浦和駅の駐車場で安い料金は?おすすめ周辺ガイドマップ&全リスト!

AtreUrawa201512

静岡・広島とともに「高校サッカー御三家」と称され、Jリーグ・レッズの本拠地でも知られる「浦和区」。

合併以前の浦和市では、県庁所在地として県内最多の人口を擁し、文教都市の歴史から学生も多く集います。

その中心「浦和駅」周辺は、行政機関も集中するので、車でもたくさんの人が訪れますが、駐車場がうまく見つかるか心配でしょう。

そこで、浦和駅の周辺の駐車場事情について、おさらいしてみます。

Photo by Nishikaratsu / CC 表示-継承 4.0

スポンサードリンク

浦和駅の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

宇都宮・高崎・京浜東北の3路線ターミナル駅「浦和駅」は、明治13年開業の県下最古の駅。

最近では、湘南新宿ラインが停車するようになり、都心とのアクセスがいっそう便利になりました。

大宮と並んで都心地区として開発が進む駅周辺は、売上額県内最多の伊勢丹浦和店を始め、浦和パルコ・駅ビルアトレ・浦和コルソなど商業施設が揃い、活気に溢れます。

県庁や市役所、金融機関が立ち並び、車でも用足しに来る方が多いですが、周辺道路は渋滞も多いエリア。

坂が多い上に道が狭く入り組み、車で走りにくい道路事情なので、レッズ戦開催時の混雑も含めて、周辺パーキングをおさらいしておくとあわてません。

そこで、浦和駅周辺のパーキング一覧は以下のとおりになります。

urawaPK1urawaPK2urawaPK3urawaPK4urawaPK5urawaPK6


おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri


駅から500m前後・徒歩で5分程度の圏内でピックアップしています。

なお、料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

ご覧のように駅周辺はパーキングが豊富ですが、これでも急増する駐車需要に追いついていないのが現状です。

特に、市営の駐車場や一部の商業施設提携パーキングを除いて、大型駐車場がほとんどないのも厳しいところ。

どうしても人気が集中しがちになるため、収納力はあっても、入庫行列はできやすいと言えます。

全体的にも小さなパーキングがほとんどのため、やみくもに探すと不効率になります。

割合的には西口側が多めですが、その土地柄から、駅周辺を外れると岸町・常磐など高級住宅街が広がるので、駐車場は急に見つからなくなります。

料金相場は全体的に高めで、1時間換算では400円が中心(平均423円)で、日中の最大料金も軒並み1000円を軽く超えています。(平均1411円)

そこで、車を置いて出かけたり、駅周辺でゆっくり過ごす際に肝心な、日中の手頃な打ち止め料金のところを探すと、

26.NPC24Hアトレ浦和南駐車場(37台/24時間最大900円

43.SANパーク浦和6(17台/10時間最大700円

49.タイムズ浦和岸町第3(7台/12時間最大600円

51.リパーク浦和岸町4丁目第2(11台/24時間最大700円

52.アップルパーク岸町4丁目第1(25台/24時間最大600円

63.タイムズ浦和本太第3(5台/08:00-20:00 最大料金¥900

64.リパーク浦和東岸町(5台/24時間最大800円

65.浦和岸町パーキング5(8台/24時間最大800円

67.フレンドパーク浦和前地2丁目26台/24時間最大700円

70.リパーク浦和東岸町第4(7台/24時間最大900円

が、いずれも1000円以内で日中通して駐められるところ。

やはり圏内では外周部の遠めのところになりますが、相場よりはかなり抑えることができます。

もし5時間程度で用事が済むなら、

15.フレンドパーク浦和駅西口第2(6台/5時間最大800円

は、駅まで200m少しという立地のパーキングです。

浦和駅の周辺の駐車場で時間料金が安いのは?

前述の通り、銀行や行政機関が特に多く、仕事や地元の生活用途で足を運ぶことも多い浦和駅の周辺。

そんな際は、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場はほぼ1時間換算で400円強。

用足しが延びると、すぐ1000円をオーバーしてしまいます。

また、前述のように上限千円以内のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、よりリーズナブルなところを探すと、1時間換算で300円(40分200円も同じ)のところなら沢山見受けられます。※表参照

62.タイムズ浦和本太(7台/30分100円

が唯一、1時間200円で駐められますが、駅からは遠いので微妙。

なので、浦和駅周辺では1時間300円程度を良しとして、なるべく駅周辺で時間区切りの短い、

33.イールパーキング(35台/20分100円

29テクニカルパーク浦和仲町第2(30台/20分100円

を選んだほうが、ロスが少なく効率的でしょう。


スポンサードリンク

浦和駅の駐車場で連泊ができるのは?

最後に、東京も近いので、電車で出かけて1泊~連泊で駐めたいケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

一般的なコインパーキングでも、24時間で繰り返しOKな打ち止め料金があれば、手頃に日をまたぐ駐車が可能なのはご存知でしょう。

ただ、繰り返しがあっても、あまり表に謳わない規約の日数制限があったりするので注意が必要です。

通常、大手(タイムズやリパーク・名鉄系など)の場合、48時間(1泊2日)程度が利用上限のことが多いと言えます。

そんな条件に合いそうなパーキングで、極力安めのところを挙げると、

64.リパーク浦和東岸町(5台/24時間最大800円

は、7日以内なら連泊が可能なパーキング。

駅までは少し歩きますが、最大168時間(800円×7日=5600円)まで駐車可能なので、覚えておくといいかも知れません。

まとめ

文教地区としての成り立ちから風俗・歓楽街がなく、治安も良好の浦和駅周辺。

ただ駅回りは、狭い路地にお店が並ぶ立地条件のため、駐車場を設けていない店舗が多いのも特徴です。

そんな意味で、最寄りのパーキングを探すのに苦労するエリアでもあるので、こんな記事が参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。