取手駅の駐車場で安い料金は?周辺おすすめ地図ガイド&全リスト!

640px-Toride-Sta-West

江戸5街道のひとつ・水戸街道の宿場町として栄え、今も茨城県南地域の交通の要衝拠点の「取手市」。

東京から1時間以内とアクセスも良く、ベッド タウンとしての機能も果たしています。

常磐線の終点でもある「取手駅」は多くの通勤通学客が利用しますが、車で行く際は駐車場が心配です。

そこで、取手駅周辺の駐車場事情について、おさらいしてみましょう。

Photo by Nyao148 / CC表示3.0

スポンサードリンク

取手駅の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

雄大な利根川の流れに抱かれる開放的な自然が魅力の「取手市」。

宿場町の史跡や花火イベントなど見どころも多い、水と歴史の生活文化都市です。

常磐線快速電車、各駅停車、関東鉄道常総線の始発駅でもある「取手駅」。

最近では上野東京ラインの開通で、東京・新橋・品川まで乗り換えなしで行けるようになり、通勤や通学の利便性が向上しました。

駅ビル「ボックスヒル」や西友も入る「リボンとりで」など、生活に不便のない商業環境の市街地ですが、市内の交通手段は限られており、自動車での移動に頼ることが多い地域性。

マイカー等で訪れる人も多い駅周辺なので、駐車場をおさらいしておくとあわてません。

そこで、以下が取手駅周辺のパーキング一覧になります。

toridePK1toridePK2toridePK3

駅から5~600m前後・徒歩で10分程度以内の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

前述の通り、駅周辺の主な商業施設は、西口側の「ボックスヒル取手」と「リボンとりで」の2つ。

駐車場も併設の以下2箇所が、市街地の核となるパーキングです。

2.タイムズ取手ボックスヒル(140台)

30.取手西口駐車場ビル(660台)

特に30は両施設と提携し、後でもふれるように手頃な割引サービスがあるため、普通の用事の際はまず覗いてみたい駐車場でしょう。

駐車場はそこそこ密集していますが、駅を少し離れると住宅地や利根川河川域が広がるため、あまり見当たらなくなります。

料金的には平均的なエリアです。

1時間あたりは200円がメイン価格帯(平均217円)ですし、日中の最大料金も平均880円と、1000円をだいぶ切ります。

ちなみに同じくベッドタウンとして発展する近隣の守谷駅付近は、1時間192円・日中最大678円が平均価格なので、取手のほうが少し割高。

そこで、車を置いて出かけたり、駅周辺での終日の用足しの際の、日中の手頃な打ち止め料金のところを探すと、

<休日のみ>

19.パラカ 取手第1(8台/日祝 08:00-20:00 最大500円

<平日・休日とも>

18.タイムズ取手駅東口第2(9台/24時間最大 600円

20.リパーク取手駅東口第2(79台/24時間最大500円

23.タイムズ取手駅東口第4(85台/24時間最大600円

26.タイムズ取手駅東口第5(8台/24時間最大600円

28.スペースECO取手駅前第1(16台/12時間まで500円

が、いずれもワンコイン程度で日中通して駐められるパーキング。

こうしてみると、手頃なパーキングは東口に多いことがわかります。

なお、28は24時間最大でも600円と割安ですが、前払式のチケットパーキングなので注意下さい。

料金の手頃さが売りですが、早めに用事が済んでも返金はありませんし、少しの延長も1回単位の料金追加になります。

また、

11.とりでパーキングプラザ(150台/7:00-22:00 平日¥1000 休日600円)※前払式

は、やはり前払いですが、時間内に限って何度でも出入りができるところ。

駅にも近いので、便利に使えるパーキングと言えます。

取手駅の駐車場で無料や時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場は1時間換算でほぼ200円弱。

ただ、前述のように上限500円程度のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、リーズナブルなところを探してみると、

6.PEN取手iセンターパーキング(21台/月-土 8:00-19:00 2時間最大¥300 以降60分100円

が、わずかに平日に限って2時間300円、それ以降は1時間100円のところ。

また、割引サービスの無料時間をうまく活用したいのが、

30.取手西口駐車場ビル(660台/1時間毎250円2時間まで500円 2時間以降30分100円)

は、「リボンとりで」で金額にかかわらず買物利用すれば、2時間まで無料の嬉しいパーキング。

ボックスヒルとの提携もあるので、短時間の用足しにはうまく活用できると思います。

買物などが全くなければ、取手駅周辺では1時間200円はよしとして目的ポイント近くで選び、あまり迷わないほうがいいかもしれません。


スポンサードリンク

取手駅の駐車場で連泊や予約ができるのは?

最後に、都心へのアクセスもいい取手駅なので、出張や長期旅行で1泊~連泊で駐めたいケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

取手駅には列車利用で割り引かれるパークライド駐車場はありませんが、一般的なコインパーキングでも、24時間で繰り返しOKな打ち止め料金があれば、手頃に日をまたぐ駐車が可能です。

そんな条件に合うパーキングで、極力手頃に長く駐められるところを挙げると、

18.タイムズ取手駅東口第2(9台/24時間最大600円

23.タイムズ取手駅東口第4(85台/24時間最大600円

26.タイムズ取手駅東口第5(8台/24時間最大600円

は、48時間(1泊2日程度)までは駐められるパーキング。

さらに、

14.リパーク取手駅西口第3(14台/24時間最大900円

27.リパーク取手駅西口第5(5台/24時間最大700円

なら、料金は少し高くなりますが、最長7日間まで駐車可能です。

日数に応じて、長期出張や旅行の際に覚えておくと便利でしょう。

また、最近広まりつつある予約できる駐車スペースを利用するのも、ひとつの手。

まだ取手駅の周辺では豊富とは言えませんが、近年急速に普及しつつあるので、今後どんどん供給が増えるはずなので、気にしておくといいかもしれません。

→取手駅の周辺で予約できる駐車場

まとめ

取手市の目玉イベントは、何と言っても「とりで利根川大花火」です。

毎年、利根川の8月の夜空で花火の大輪が咲き乱れ、10万人もの見物客が河川敷を埋め尽くします。

競輪場や河川敷に臨時駐車場は設けられますが、駅周辺のパーキングも対象になり、いずれも早めに満車になります。

交通規制もかかり混雑しますので、そんなイベント時の駐車場探しの参考にもしてみて下さい。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。