敷美観地区 基本情報>

住所:岡山県倉敷市中央本町付近
TEL:086-426-3411(倉敷市観光課)
営業日・時間:通年見学自由
休業日:無休
アクセス:JR山陽本線倉敷駅から徒歩15分
公式ホームページ:https://www.kurashiki-tabi.jp/kurashiki-h1/

倉敷美観地区には、特に観光客向けの専用駐車場はありません。

なので、付近や倉敷駅周辺などで駐車場を探して、駐めるようになります。

そこで、倉敷美観地区の周辺コインパーキングリストは以下のとおりです。

kurasikiPK1kurasikiPK2kurasikiPK3

距離的に1km圏内ではピックアップしているので、大人の足で10分弱といったところです。

なお、料金は変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

表をご覧になるとわかりますが、料金傾向として言えるのが、土日祝など休日が明らかに高めになっていること。

なので、なにも考えずに入庫すると、4000円近くかかってしまうこともあるので注意が必要。

特に美観地区に近いほど高く、最低でも1時間相場は400円以上。

また、平日にはある打止め料金が休日にはほとんどないので、休みの日に来てゆっくり楽しむには、工夫が必要です。

ちなみに、美観地区散策の所要時間は、ただ歩いて眺めて回るのであれば1~2時間といったところ。

人気の店を覗いたりしながらゆったりと回ると何時間でも長居ができますが、せいぜい3時間がマックスでしょうか。

拠点駐車場にするなら別ですが、時間単価が安めであれば、あまり最大にとらわれることはないように思います。

ただ、繰り返しますが、平日なら1時間200円程度の相場が、休日では400円なら安い方。

そんな中で、大体5~600m圏内・徒歩5分程度の駐車場でおすすめは、

1.倉敷市倉敷市中央駐車場(175台/30分100円/最大料金820円)

ここは、この付近では観光の定番になっている駐車場。

台数も多めで、料金も1時間200円の数少ない駐車場なので、近場としては人気の場所です。

ただ、順番待ちの列ができることがあり、早めに行かないと満車になることが多いのも事実。

もしここが満車の際には、近場では、

9.倉敷市芸文館地下駐車場(177台/30分100円/最大料金820円)

に行ってみるといいでしょう。

後でもふれますが、倉敷市の市営駐車場は、先程の中央駐車場も含めて数カ所あり、ここも市営の催事会館です。

料金も統一されていて、大きい駐車場が多いのでおすすめ。

やはり貴重な、休日で1時間200円の場所です。

ただ、ここは2018年4月2日から4ヶ月間改修のため利用できないので注意して下さい。

また、水曜日も休館です。

徒歩5分圏内でもう1箇所、休日に1時間200円なのが、

18.丸五モータープール(72台/1時間200円/最大料金なし)

です。

打止め料金こそありませんが、ここの利点はちょうど地区散策を始めるのに適した立地ということ。

少し南に下ると、美観地区の白壁の街並みが続く河畔の道が始まり、途中で橋を渡って違う経路で引き返してこれる、ちょうどいい観光スタート地点になります。

1時間300円になってしまいますが、

6.倉敷国際ホテル駐車場(29台/1時間300円/最大料金なし)

も、イチオシの次に安いところで、やはり場所的に観光しやすい立地でおすすめです。

平日はともかく、休日には手頃な料金のパーキングが近くにあまりないので、上手く選んで駐めてください。

倉敷美観地区の周辺の駐車場で混雑時のおすすめ穴場は?

人出が多い観光シーズンなどは、女性を中心に強い支持を集めるスポットなだけに、近場の駐車場は満杯なることも十分考えられます。

そんな際は、倉敷駅周辺まで行って、キャパシティがある駐車場に駐めるのがいいでしょう。

駅まで行くといっても、美観地区とは1km足らずの距離。

バスもありますが、電車で来た方のほとんどは、のんびり散策しながら美観地区を目指します。

駅周辺まで来ると、休日の駐車料金も落ち着きますし、大きいところが多いのも○。

最安値という意味で言うと、

34.稲荷モータープール(60台/1時間100円(以降150円)/最大料金600円)

38.阿知3丁目駐車場(30台/1時間100円/最大料金510円)

は、いずれも1時間100円強の手頃なパーキング。

駅前に行く途中に、覗いてみたい穴場と言えます。

先程もふれた市営の駐車場が、駅前にも何箇所かあります。

33.倉敷市元町駐車場(124台)
35.倉敷市市営駅東駐車場(141台)
36.倉敷市営駅前駐車場(231台)

いずれも、1時間200円(最大820円)で安心ですし、合わせて600台近い収納力があるので、困った際には頼もしい場所です。

また、いずれも天満屋倉敷店利用で割引される制度もあるので、行楽の買物があれば、利用してみて下さい。


スポンサードリンク

倉敷美観地区の駐車場で予約ができるのは?

また最近では、以下のような予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

kurasikiPKaki

1箇所ごとの台数はわずかですが、近年急速に供給が増えつつあるので、検索してみるとたくさんあります。

料金も手頃ですし、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

混雑シーズンの行楽で、早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる手かもしれません。

→倉敷美観地区周辺の予約できるakippa駐車場

まとめ

時代劇さながらの風景に身を置ける倉敷美観地区は、さながら「歩いて、見て、触れて、感じる」テーマパークとも言えるでしょう。

そんなレトロモダンにあふれた町へは、行く際もあわてず焦らず向かいたいもの。

こんな記事も参考に、ぜひ無理のないアクセスで楽しんできて下さい。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。