たまプラーザ周辺の駐車場で安い料金は?おすすめマップガイド&全リスト!

ad41bb667252422a08a1a5d9db5e9c97_s

「たまプラ」の愛称で、二子玉川や武蔵小杉などと並んで「住みたい街」の常連として名があがる「たまプラーザ」。

田園都市線「たまプラーザ」駅を中心に、厳しい建築ルールに則った街づくりで、居住環境が抜きん出た人気のエリアです。

近年オープンの有名商業施設も目当てに、連日買い物客で賑わいますが、駅周辺に車で行く際は駐車場が確保できるか心配です。

そこで、たまプラーザエリアの駐車場事情について、おさらいしてみましょう。

スポンサードリンク

たまプラーザ周辺の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

田園都市線の急行列車が停車し、渋谷まで20分足らずのアクセスが自慢の「たまプラーザ」駅。

駅前からは、成田や羽田空港、TDL直行のリムジンバスも発着し、行楽や出張にも抜群の交通環境です。

街路樹も美しい街並みの駅周辺に、2010年開業した駅直結の「たまプラーザテラス」は、サウス・ノース・ゲート・リンクの4施設からなる大規模施設。

オープン以来、ショッピングタウンとしても内外から多くの人が訪れます。

ただ、それゆえ朝夕や休日を中心に道路、施設、駅は常に混みあっているので、駐車場も待ち時間が長くなるのが玉に瑕。

なので、周辺の駐車場をおさらいしておくとあわてません。

そこで、以下がたまプラーザ周辺のパーキング一覧になります。

tamapuraPK1tamapuraPK2tamapuraPK3tamapuraPK4

駅から5~600m前後・徒歩で10分程度以内の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

ご覧の通り、駅両側にまたがる「たまプラーザテラス」の4つの施設に対応した駐車場(14581125)が整備され、キャパシティも確保されています。

ただ、それでも休日には入庫待ち渋滞が起きますし、最大料金の設定もないため、まとまった買物がなければ、駐車コストがかさみます。

また、居住区と商業区を分ける厳しい建築基準があるため、駅を少し離れると駐車場はなくなりますし、全体的にもそれほど多くはありません。

政令指定都市中心部並みの地価のため、料金相場に関しても手頃とは言えず、1時間換算で400円前後(平均403円)はまだしも、日中の最大料金が軒並み1000円を超えるのが厳しいところ(平均1303円)。

そこで、車を置いて出かけたり、ゆっくり駅周辺で過ごす際の、日中の手頃な打ち止め料金のところを探すと、

33.リパーク横浜新石川3丁目第3(5台/24時間最大1000円

36.リパーク横浜新石川3丁目(4台/08:00-22:00 最大1000円

37.タイムズ新石川3丁目第2(8台/24時間最大1000円

39.タイムズ新石川3丁目第3(8台/24時間最大800円

の4箇所が、かろうじて1000円以内で日中通して駐められるパーキング。

やはり駅周辺から少し離れないと料金も手頃になりませんが、節約したい方は利用下さい。

もし、半日程度で済む用事であれば、

9.リパーク横浜新石川3丁目第2(3台/5時間最大800円

28.リパーク横浜美しが丘一丁目(11台/5時間最大900円

という選択肢もあり、これらなら駅にも近く便利なパーキングになります。

たまプラーザ周辺の駐車場で時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場は1時間換算でほぼ400円程度。

用足しが延びると、すぐ1000円をオーバーしますし、前述のように上限で1000円程度のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、リーズナブルなところを探してみると、

<平日のみ>

6.リパークくら寿司たまプラーザ店(22台/平日 08:00-23:00 20分100円

<休日のみ>

24.タイムズたまプラーザ第10(6台/土日祝 09:00-22:00 20分¥100

<平日・休日とも>

20.パラカ 新石川第1(5台/終日20分100円

34.タイムズたまプラーザ第11(11台/08:00-22:00 20分¥100

36.リパーク横浜新石川3丁目(4台/08:00-22:00 20分100円

39.タイムズ新石川3丁目第3(8台/08:00-22:00 60分¥300

が、1時間換算で300円のパーキング。

相場から大きく下がるわけではありませんが、少しでも節約したい方は、空き情報も確認しながら覗いてみてください。

たまプラーザ周辺では、利用客無料の施設や手頃な割引システムもあまりないので、短時間駐車は苦労しそうな地域と言えそうです。


スポンサードリンク

たまプラーザ周辺の駐車場で連泊ができるのは?

最後に、都心や空港、TDLにも近い駅なので、電車やバスで出かけて1泊~連泊で駐めたいケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

たまプラーザ駅には列車利用で割り引かれるパークライド駐車場はありませんが、一般的なコインパーキングでも、24時間で繰り返しOKな打ち止め料金があれば、手頃に日をまたぐ駐車が可能です。

最大料金に手頃なところがないので、連泊も厳しいところですが、条件に合うパーキングで、極力手頃に長く駐められるところを挙げると、

37.タイムズ新石川3丁目第2(8台/24時間最大1000円

39.タイムズ新石川3丁目第3(8台/24時間最大800円

なら、48時間(1泊2日程度)までなら普通にOKなところ。

さらに、

33.リパーク横浜新石川3丁目第3(5台/24時間最大1000円

は、7日間まで最大料金が繰り返し適用されるパーキングです。

特に長く出かける時のために、覚えておくといいでしょう。

まとめ

居住区の交通環境を保つために、Uターンはできても通り抜けできない袋小路状の道路(クルドサック)を多く取り入れている「たまプラーザ」エリア。

もともと丘陵地のため車に頼るシーンが多い地区ですが、慣れないと戸惑うことも多いのも事実です。

そんなたまプラーザで、あわてず駐車場を探す際に、こんな記事が参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。