成田駅の駐車場で安い料金は?周辺おすすめ地図ガイド&全リスト!

17b9745bd83506e282d257718bcf4d96_s

今も多くの参拝客で賑わう「成田山新勝寺」の門前町として栄え、日本の空の玄関「成田国際空港」も有する「成田市」。

日本文化や国際色を象徴するスポットを併せ持つ都市として、国内外から大勢の人が行き交います。

中心市街地に位置するJR・京成成田駅は、ニュータウン住民や観光客などで連日賑わいますが、車で行く方は駐車場のことも心配でしょう。

そこで、成田駅の周辺の駐車場事情について、おさらいしてみます。

スポンサードリンク

成田駅の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

古き街並みと国際色が融合し、ベッドタウンとしても発展するという、さまざまな顔を持つ「成田市」。

成田駅周辺は、空港最寄りの宿泊拠点として格式のあるホテル群が林立し、ショッピング施設も充実する市街地です。

また、市のシンボルである「成田山新勝寺」の玄関口としても、休日や年末年始を中心に参拝・観光客でごった返すエリア。

当然、参拝や空港へ行き来をするマイカー・観光大型車で交通量は多く、国道の成田山への入口などを中心に激しく渋滞します。

なので駅周辺を車で訪れる際は、駐車場のことはおさらいしておく方が無難でしょう。

そこで、以下が成田駅の周辺のパーキング一覧になります。※オレンジのアイコン

naritastPK1naritastPK2

駅から5~600m前後・徒歩で10分程度以内の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

今回は、JR・京成成田駅の周辺に限ってピックアップしていますので、新勝寺参拝や観光が目的の方は、併せて以下の別記事を参考にしてください。

駅から1kmほど離れた成田山周辺の参拝用途のパーキングまで含めれば、駐車リソースはそこそこありますが、駅周辺に限れば、それほど豊富な市街地とは言えません。

京成成田駅と接続していない東口側は、両駅の駅前広場一体化の整備が進んでおり、この区画でめぼしいパーキングは、近年完成した商業ビルの駐車場、1.スカイタウン成田駐車場のみ。

京成駅の東口側も宿泊施設専用は多いものの、コインパーキングの数は少なめです。

また、駅の西口側は、新勝寺付近を除けば、住宅地の成田ニュータウンが広がるので、駅を少し離れると駐車場は見当たりません。

ただ料金に関しては、比較的手頃な地域。

1時間あたりは200円がメインの価格帯(平均236円)ですし、日中の最大料金も平均765円と、千円を大きく切ります。

そこで、車を置いて出かけたり、駅周辺での終日の用足しの際の、日中の手頃な打ち止め料金のところを探すと、

<休日のみ>

25.ナビパーク成田花崎町第2(17台/土日祝 当日最大500円

<平日・休日とも>

9.パラカ成田第2(84台/24時間最大500円

14.成田楽々パーキング(440台/24時間最大500円

15.ナビパーク成田囲護台第4(52台/08:00-20:00 最大500円

17.パラカ成田第1(32台/24時間最大500円

23.スペースECO 成田駅前第3(23台/24時間まで500円

24.アップルパーク51号パーキング(363台/24時間最大500円

27.スペースECO成田駅前(33台/24時間まで300円

が、いずれも日中通して駐めてもワンコイン以内のところ。

いずれもキャパシティ豊富でおすすめですが、例えば14は1台あたりのスペースが広く、駅にも連絡通路で直結する「楽々」さが売り。

また、やはり少しでも節約したければ27は激安で、JR駅からは少し距離がありますが、終日300円は魅力。

ただ、ここは前払いのチケットパーキング式なので、早々に用事が済んでも返金はありませんし、少しの延長も1回単位の料金追加になるので注意ください。

成田駅の駐車場で時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場は1時間換算で200円程度。

ただ、前述のように上限500円以内のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、リーズナブルなところを探してみると、

10.成田市第一駐車場(34台/入庫後3時間迄1時間毎¥100 以降30分毎¥100

が、3時間までなら1時間100円で駐められるパーキング。

わずか1箇所ですが、JRと京成線の間にあって立地も申し分ないので、まずは覗いてみたいところです。

ちなみに同じ料金の第二・第三もありますが、どちらかと言うと成田山の周辺になってしまいます。

成田駅周辺では、手頃な買物割引システムもあまりないので、1時間で200円なら良しとして、目的ポイントの近くで選んだ方がいいでしょう。


スポンサードリンク

成田駅の駐車場で連泊ができるのは?

最後に、都心や空港にも近い駅なので、電車やバスで出かけて1泊~連泊で駐めたいケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

成田駅には列車利用で割り引かれるパークライド駐車場はありませんが、一般的なコインパーキングでも、24時間で繰り返しOKな打ち止め料金があれば、手頃に日をまたぐ駐車が可能です。

条件に合うパーキングで、極力手頃に長く駐められるところを挙げると、

5.ナビパーク成田馬橋第1(19台/24時間最大700円

13.ナビパーク 成田囲護台第5(14台/24時間最大700円

は、48時間(1泊2日程度)までなら、普通にOKなパーキング。

14.成田楽々パーキング(440台/24時間最大500円

24.アップルパーク51号パーキング(363台/24時間最大500円

も、最大料金の繰り返し適用可を謳っているところです。

12.NPC24H京成成田駅前(410台/24時間毎700円

なら、さらに長めに駐められるはずです。※NPC利用規約⇒https://npc-npc.co.jp/user/charge/max/

あまり長期の際は、確認した方がいいですが、旅行や出張の際に覚えておくと便利でしょう。

まとめ

成田駅周辺は、来日した外国人や空港関係者・観光客も集うことから、和・洋やジャンルを問わずグルメな飲食店が集まるエリア。

名物のうなぎはもちろん、焼き肉、カニ料理、寿司・カフェなど、気分次第でなんでも食べられるのも魅力です。

そんなランチやディナーなどを楽しみに訪れた際にも、記事が参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。