三島駅の駐車場で安い料金は?周辺おすすめマップガイド&全リスト!

1350605900_5c88082ba5_z

初詣や夏祭りなどには多くの参拝・見物客で賑わう、「三嶋大社」の鳥居前町として形成された三島市。

東海道新幹線開業後は、神奈川や首都圏のベッドタウンとして発展し、伊豆半島観光の拠点としても賑わいます。

そんな三島駅周辺に車で訪れる際は、駐車場があるかや料金が心配です。

そこで、三島駅の周辺の駐車場事情について、おさらいしてみました。

Photo by Jun OHWADA

スポンサードリンク

三島駅の周辺の駐車場で最大料金が格安なのは?

富士山からの湧水ポイントが多く、市内にはせせらぎルートも整備された、水都「三島」。

自然に溢れた地域の上、物価も安く、新幹線ひかりで品川まで37分というアクセスの良さも理由で、ベッドタウンとして発展してきた町です。

その中心駅で、三嶋大社や富士山を象って駅百選にも選ばれた個性ある駅舎の三島駅は、県下では静岡・浜松に次いで乗降客が多い駅。

通勤・通学利用者に加え、三嶋大社参拝や伊豆観光列車「伊豆箱根鉄道」の起点駅として、多くの人で賑わいます。

なので通学・通勤や新幹線利用のパークライド駐車場、混雑時の観光用途の拠点として、周辺パーキングの駐車場事情をおさらいしておくに越したことはないでしょう。

そこで、三島駅周辺のパーキングリストが以下のとおりになります。

misimaPK1misimaPK2misimaPK3


おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri


北口は、東レや三共が広大な敷地を占めており、2000年過ぎの三共移転後には再開発もスタートしていますが、ご覧の通りまだ駐車場は多くありません。

南口も三島観光スポットでもある景勝公園「楽寿園」が2万坪もの敷地を占めるため、駅周辺を離れると、500mほどの圏内には駐車場があまりないのが辛いところです。

そんな地理条件もあり、また三島広小路駅前の商店繁華街も中心市街地と言えるため、三島駅からは1kmと、広めの圏内でピックアップしました。

なお、料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。(特に表後半の※要確認はソースが古いので注意下さい)

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

駐車場料金の相場に関してはいくぶん高めで、特に上限の料金が1000円を超えるところが多いのは厳しいところ。(平均1080円程度)

ただ、探すと1000円を切るところもそこそこあります。

そんな中で、格安のところをピックアップすると、

<休日のみ>

21.TOMOパーキング三島市本町(10台/土日祝 9:00-18:00 最大500円

<土曜日のみ>

15.タイムズろうきん三島支店(12台/土曜日24時間最大600円

<平日・休日とも>

14.リパーク三島泉町(7台/24時間最大500円

17.リパーク三島大宮町3丁目(7台/24時間最大500円

18.タイムズ三島広小路(33台/当日1日最大600円

19.リパーク三島本町第2(3台/7:00-18:00最大600円

が、いずれも日中を通して駐めてもワンコインちょっとで駐められるところ。

小さいパーキングがほとんどですが、事前に空き情報を掴めるところも多いので、確認しながら向かってみて下さい。

三島駅の周辺の駐車場で時間料金が安いおすすめは?

市役所や金融機関も多く、本町大通り商店街もあので、観光利用のみならず、仕事や地元での生活利用で来る方も多い三島駅周辺。

そんな際は、打止め料金より、時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、周辺相場はほぼ1時間換算で200~300円程度(平均234円)。

200円のところに駐められれば、割高感は感じません。

ただ、前述のように上限500円程度のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで探すと、

28.楽寿園駐車場(82台/2時間まで200円 以後30分毎50円

34.ミシマパーキング第3駐車場(200台/1時間100円

28は観光スポット・楽寿園の駐車場ですが、注意点は閉園日(月曜日・振替あり/年末年始)があることと、利用時間(9時~16時半)外は入出庫出来ないこと。

また、最初は2時間単位(200円)なので、1時間程度の用事には向いていません。

34は、駅前にもある新幹線客対応パーキングの支店駐車場です。

台数も余裕があり、駅まで5分程度の立地でおすすめです。


スポンサードリンク

三島駅の周辺の駐車場で予約や連泊ができるおすすめは?

新幹線の話が出たところで、そんなパークライドの連泊に適したパーキングについてもふれてみましょう。

ある程度管理もしてくれる、連泊が可能な駐車場でおすすめは、

1.新幹線ミシマパーキング(150台/1日最大1400円+泊り代300円×日数

4.ふじパーキング(80台/1日最大1700円+泊り代300円×日数※3ナンバーは+100円)

13.三島駐車場(130台/1日最大1500円×日数※泊り代なし)

で、いずれも北口にある、連泊にも対応した駐車場です。

普通のパーキングでも連泊可能なところはありますが、これらの駐車場は常駐員がいるので、やはりセキュリティ的にも安心。

1は、予約することで1日あたり100円の割引もあります。

泊り代があるパーキングで注意点は、翌日の駐車代もかかること。

泊り代は夜をまたぐ別途料金で、1泊2日でも帰り時間に応じた昼間の料金は発生するので、勘違いしないで下さい。

一般的なパーキングでかまわなければ

14.リパーク三島泉町(7台/24時間最大500円)

17.リパーク三島大宮町3丁目(7台/24時間最大500円)

昼間最大のところでもピックアップした上記が、48時間計算(1000円)が可能だった、料金が手頃ところです。

一般的に24時間最大料金は、トラブルのもとになりやすい繰り返し適用/不適用があるのはご存知かと思いますが、繰り返しがあっても、あまり表に謳わない規約で最大日数も制限があったりするので注意が必要です。

普通、大手(タイムズやリパーク・名鉄系)の場合、48時間程度が利用上限のことが多いですが、48時間を超える3日以上の場合でも、駐車場内看板に記載されている連絡先まで連絡して、駐車場名や車ナンバーを伝えれば大丈夫な場合も多いので、聞いてみるといいでしょう。

Q2.何時間でも駐車できるのですか?

A.原則として1回のご利用につき48時間までとなっております。48時間を超える場合はご利用前に、駐車場内看板に記載されている緊急連絡先までご連絡ください。

※リパーク公式ホームページより引用

まとめ

※マップガイドエリアで「三嶋大社大祭り交通規制区間」を表示させてご覧ください。

三島が賑わうのは、初詣以外では何と言っても三嶋大社の夏祭り「三嶋大祭り」の時。

毎年、8月15日~17日の3日間、山車や行列が威勢よく練り歩き、大いに盛り上がります。

特別に臨時駐車場は設けられないので、今回紹介した駐車場がメインになりますが、当然混雑が予想されます。

また、マップで示した区域が通行止めになるなどで、区間沿いの駐車場は、当然入出庫は出来ません。

なので、終日ゆっくり過ごすくらいのイメージで、早めに来て駐めてしまうのがいいでしょう。

そんな祭りの際の駐車場探しの参考になれば、幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。