戸塚駅の駐車場で安い料金は?おすすめ周辺ガイドマップ&全リスト!

640px-Totsuka-Sta-East

かつては東海道五十三次の宿場町として知られ、今では都心まで30分前後など、東京や横浜のベッドタウン都市として知名度が高い「戸塚区」。

古都・鎌倉にも近く、横浜市の中でも自然豊かな田園風景が気持ちいいエリアでもあります。

その中心市街地にあたる戸塚駅周辺は、再開発が進んで生活にも不便にないエリアですが、車で訪れる際は駐車場にも気をつけたいところ。

そこで、戸塚駅の周辺の駐車場事情について、リストにしてみました。

Photo by Nyao148 / CC 表示 3.0

スポンサードリンク

戸塚駅の駐車場で最大料金が格安なのは?

大都市・横浜市の中にあって、都市機能と自然環境が融合する住みやすさが人気の戸塚区。

落ち着いた街並みの中心に利便性の高い再開発市街地も広がり、急激な人口増加を続ける衛星都市でもあります。

東海道線、湘南新宿ライン、地下鉄ブルーラインなど複数の路線を利用することができる戸塚駅は、神奈川4位の利用者を誇り、バスターミナルも充実しています。

ただ、近年開かずの踏切解消など交通面で整備は進んだものの、地形的に坂や入り組んだ道が多く、渋滞気味の市街地。

特に駅周辺は交通量も多く、路線バス通りもそれほど広いとは言えません。

週末や朝夕を中心に混雑が激しい地域でもあるので、車で行く方は駐車場事情をおさらいしておくとあわてません。

そこで、以下が戸塚駅の周辺パーキングの一覧になります。

totukaPK1totukaPK2totukaPK3totukaPK4

駅から5~600m前後・徒歩で10分程度以内の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

ご覧のように、戸塚のシンボルとも言える日立製作所の工場敷地が今も駅前を占める東口側には、駐車場はあまりありません。

また、駅至近こそ商業施設の大きな駐車場が集中しますが、少し離れると数台のパーキングがメインになるので、情報も元に効率的に回ってみて下さい。

料金相場は、1時間換算ではメイン価格帯は400円(平均440円)と高め。

また、日中の最大料金に至っては、軒並み1000円を軽く超えてしまいます。(平均1426円)

そこで、車を置いて出かけたり、駅周辺でゆっくり過ごす際の、日中の手頃な打ち止め料金のところを探すと、

21.タイムズ上倉田町(9台/24時間最大1000円

24.システムパーク戸塚区上倉田町(4台/8:00-20:00 最大800/1000円)※車室による

28.TOMOパーキング戸塚区矢部町(15台/24時間最大900円

33.あるあるパーキング戸塚(3台/8:00-19:00 最大¥800

36.ONKパーキング(6台/8:00-20:00 最大¥1000

42.システムパーク戸塚(3台/8:00-20:00 最大¥1000

は、日中通して駐めても、なんとか1000円以内で済むところ。

数台程度のパーキングばかりで競争率は高いですが、節約したい時はのじてみるといいでしょう。

戸塚駅の駐車場で時間料金が安いおすすめは?

ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場はほぼ1時間換算で400円弱。

用足しが延びると、すぐ1000円をオーバーしますし、前述のように上限千円以内のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、よりリーズナブルなところを探すと、

3.戸塚駅前駐車場(4台/8:00-24:00 20分¥100

12.シンコウパーク新戸塚(8台/土日祝 8:00-2:00 20分¥100)※休日のみ

26.リパーク戸塚矢部町(6台/8:00-20:00 60分300円

31.リパーク戸塚矢部町第6(2台/00:00-24:00 60分200円

33.あるあるパーキング戸塚(3台/8:00-19:00 30分100円

36.ONKパーキング(6台/8:00-20:00 入庫後30分¥100 以降20分¥100

37.リパークワイド戸塚町第36台/8:00-18:00 40分200円

44.戸塚東口駐車場(60台/8:00-22:00 20分100円

特に、3133はこのあたりでは激安の1時間換算200円のパーキング。

ただ、キャパシティが心もとないので、駅に近くて収納台数も多い44あたりを、まず覗いてみるのがいいのではと思います。


スポンサードリンク

戸塚駅の駐車場で連泊ができるのは?

最後に、東京や横浜、鎌倉にも近い駅なので、電車で出かけて1泊~連泊で駐めたいケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

戸塚駅には列車利用で割り引かれるパークライド駐車場はありませんが、一般的なコインパーキングでも、24時間で繰り返しOKな打ち止め料金があれば、手頃に日をまたぐ駐車が可能です。

そんな条件に合うパーキングで、極力手頃に長く駐められるところを挙げると、

45.サクラス戸塚駐車場(740台/24時間最大2100円 最大72時間まで

は、2泊3日程度は駐めておけるパーキング。

料金はそれほど手頃ではありませんが、キャパも余裕の商業施設の駐車場なので、青空パーキングよりは安心感があります。

他には、

21.タイムズ上倉田町(9台/24時間最大1000円

なら、48時間(1泊2日程度)までではありますが、料金はもう少し手頃なところ。

さらに、

30.リパーク戸塚矢部町第5(9台/24時間最大1200円

は、7日間まで最大料金が繰り返し適用されるパーキングです。

特に長く出かける時のために、覚えておくといいでしょう。

まとめ

戸塚の名前を聞く機会が多いのは、何と言っても箱根駅伝の中継所としてでしょう。

中継所としては混雑が穏やかな穴場ですが、それでも毎年多くの人で賑わうポイントです。

中継所までは、駅から少し離れた国道1号沿いのセンターより路線バスに乗って行くのがセオリー。

なので、車は駅周辺で駐めるのがいいでしょう。

そんな年明けの風物詩を楽しむ際にも、こんな記事が参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。