熊野花火大会の時間つぶしに最適な周辺スポット・温泉・食事のまとめ

84ddd4811d8d469abfa31873dc08d806_s

熊野花火大会は、別記事「熊野花火の渋滞を考えたアクセス法とバスツアーのススメ!」でも書いたようにアクセスが大変なイベントです。渋滞もひどいので車でお越しの方は、かなり強行軍で早めに行くことと思います。

ですので、何とか無事に着いても花火大会が始まるまでかなり時間がある場合が多いですよね。そんなときの時間潰しに、会場周辺のいろいろな情報をまとめたので参考にして下さい。

スポンサードリンク

熊野花火大会の周辺でスポット・観光情報は?


※右上の□ボタンで拡大してご覧下さい。

花火大会までの時間潰しにちょうど良い距離の熊野スポットを紹介します。せっかく熊野に行ったのでしたら、土産話にも見ておいて損はないところばかりです。
マップと照らし合わせながらご覧下さい。

「鬼ケ城」

onisiro

自然の造り上げた岩の彫刻で世界遺産にもなっている名勝地です。散策コース上「鬼の洗濯場」「鬼の風呂桶」「千畳敷」など様々な奇岩があり、その迫力は見ごたえ十分なので七里御浜に来たら見ておきたい景勝です。
往復1時間のコースで、疲れていなければ花火大会までの時間つぶしには絶好です。

三重県熊野市木本町
http://onigajyo.jp/

「獅子岩」

sisi

本当にライオンのような形をした岩で、「日本のスフィンクス」とも呼ばれています。高さ25m、周囲約210mの岩塊で、やはり七里御浜に来たら見ておきたい景勝です。

三重県熊野市井戸町馬留596

「花の窟神社」

hanaiwa

高さ約45mの岩のご神体が圧巻です。社殿はありませんが目の前にそびえる一面岩の景観はせっかくなので見る価値ありです。日本書紀にも記されている日本最古の神社で、ご朱印ももらえます。

三重県熊野市有馬町上地130
http://www.hananoiwaya.jp/

「熊野市歴史民族資料館」

花の窟神社まで行ったのならその先600mほどにある民族資料館も足を伸ばしてみたらいいでしょう。館内には、古代の出土品や歴史と暮らしの変遷を物語る数々の民俗資料を展示しています。

三重県熊野市有馬町599
TEL: 0597-89-5161
http://www.kumano-city.ed.jp/rekishi/

熊野花火大会の周辺で温泉・入浴情報は?

花火見物のために、車を夜通し飛ばしてきたかもしれないお父さんや彼氏は、打上げまでの時間つぶしも兼ねてひと風呂浴びたいのではないですか?近くに温泉施設などがありますので、疲れを取るのにおすすめです。

「里創人 熊野倶楽部 湯浴みぼっこ 」

駅から車で10分の距離で徒歩ではきついので、タクシーなどで行ってもいいのであればきれいな施設でおすすめです。
宿泊ホテルですが立寄り湯もでき、露天風呂では蜜柑の湯や杉の湯など、豊かな香りが楽しめる季節の変わり湯が用意されています。
ランチバイキングも楽しめるので、食事と入浴が両方済ませるのは時間がない中助かるかもしれません。

三重県熊野市久生屋町1430
TEL:0597-88-2045
入浴料金:大人750円、小人450円
営業時間:平日:13時~21時(最終入場20時)
     土日祝日:12時~21時(最終入場20時)
http://kumanoclub.jp/

近隣で一風呂浴びたいのであれば、この銭湯が近くていいでしょう。

「ときわ湯」

三重県熊野市木本町394
入浴料:350 円
営業時間:15:00~23:00
休業日:火曜日
TEL:0597-85-3400

「みはま湯」

三重県熊野市木本町258
入浴料:350 円
営業時間:15:30~22:30
休業日:水曜日
TEL:0597-85-3558


スポンサードリンク

熊野花火大会の周辺で食事・グルメやショッピング情報は?

花火会場付近の熊野グルメが味わえるところをいくつか紹介しますね。

<熊野の美味しい地魚取扱店>

熊野市では地元漁港で取れた魚介類を扱う飲食店や加工品販売店の中で、厳しい基準をクリアしたところを「熊野の美味しい地魚取扱店」として認定するしくみを作っていて、以下のような認定証を配布しています。⇒お店一覧

kanban

その中で花火会場から近い評判のお店を2軒紹介しますね、

「浜峰のひもの」

素材、水、塩にこだわった干物づくりでテレビでもたびたび取り上げられている話題の干物店です。さんまの丸干しは人気ですが、今の季節ならアジのひらきでしょうか。お土産にぜひおすすめです。

三重県熊野市遊木町123-2
TEL:0597-87-0678
営業時間:8:30~18:00
http://hamamine.jp/

「花のいわや亭」

広くきれいなお店で、新鮮魚介を料理してくれる認定店で、直売もしてくれます。熊野の名物「さんま姿寿司」「あじ姿寿司」も味わえるので、ぜひ昼食にどうぞ。

三重県熊野市有馬町205-1
TEL:0597-89-6598
営業時間:11:00~23:00
定休日:年中無休
http://www.hananoiwayatei.com/

<めはり寿司>

山仕事や農作業でのお弁当として高菜の漬物を包み込んで作られ始めた熊野の名物で「目を大きく開けて食べるほど大きくて、目を見張るほど美味しい」ため「めはり寿司」と呼ばれたと言われています。近くで味わえるお店なら、

「喜楽」

女性の握り拳ほどもある大きさで、酸味がある特性ダレがきいて飽きずにぺろりといただけます。持ち帰りもできるのでお土産でも嬉しい逸品です。

三重県熊野市井戸町653-14
TEL:0597-85-2336
営業時間:11:00~03:00
定休日:日曜・祝祭日

<スイーツ>

スイーツ系でおすすめのお店も紹介しますね。

「モリ ノ バウム(MORI no BAUM)」

国道沿いにあるバームクーヘン店で、地元で有名な垣善フレッグの卵を使う、材料にこだわった専門店です。ふわふわ食感のやさしい甘みで、「人生NO1かも・・・これまでねん◯りん屋やユー◯イムが一番と思い込んでいた経験値の低い参考にならない私の感想ですが、ベストバームクーヘンレコードを更新!」というレビューもあるほど。コクがあるソフトクリームもおすすめです。

三重県熊野市木本町155-1
TEL:0597-89-5575
営業時間:9:00~19:30
定休日:火曜日

<近隣のショッピングできるスポット>

お土産購入などショッピングで時間を潰すのでしたら、以下のところが近くて便利です。

「鬼が城センター」

三重県熊野市木本町1835-7
TEL:0597-89-1502
http://onigajyo.mie.jp/

「熊野古道おもてなし館」

三重県熊野市木本町204 
TEL:0597-70-1231
営業時間:9:00~17:00
(月曜日 但し月曜祝日の場合営業)
http://kumano-kankou.com/?p=3083

「駅前特産品館」

三重県熊野市井戸町656−3
TEL:0597-89-6018
営業時間:9:00~18:00(平日)
     9:00~19:00(土日祝日)
TEL:0597-89-6018
http://kumano-kankou.com/?cat=10

まとめ

花火大会当日なので周辺地域も混みあうとは思いますので、あくまで参考にとどめて下さいね。とにかくメインイベントは花火見物なのであまり無理せず回ってください。

また、状況によっては現場を離れられないケースもあるかと思いますので熱中症などにはくれぐれも注意ください。

帰り道も大変なので、むしろゆっくりして英気を養っておいたほうがいいかもしれませんね。花火大会を無事楽しまれることをお祈りします。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。