鳥取駅の駐車場で安い料金は?おすすめ周辺ガイドマップ&全リスト!

adca8d06c1388051145014413ec9bb87_s

京阪神エリアと中国地方を結ぶ、日本海側の東の玄関口「鳥取市」。

鉄道や道路網の分岐拠点として、山陰地方の交通要衝都市の役割を担います。

沿岸には山陰観光の目玉スポット「鳥取砂丘」も広がることもあり、県内外から多くの人が往来する、駅周辺市街地。

なので、車で訪れる際は駐車場のことも心配でしょう。

そこで、鳥取駅の周辺の駐車場事情について、おさらいしてみます。

スポンサードリンク

鳥取駅の駐車場で最大料金や連泊が格安のおすすめは?

定番の観光スポット「鳥取砂丘」ではおなじみの、鳥取の県庁所在地「鳥取市」。

人口・面積ともに山陰最大級であり、スケールの大きな自然や海の幸が人気の観光都市でもあります。

近年の鳥取自動車道の全線開通で、大阪までのアクセスも格段に良くなりました。

また鳥取駅は、山陰本線など2路線が乗り入れ、多くの特急列車が始発する山陰の鉄道中心駅。

駅周辺も、駅ビル「シャミネ」「イオン鳥取店」などを中心に、必要なものが揃う市街地が広がり、観光客も含め人通りが絶えません。

ただ、後でふれるように駐車場が潤沢とまでは言えないので、駅周辺に車で行く際は、周辺のパーキングをおさらいしておくとあわてません。

そこで、以下が鳥取駅の周辺パーキングの一覧になります。

totoriPK1totoriPK1totoriPK3

駅から5~600m前後・徒歩で10分程度以内の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

ご覧のように、商業店舗が集中するメインストリートの「本通り」がある北口側に駐車場が多く、南口には数えるほど。

ただ、南側には駅と徒歩でも行き来できる「イオン鳥取店」があり、規模も大きく満車のこともめったにないので、買物さえあれば最も頼りになる無料の駐車場です。

駐車場の軒数は多いエリアとは言えませんが、3桁クラスのパーキングが程よく点在しているので、覚えておいてうまく利用するといいでしょう。

料金相場はだいぶ手頃な地域です。

1時間換算でみるとほぼ200円弱(平均163円)ですし、日中の最大料金も平均494円とワンコイン以内。

定番観光地「鳥取砂丘」の最寄り駅として、500円を切るのは手頃な相場感と言えます。

そこで、車を置いて出かけたり、ゆっくり観光を楽しむ際の、日中の手頃な打ち止め料金のところを探すと、400円程度のパーキングが1/3を占めます。※リスト参照

また、もし土日祝日という条件なら、

11.日ノ丸産業 駅南パーキング第1(138台/土日祝日 当日最大300円

13.日ノ丸産業 駅南パーキング第2(173台/土日祝日 当日最大300円

が、地域最安の300円という手頃さ。

ここは、繰り返し適用でもあるので、土日にまたがる泊り駐車にも最適です。

収容台数も余裕のパーキングなので、休日で買物用事ではない際は、活用したい穴場と言えます。

他にも泊りという意味でおすすめなのは、

12.タイムズ永楽温泉町(10台/24時間最大400円

が、最長48時間(1泊2日程度)が手頃なところ。

18.鳥取駅南口ロータリー駐車場(21台/24時間毎最大800円

も、あまり長期の時は確認したほうがいいですが、ある程度の連泊は可能と思われます。

鳥取駅の駐車場で無料や時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場は1時間換算でほぼ200円弱。

ただ、前述のように上限500円以内のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、リーズナブルなところを探してみると、リストアップした中で1/3が、1時間換算で100円のところ。

特に抜き出して記載はしませんが、リストのマーキングを参考にあたってみて下さい。

なお、鳥取駅の駅前での自動車整理場に当たるのは、

18.鳥取駅南口ロータリー駐車場(21台/30分まで無料

になるので、送り迎えの際には覚えておくといいでしょう。


スポンサードリンク

鳥取駅の駐車場で予約ができるのは?

また、最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

野球場やイベント会場周辺では今や一般的になりましたが、空港や駅周辺でも最適の選択肢と言えます。

まだ鳥取駅の周辺では豊富とは言えませんが、近年急速に普及しつつあるので、今後どんどん供給が増えるはずなので、気にしておくといいかもしれません。

totoriPKaki

1箇所ごとの台数はわずかですが、料金も手頃ですし、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

例えば早めに行くことがが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

→鳥取駅の周辺で予約できるakippa駐車場

→鳥取駅の周辺で予約できる軒先パーキング駐車場

まとめ

鳥取城址や白兎神社・海岸など観光名所はたくさんある鳥取市ですが、やはりNO.1の必見スポットは、日本最大の海岸砂丘「鳥取砂丘」。

ただ、自然景勝スポットなだけに、近隣には駐車場が限られますし混雑もするので、アクセスは鳥取駅から公共交通で行くのがセオリーと言えます。

ぜひ、そんな名所観光の際の、駐車場探しの参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。