武蔵小杉の駐車場で安い料金は?おすすめ周辺マップガイド&全リスト!

4a29dc701bbd2834841918fda8f097e4_s

JRや東急が乗り入れ、多くの路線が横浜や都心各地と直通する、今人気の「武蔵小杉エリア」。

南武線沿いの「工場の街」から、近年ではマンションが立ち並ぶ「住みたい街」へと変身を遂げました。

商業施設も充実する駅周辺は多くの人で賑わいますが、車で用事を済ませる際は、うまく駐められるかが少し心配です。

そこで、武蔵小杉周辺の駐車場事情について、おさらいしてみます。

スポンサードリンク

武蔵小杉の駐車場で最大料金が格安の穴場は?

新宿湘南ラインや目黒線も加わり、いっそう主要都市へのアクセスが便利さを増した「武蔵小杉」。

駅周辺は、沢山の大型商業施設と併せて公共施設も立地し、一度で用事が済む利便性が魅力と言えるエリアです。

ただ、急激な成長や人口増加に施設の整備が追いついていない面もあり、駅やその周辺の混雑もそのひとつ。

決して豊富とは言えない駐車場に関しても当てはまり、どこも満車で駐められないことも見受けられます。

なので、料金のことも含め、周辺の駐車場事情をおさらいしておくとあわてずに済みむでしょう。

そこで、以下が武蔵小杉エリアのパーキング一覧になります。

musasikosugiPK1musasikosugiPK2musasikosugiPK3musasikosugiPK4

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの

一応、JR駅から5~600m前後・徒歩で10分程度以内の圏内でピックアップしています。

ただ、JRと東急の各駅に改札出口が多数あり、周辺には隣接する駅も多いので、駐車場選びも目的ポイントによって変わるでしょう。

また前述のように、需要に対して駐車場は決して潤沢とは言えず、特に規模が大きなパーキングは、9.グランツリー武蔵小杉(823台)のみ。

ほとんどが数台収納の小さなパーキングがメインなので、情報も確認して効率的に探して下さい。

さらに厳しいのが料金相場で、1時間換算ではメイン価格帯は400円(平均507円)と、かなり高め。

また、日中の最大料金に至っては、軒並み1000円を軽く超えてしまいます。(平均1595円)

そこで、車を置いて出かけたり、駅周辺でゆっくり過ごす際に肝心な、日中の手頃な打ち止め料金のところを探すと、

<休日のみ>

38.リパーク川崎中丸子第6<12台/日祝 7:00-22:00 最大1000円

<平日・休日とも>

8.リパーク 川崎上丸子山王町2丁目(5台/24時間最大1000円

23.東洋カーマックス向河原(5台/24時間最大1000円

25.東洋カーマックス向河原第2(5台/24時間最大1000円

が最安値パーキングで、中心エリアから少し離れるので、穴場と言えます。

残念ながら1000円を切るところはなく、人気の商業施設近くになると、やはり上限1500~2000円程度は覚悟するようになります。

武蔵小杉の駐車場で時間料金が安いおすすめは?

ちょっとした、仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場はほぼ1時間換算で400円弱。

用足しが延びると、すぐ1000円をオーバーしますし、前述のように上限千円程度のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、よりリーズナブルなところを探すと、1時間換算で300円(40分200円も同じ)のところなら沢山見受けられます。※表参照

また、

26.アイペック 新丸子第8(7台/終日60分200円

43.リビングパーク小杉町1(20台/6:00-18:00 30分¥100

は、1時間200円で駐められ、中心エリアにも比較的近いのでおすすめです。


スポンサードリンク

武蔵小杉の駐車場で連泊や予約ができるのは?

最後に、東京も近いので、電車で出かけて1泊~連泊で駐めたいケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

一般的なコインパーキングでも、24時間で繰り返しOKな打ち止め料金があれば、日をまたぐ駐車が可能なのはご存知でしょう。

ただ、繰り返しがあっても、あまり表に謳わない規約の日数制限があったりするので注意が必要です。

通常、大手(タイムズやリパーク・名鉄系など)の場合、48時間(1泊2日)程度が利用上限のことが多いと言えます。

そんな中で、リパークは比較的長く駐めておけるパーキングも存在する系列で、例えば、

7.リパーク 川崎上丸子山王町2丁目第2(3台/24時間最大1200円

8.リパーク 川崎上丸子山王町2丁目(3台/24時間最大1000円

は、最大7日間まで連泊がきくところ。

収納台数が少ないので空き情報は確認が必要ですが、覚えておくといざという時に役に立つかもしれません。

また、最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

野球場やイベント会場周辺では今や一般的になりましたが、空港や駅周辺でも最適の選択肢と言えます。

まだ武蔵小杉駅の周辺では豊富とは言えませんが、近くには川崎フロンターレのホームスタジアムがあり、その周辺ではそこそこあります。

musasikosugiPKaki

近年急速に普及しつつあるので、今後どんどん供給が増えるはずなので、気にしておくといいかもしれません。

1箇所ごとの台数はわずかですが、料金も手頃ですし、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

例えば早めに行くことがが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

→武蔵小杉の周辺で予約できる軒先パーキング駐車場

→武蔵小杉の周辺で予約できるakippa駐車場

まとめ

本文でもふれた通り、武蔵小杉はサッカーJ1の川崎フロンターレの本拠地・等々力陸上競技場が近隣にある地域。

試合開催の週末は、駅周辺も観戦来場者が加わり、多くの人で賑わいます。

やはり駐車場が最も混み合うタイミングでもあるので、こんな記事も駐車場探しの参考にしてみて下さい。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。