佐世保駅の駐車場で安い料金は?周辺おすすめ地図ガイド&全リスト!

ab23e31cc0f64e13102f09804f21b7f4_s

長崎県第2位の都市にして、呉や横須賀・舞鶴とともに代表的な海軍港として栄えた「佐世保市」。

また、九十九島やハウステンボスなども人気の観光都市としても賑わい、玄関口の佐世保駅周辺は、多くの利用客が行き交います。

そうなると気になるのが、車で行った際の駐車場のこと。

そこで、佐世保駅の周辺の駐車場事情について、おさらいしてみました。

スポンサードリンク

佐世保駅の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

海を生活の中心に据え、異国文化も取り入れながら、独自の歴史を育んできた港まち「佐世保」。

その街並みは、そのまま魅力的な観光風景になるとともに、近年では再開発によって利便性の高い市街地にもなっています。

特に長崎県3位の利用者数を誇る佐世保駅周辺の市街地は、アーケード商店街や行政機関などが集約されたコンパクトシティ。

観光客も含めて、多くの人通りで常に賑わっています。

ただ、長崎市同様に地理的に坂が多く、国道にも面する駅周辺は、終日交通量も多いエリア。

また、駐車場併設の大きな商業施設が少ないこともあるので、料金のことも含めて周辺の駐車場をおさらいしておくとあわてません。

そこで、以下が佐世保駅の周辺パーキングの一覧になります。

saseboPK1saseboPK2saseboPK3saseboPK4


おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri


佐世保駅の隣駅は、これも市を代表する佐世保中央駅。

その周辺にはアーケード街も点在することから、2駅間の少し広めのエリア(800m程度)でピックアップしています。

なお、料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

先程も少しふれた通り、「佐世保五番街」などの専門店の集合施設はあるものの、単体で大きい全国展開のショッピングモールがないため、駐車スペースはコインパーキング頼みの地域性。

ただ、市の中心駅がふたつも隣り合い、合わせた市街地も広いので、駐車リソースは少なくはありません。

また、市営や地元の老舗駐車場が多いのも、入れ替わりが少ないので、安定して頼りになるパーキングが多いのではないでしょうか?

料金相場もだいぶ手頃な地域です。

1時間換算でみるとほぼ200円前後(平均230円)ですし、日中の最大料金も平均736円。

厳密に言えば佐世保観光のメイン現場ではないとは言え、1000円を大きく切るのは手頃な相場感と言えます。

そこで、車を置いて出かけたり、ゆっくり観光を楽しむ際の、日中の手頃な打ち止め料金のところを探すと、

6.新みなと駐車場(187台/12時間最大600円

16.鯨瀬パークロック駐車場(15台/12時間最大600円

17.鯨瀬暫定駐車場(91台/1日600円

28.トラストパーク下京町2(6台/12時間最大600円

29.トラストパーク下京町(5台/12時間最大600円

45.トラストパーク京坪コイン(6台/12時間最大600円

が、いずれもワンコインに近い料金で、日中通して駐められるところ。

特に、海浜エリアにあって、駐めやすい平面駐車場の6は、駅にも近くおすすめです。

佐世保駅の駐車場で無料や時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場は1時間換算でほぼ200円。

ただ、前述のように上限600円程度のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、よりリーズナブルなところを探してみても、相場以下のパーキングはあまりなさそうで、強いて挙げるとすれば、

16.鯨瀬パークロック駐車場(15台/55分100円 最初の30分無料

は、100円で1時間近く駐められる上に、最初の30分が無料。

また、

32.パラカ佐世保市松川町第1(13台/120分100円

は、空いていたらラッキーの、2時間100円という激安パーキング。

ただ、安いのはこのわずか2箇所のみなので、佐世保周辺では1時間200円なら良しとして、目的ポイントの近くで選んだほうがいいでしょう。

買物と無料の時間をうまく活かしたい駐車場としては、

6.新みなと駐車場(187台/08:00~22:00 30分100円 ※30分無料

5.させぼ五番街トラストパーク P3(31台/終日30分100円 ※60分無料

9.させぼ五番街トラストパーク P2(186台/終日30分100円 ※60分無料

22.させぼ五番街トラストパーク P1(321台/終日30分100円 ※60分無料

まず6は、30分無料に加えて、五番街で金額に関わらず買物すれば90分無料!

また、実質五番街の公式駐車場に当たる5922なら、60分無料で、さらに1000円以上買物で60分無料です。

どちらも甲乙つけがたいお得感があるので、買物予定金額も考慮して活用してみて下さい。

なお、佐世保駅の駅前での自動車整理場に当たるのは、

4.佐世保駅自動車整理場(25台/最初の20分無料

になるので、送り迎えの際には覚えておくといいでしょう。


スポンサードリンク

佐世保駅の駐車場で連泊ができるのは?

最後に、長崎市や福岡にも近いので、出張や長期旅行で1泊~連泊で駐めたいケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

一般的に、新幹線や特急が乗り入れる駅周辺には、鉄道利用を条件に手頃な料金で駐め置けるパークライド駐車場がありますが、この佐世保駅では以下がそれに当たります。

2.JR佐世保駅立体駐車場(360台/0:00~24:00 最大800円

ここは、JR九州特急・九州新幹線利用または片道51km以上利用すれば、24時間毎最大500円で利用できるパーキング。

最長は72時間(2泊3日程度)ですが事前予約不要ですし、当てはまればこの地域最安のワンコインで利用ができます。

また、通常料金の800円で良ければ、同程度の長さの連泊は可能と思われます。

残念ながら、この佐世保ではっきり連泊が可能と確認できたところは他にはありませんでした。

ただ市営の、

17.鯨瀬暫定駐車場(91台/1日600円

は、入庫後の0時を加算時間とする1日単位の料金体系なので、おそらくある程度の連泊は可能と思われます。

まとめ

戦後は、レモンステーキやジャズフェスなど、アメリカンなエキスも活かした個性的な文化を生み出した佐世保。

中でも佐世保を名を広めた異文化グルメは、何と言っても「佐世保バーガー」でしょう。

佐世保五番街や名物アーケード商店街などで賞味できますが、人気店は行列ができるほど。

車を気にせず、そんなグルメ散策をする際に、記事が参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。