小樽の駐車場で無料や安いのは?周辺おすすめマップガイド&全リスト!

3a6fa9a532f9aad0b27877c0db5f941c_s

観光都市・札幌からも1時間程度で足を伸ばせる、道内有数の港湾都市「小樽市」。

異国情緒漂う運河の風景に加え、100店以上の寿司店が軒を連ねる海の幸のグルメスポットでもあります。

ただ、年間700万人もの観光客が訪れる北の人気エリアなので、車で行く際は駐車場や料金が不安の種。

そこで、小樽エリアの駐車場事情について、おさらいしてみました。

スポンサードリンク

小樽の駐車場で運河沿いの穴場は?

札幌と同様に、小樽エリアは都市部と言ってよく、坂道の多い地形で細い道も多く、冬場はもちろん降雪・凍結にも悩まされます。

レンタカーを利用して訪れる方も多い地域ですが、駐車場リソースもそれほど多くないことも含め、注意が必要です。

特に、週末や時期・時間帯によっては、駐めるところを探して時間を費やすことも多いので、周辺駐車場はおさらいして出かけたほうがいいでしょう。

そこで、以下が小樽エリアの周辺のパーキングの一覧になります。

otaruPK1otaruPK2otaruPK3otaruPK4otaruPK5

小樽市駅から運河沿いまでは5~600mですし、観光対象になる運河は約1km程度。

その範囲内に駐められれば、十分に徒歩散策は可能なので、今回はそんな範囲でピックアップしています。

なお、料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

ご覧のように、数こそそこそこはありますが、小さな駐車場がほとんどなので、決して駐車リソースは潤沢ではありません。

もちろん、運河に沿って走る築港線道路沿いがBESTですが、やはり満車状態が多く、入庫待ち渋滞が起こるのもこの辺り。

小樽に関しては、駅周辺より運河沿いが激戦区となります。

そこで、意外と穴場なのが、運河をまたいだ海寄りのエリア。

不案内の方には、何もなさそうに見えるため、行きにくい区画と言えます。

軒数がたくさんあるわけではありませんが、たとえば以下は覗いてみる価値があるパーキングです。

2.リパーク小樽運河第2(26台/1時間400円)

3.リパークワイド小樽運河倉庫(14台/1時間400円)

13.小樽市観光駐車場(250台/1日600円)

59.カナルサイドパーキング(14台/1時間300円)

特におすすめは、収納力も豊富な13で、1日600円というのも、周辺相場と照らしてもオトク。

otaruPKana

毎年7月下旬の「潮まつり」数日間は会場使用で使えませんが、それ以外の混雑時などは頼りになるかもしれません。

小樽の駐車場で最大料金が格安なのは?

小樽エリアの料金相場はと言うと、1時間あたりはほぼ400円がメイン価格帯と、少し高め(平均352円)。

また、最大料金的は1000円前後(平均932円)と、観光地としては標準的でしょう。

車をどこかに駐めて、徒歩やレンタサイクルで散策する際は、もちろん打ち止め料金が手頃に越したことはありません。

そこで、最大料金が割安なところをピックアップすると、

<休日のみ>

29.リパーク小樽三ツ山病院(18台/日祝8:00-18:00以内 最大料金500円

<平日・休日とも>

19.リパーク小樽花園1丁目(6台/24時間最大500円

20.リパークワイド小樽花園1丁目第2(8台/24時間最大500円

40.タイムズ小樽駅前第4(13台/24時間最大500円

がいずれも、日中通して駐めてもワンコインで収まるところ。

やはり最安値ということで、運河からは距離がある駅周辺などになります。

小さなパーキングばかりですが、空き情報が掴みやすい大手パーキングなので、事前に確認しながら回るといいでしょう。

また、先程おすすめした小樽市観光駐車場も含めて600円程度のところもあるので、リストを参考にあたってみて下さい。


スポンサードリンク

小樽の駐車場で時間料金が無料や安いのは?

観光予定の関係で、小樽でそれほど時間をかけられなかったり、食事だけ済ますような時は、打止め料金より、時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場はほぼ1時間換算で400円程度。

あまり手頃感はありませんし、前述のように上限500~600円程度のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、よりリーズナブルなところを探すと、1時間あたり200円のところが10箇所程度はあります。※表参照

短時間なので、目的ポイントにより近いところが最適だと思いますが、安いのは主に花園地区に集中しているようです。

また、

34.小樽グランドパーキング(52台/8:00-22:30 30分¥100

37.小樽稲穂駐車場(132台/ 8:00-20:00 30分毎¥100

は、どちらかと言えば駅周辺になりますが、キャパシティもある格安パーキングです。

最後に、あくまで施設利用をするという条件ですが、無料の駐車場も紹介します。

61.色内埠頭公園駐車場(約30台/無料 ※利用者専用

62.小樽市総合博物館運河館駐車場(約30台/無料 ※利用者専用

63.市立小樽美術館駐車場(約30台/無料 ※利用者専用

公園駐車場はともかくとしても、6263は見学や観光を前提に利用下さいね。

まとめ

2031年には、日本最北端の新幹線駅として「新小樽駅」も完成し、北海道新幹線が延伸予定の小樽市。

魅力度ランキングも常に上位の人気スポットです。

そんな北のロマンあふれる街を観光する際の、駐車場探しの参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。