米子駅の駐車場で安い料金は?おすすめ周辺マップガイド&全リスト!

25207646039_0f0b08b76b_z

鳥取市と並ぶ、山陰随一の経済都市「米子市」。

豊かな自然環境と、陸・海・空が揃った交通利便性で、暮らしやすいエリアとしても支持されています。

コンパクトのまとまった米子駅周辺市街地には車で行く方も多いですが、駐車場のことは常に気にかかるもの。

そこで、米子市駅周辺の駐車場事情について、おさらいしてみましょう。

Photo by Photocon Japan

スポンサードリンク

米子駅の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

大山山麓の山裾に抱かれ、「山陰の大阪」と呼ばれるほどの商業都市として発展してきた「米子市」。

鳥取市に次ぐ人口15万人を擁し、鉄道・道路・空港のいずれの拠点も集まる、山陰屈指の交通要衝地でもあります。

都市機能がコンパクトに収まり、イオン等商業施設や医療・文化施設が充実した駅周辺の市街地。

山陰最大の温泉リゾート地「皆生温泉」への観光客も行き交い賑わいますが、後でふれる通り駐車場は不足気味です。

なので、車で行く方は駐車場事情をおさらいしておくとあわてないでしょう。

そこで、米子駅周辺のパーキング一覧は以下のとおりになります。

yonagoPK1yonagoPK2


おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri


料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

また、詳細の確認に至らなかったところは、色分け(グレー)して載せています。

かつて山陰随一の歓楽街だった朝日町周辺の繁華街が駅周辺から1kmほどに広がるので、駐車場もそこまで含めてピックアップしています。

ご覧の通り、改札もないため駅裏にあたる東側には、住宅地が広がり、離れた場所にスーパーの無料駐車場が1ヶ所あるだけ。

全体的に駐車場の数は決して多いとは言えませんが、商業施設併設も含めて比較的規模が大きいパーキングが多いのが救いです。

100台超の駐車場が全体の1/3程度を占め、適度に散らばってもいるので、覚えておいてうまく利用したいところです。

そこで、車を置いて出かけたり、市街地でゆっくり用足しをする際に、できるだけ手頃に日中駐められるところを探すと、最大設定がある駐車場自体が少なく、

1.米子駅前地下駐車場(150台/05:00-24:00 1日最大¥1500

3.アップルパーク米子第1(7台/24時間最大1000円

7.APパーク米子(7台/08:00-22:00 最大700円

10.ビッグシップ前立体駐車場(700台/24時間最大1000円

が、打ち止め料金のあるパーキングの全てになります。

3以外は駅付近に集まりますが、おすすめはやはりキャパシティが頼もしい10でしょうか。

公益法人運営の多目的ホールの駐車場で、収納台数は多いもののコンサートイベント時などは満車が多いので注意して下さい。

この中では一番高いものの、駅至近がよければ市営の1が最適になるでしょう。

米子駅の駐車場で無料や時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、周辺相場は1時間換算でほぼ200円程度が平均。

手頃ではあるものの、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、リーズナブルなところを探してみると、

7.APパーク米子(7台/08:00-22:00 40分100円

8.米子タカシマヤ第1駐車場(250台/終日 1時間¥200以降1時間毎¥100

9.米子タカシマヤ第2駐車場(22台/終日 1時間¥200以降1時間毎¥100

12.駅前通り第一駐車場(50台/終日 1時間¥200以降1時間毎¥100

13.米子市役所有料駐車場(約200台/08:00-24:00 1時間150円以降1時間100円

14.加茂町駐車場(約30台/終日 1時間150円以降1時間100円

15.暁モータープール(15台/終日 1時間100円

17.ブルースカイ駐車場(約40台/終日 1時間100円

が、均すと1時間換算で100~175円のパーキング。

また、4時間程度要する用足しなら、

3.アップルパーク米子第1(7台/4時間最大500円

という選択肢もあります。

312以外は、駅から離れた市役所以東の繁華街に集まりますが、目的ポイントに応じて選んでみて下さい。

また、最初の時間や買物割引で無料になるパーキングを拾ってみると、

1.米子駅前地下駐車場(150台/最初の30分無料

6.米子駅前立体駐車場(805台/最初の2時間まで無料)※イオン店利用前提

8.米子タカシマヤ第1駐車場(250台/買物やメンバーカード提示5時間無料

9.米子タカシマヤ第2駐車場(22台/買物やメンバーカード提示5時間無料

10.ビッグシップ前立体駐車場(700台/最初の1時間無料

18.まるごう米子南店駐車場(150台/利用者無料

もちろん利用がマナーの店舗パーキングも含まれますが、駐車代節約には活用できるところばかりです。

ちなみには駅至近なので、車での送り迎えにも便利に使えます。


スポンサードリンク

米子駅の駐車場で泊りや連泊ができるのは?

最後に、広域移動にも使う駅なので、泊まりで仕事や旅行に出かけるケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

米子駅には列車利用で割り引かれるパークライド駐車場はありませんが、一般的なコインパーキングでも、24時間で繰り返しOKな打ち止め料金があれば、手頃に日をまたぐ駐車が可能です。

条件に合うパーキングで、なるべく手頃に長く駐められるところを挙げると、

1.米子駅前地下駐車場(150台/24時間毎1500円

3.アップルパーク米子第1(7台/24時間最大1000円

は、一応繰り返しが可能な表現をしている駐車場です。

あまり長期の際は確認した方がいいですが、ある程度の泊まり駐車は可能でしょう。

ただ1は、0時から5時まで入出庫ができないので注意して下さい。

米子駅周辺に、24時間最大設定がある駐車場自体が少ないので泊まりは厳しいエリアですが、上記のパーキングをうまく利用してみて下さい。

まとめ

山陰本線など3路線が乗り入れる米子駅の、境線としての愛称が「ねずみ男駅」。

堺港市が水木しげる氏の出庫地としてドラマかされて以来、米子~堺港は鬼太郎列車が走り、400万人近い観光客が詰めかけるエリアです。

そんな妖怪に会える山陰の旅を楽しむ際にも、記事が参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。