土浦花火大会での時間潰しで周辺スポットや温泉は?食事はカレーがおすすめ!

2793dd78b8dbe54bacfcd2da50c0e266_s

なんとか早く着いて駐車場確保や場所取りが完了!でもまだ午前中で、打上げまで何時間もあるんだけど?

覚悟の上のスケジュールとは言え、ただ始まるのを何もせず待っているのもつらいので、近くでなにか時間つぶしができるところはないかなって思いますよね。

今回は、土浦花火大会でのそんな時間つぶしになりそうな周辺情報をピックアップしてみます!

スポンサードリンク

土浦花火大会の周辺でのスポット情報は?

場所取り後の打上げまでの時間つぶしなので、基本的には駐車場からまた車を出すわけに行かないですし、確保した場所から遠く離れるのも心配です。
なので、何かあったらいつでも戻れる近辺という条件でピックアップしますね。

まずは、付近の観光スポットを紹介します。
土浦市は茨城県の交通の要衝地の役割を担って発展し、また海軍航空隊が設置されたことにもより「海軍の街」としての側面も持ちます。
その海軍との縁で「ツェッペリン伯号」が飛来した際に地元特産のれんこんを入れたカレーを振舞ったのがきっかけでカレーの町としても知られています。


※右上の□ボタンで拡大してご覧下さい。

・亀城公園・土浦城跡

土浦城跡ですが復元された櫓門以外に現存する建物はなく公園として親しまれています。池のきれいな庭園は風情があり、桜の名所としても愛されています。

住所: 土浦市中央1-13
TEL: 029-826-1111

・霞ヶ浦総合公園

霞ヶ浦に面した広大な敷地にある総合公園です。オランダの水車がシンボルのこの公園には水生植物園、全長45m滑り台や大型遊具「ツェッペリン号」、プールまであり、少し距離がありますが桜川の土手沿いを辿ると着くので、時間があれば行ってみると家族連れで時間を過ごせますよ。

住所: 土浦市大岩田1051
TEL: 029-823-4811
定休日:無休
開園時間:特に無し
水郷プール料金:一般1,200円 小中600円
公式サイト

・土浦まちかど蔵「大徳」

江戸時代後期の呉服店を改装した蔵で、観光案内や観光土産品の販売が行われています。

住所 土浦市中央1-3-16
TEL 029-824-2810
開館時間 9:00~18:00
休館日 12月29日~1月3日

・土浦まちかど蔵「野村」

江戸時代後期から明治時代初期に建造された蔵で、袖蔵はそば打ち体験などができる多目的工房となっています。またレンガ蔵は喫茶店として活用しています。

住所 土浦市中央1-12-5
TEL 029-822-0081
開館時間 9:00~18:00
休館日 12月29日~1月3日

・等覚寺

1605年にこの地に移された了信が開基した真言宗のお寺で、境内には重要文化財で関東最古の梵鐘「等覚寺の銅鐘」があります。横へ大きく広がった名木の松も植えられており「等覚寺のクロマツ」と呼ばれ親しまれています。

住所:土浦市大手町4-16
TEL:029-821-3037

・土浦市立博物館

地域史料や文化財が展示されている博物館。お蔵風の建物で、水戸の烈公徳川斉昭の宝剣・藩主の茶道具・鎌倉時代の和歌掛け物の他、醤油造りの関連展示もあり地域文化を知ることもできます。

住所: 土浦市中央1-15-18
TEL: 029-824-2928

土浦花火大会の周辺で温泉・入浴情報は?

花火会場付近でさっと汗を流せる入浴施設をピックアップしました。沢山はありませんが、2軒あったので紹介しますね。

・湯楽の里 土浦店

リーズナブルな価格から気軽に立ち寄れる温浴施設です。お湯に浸かりながらTVが見れる岩風呂や心臓の湯と呼ばれている高濃度炭酸泉など多彩なお風呂を楽しめ、旬のメニューが味わえる「さぬきや」もあるので、空いた時間を過ごすには格好の施設です。

住所:土浦市真鍋新町20-43
TEL:029-825-1526
営業時間:9:00~翌1:00
定休日:年中無休
公式サイト

・還元陶板浴つちうら

いわゆる普通の入浴施設ではなく、温められた陶板の上に横になりサウナのように毒素を出す陶板浴というスタイルのお店です。浴衣やタオル類は貸し出ししてくれるので気軽に行けるのは便利です。1回約50分の利用で1,000円です。

住所:土浦市湖北2-2-15
TEL:029-825-1526
営業時間:10:00~17:30
定休日:火・金・土曜日


スポンサードリンク

土浦花火大会の周辺で食事・グルメやお土産情報は?

会場付近の食事やお土産といったグルメをまとめてみました。いずれも地元の方に愛されて繁盛しているお店ばかりなので安心して立寄れるところばかりです。そとづらばかりではなくうちづらがいいところが本物ですよね。

<スイーツ・和菓子>

・志ち乃 本店

土浦で手土産として喜ばれている甘味といえばこちらのどら焼き。専門店の名に恥じない種類の豊富さで、県外からも求めに来る人がたくさんいます。
定番どら焼きからキウイや苺のどら焼き、伽哩銅羅(カレー)までありますし、季節ものやお店限定もあるので迷ってしまいます。地元土浦一高の生徒さんとコラボした商品開発など地域に密着したお店としても愛されています。

住所:土浦市手野町60-3
TEL:029-828-1117
営業時間:9時~18時30分
定休日:年中無休(元日を除く)

・中村屋

あの新宿中村屋の出店ですが、名産れんこんのサブレー「ハスだっぺ」がお土産として買えるところです。

住所:土浦市桜町1-15-12
TEL:029-823-1555
営業時間:8:00~19:30
定休日:日曜日・祝日

・どてきん

花火が打ちあがる桜川の少し下流の土手にあるきんつばの店なので「どてきん」です。どてきんの正体は大きな今川焼きで、誰もが知っている地元の人に愛される人気スイーツです!売り切れ注意です!

住所:土浦市富士崎1-18-2
TEL:029-821-1746
営業時間:11:00~14:30頃(早終いの場合あり)
定休日:日・祭日・月曜

<カレー>

土浦は、知る人ぞ知るカレーの街!昭和4年にツェッペリン飛行船がやってきた際に地元食材のカレーでもてなしたのが元になっています。

・福来軒

当時ツェッペリン飛行船をもてなしたカレーを再現して出してくれるのが老舗のここです。一番人気は名産れんこんの粉をブレンドした麺で作るカレーラーメン!それにやはり名物のレンコンをトッピングしたカレーは人気メニューです。

住所:土浦市中央1-12-23
TEL:029-821-1162
営業時間:11:00 ~ 20:00
定休日:日曜日

・ドラゴンカレー

こちらもツェッペリンカレーを再現しているお店ですが、違いは本格インドカレーでアレンジした点。テイクアウトもあるので、買って会場で食べてもいかがですか?

住所:土浦市桜町1-3-16
TEL:029-821-7617
営業時間:11:30~14:0018:00~状況によって
定休日:不定

<日本蕎麦>

・吾妻庵 総本店

土浦で蕎麦が食べたかったらここというくらい歴史のある老舗で、140年続く店構えはその風格に圧倒されます。やはりシンプルにもりそばがおすすめです!ボリュームがあって満足感もバッチリですよ。

住所::土浦市中央1-6-11
TEL:029-821-0161
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日

<カフェ>

・城藤茶店(しろふじのちゃみせ)

街中にあった海軍さんが住んでいた古民家を再生したおしゃれなカフェで、ドリンクを頼むと地元銘菓九万五千石かりんとうが付いてきます。板張りの和室でゆったりと過ごせ、ドリンクの他にも名物れんこんカレーが食べられます。

住所:土浦市中央2-15-8
TEL;029-895-0283
営業時間:8:00~18:00
定休日:毎週水曜日

まとめ

地元の方が自分の町に愛着を持っているのが伝わってくる土浦市ですので、どうかルールやマナーを守って花火大会を楽しんでくださいね。

最後に付け加えの情報ですが、近隣にある大型モール「イオンモール土浦店」は花火大会時は完全休業になる予定なので、時間潰しの目当てにしている方は注意してください。

⇒土浦花火大会を楽しむモデルプランを知りたければコチラ

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。