大船駅の駐車場で安い料金は?周辺おすすめ地図ガイド&全リスト!

29424045_5b1ebbb6d2_z

白亜の大船観音像が優しく見下ろす、古都・鎌倉の玄関口「大船」。

同じ市ながら、鎌倉とは一味違うモダンで庶民的な雰囲気が魅力の下町です。

都心へも抜群のアクセスを誇る「大船駅」周辺は、活気ある繁華街が広がり、人通りも多いエリア。

車で訪れる方は、駐車場のことも心配のひとつです。

そこで、大船駅周辺の駐車場事情について、見てみましょう。

Photo by Ryosuke Yagi

スポンサードリンク

大船駅の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

人気映画「男はつらいよ」のロケ地としても知られ、その下町の人情味あふれる雰囲気が温かい「大船」。

その大船駅には、都心まで1時間以内の路線も多数乗り入れ、横浜市にも接する立地で住みやすさも抜群のエリアです。

活気ある商店街が競い合うように林立し、連日買い物客で賑わいますが、乗り入れ路線の多い駅の周辺は、平面交差の踏切も多い交通事情。

市街地各所で渋滞が日常茶飯事なので、駐車場事情もおさらいしておくとあわてずに済みます。

そこで、以下が大船駅の周辺パーキングの一覧になります。※青のアイコン

ohunaPK1ohunaPK2ohunaPK3ohunaPK4

駅から700m前後・徒歩で10分程度以内の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

また、情報ソースが少し古く、現地で確認してからの利用がより望ましいパーキングは別にしてあります。※黄色のアイコン

ご覧の通り、ルミネや西友など全国展開の商業施設はそこそこあるものの、併設の駐車場はそれほど大きくありません。

柏尾川を背負い、大船観音寺が山肌に立地する西口側にはほぼ見当たらず、全体的にも駐車リソースは少なめ。

料金に関しても、下町の市街地にしては割高で、1時間換算では400円がメイン価格帯(平均391円)。

日中の最大料金に至っては平均1373円と、1000円を大きく上回ります。

そこで、車を置いて出かけたり、駅周辺でゆっくり過ごす際の、日中の手頃な打ち止め料金のところを探すと、

<休日のみ>

20.リパーク大船3丁目第2(3台/日祝 24時間最大1000円

<平日・休日とも>

31.ミウラパーキング大船2丁目第1(62台/24時間最大800円

32.大船台町(4台/08:00-20:00 最大¥1000

33.リパーク大船2丁目(4台/12時間最大1000円

<平日のみ>

37.タイムズ松竹大船ショッピングセンター立体(378台/07:00-23:00 最大料金700円

が、日中通して1000円以内で駐められるところ。

37は駅から800mほど離れている郊外店舗で、平日のみでもあるので、少し使いづらいところ。

それ以外も、意外に駅から遠めの立地なので、使い勝手は今ひとつです。

それなら、

18.リパーク大船2丁目第2(18台/6時間最大900円

が、6時間程度で済む用事なら、駅にも近く収納台数もまあまあなので、おすすめと言えます。

大船駅の駐車場で時間料金が安いのは?

医療機関や銀行も充実しているので、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場はほぼ1時間換算で400円前後。

用足しが延びると、すぐ1000円をオーバーしますし、前述のように上限で1000円程度のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、よりリーズナブルなところを探すと、

23.タイムズ大船第27(16台/08:00-00:00 60分¥200

28.ファーストクリエイト小袋谷第1(6台/08:00-24:00 30分¥100

30.リパーク鎌倉台2丁目第2(3台/08:00-18:00 60分200円

が、1時間換算で200円のパーキング。

ただ、やはり駅から少し距離があるので、使い勝手はイマイチ。

大船駅周辺では、利用客無料の施設や手頃な割引システムもないので、短時間駐車は苦労しそうな地域と言えそうです


スポンサードリンク

大船駅の駐車場で連泊ができるのは?

最後に、横浜や都心・鎌倉にも近い駅なので、電車で出かけて1泊~連泊で駐めたいケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

大船駅には列車利用で割り引かれるパークライド駐車場はありませんが、一般的なコインパーキングでも、24時間で繰り返しOKな打ち止め料金があれば、手頃に日をまたぐ駐車が可能です。

最大料金に手頃なところがないので、連泊も厳しいところですが、条件に合うパーキングで、極力手頃に長く駐められるところを挙げると、

29.タイムズ大船第29(58台/24時間最大1200円

は、48時間(1泊2日程度)なら、普通にOKなパーキング。

また、

30.リパーク鎌倉台2丁目第2(3台/24時間最大1100円

は、7日間まで連泊が可能なところ。

長期の出張や旅行の際に覚えておくと便利でしょう。

まとめ

記事でもふれた通り、庶民的な下町商店街が広がり、手頃な値段で買物ができる大船地区。

夕方を狙えば値引きされた惣菜・食材も手に入り、節約にももってこいの住環境が魅力です。

ただ残念ながら、駐車コストが高めのエリアでもあるので、記事も参考に賢く駐める参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。