神楽坂の駐車場で安い料金は?周辺おすすめガイドマップ&全リスト!

49fb720d8fedd67b50c3e5a333dc6444_s

神楽坂下から神楽坂上までの一本坂の道沿いに広がる、花街の風情も残る街「神楽坂」。

路地に入れば、石畳の小径が縫う横丁も楽しい、都心の憩いスポットです。

粋なデートコースにもなるこのエリアは、ただ街並みも古風のため駐車場があるのか心配です。

そこで、神楽坂周辺の駐車場事情について、おさらいしてみました。

スポンサードリンク

神楽坂の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

諸説ある地名のいずれの由緒も神楽奏にまつわり、今もその音色が聞こえてきそうな昔風情の街並みが残る「神楽坂」。

飯田橋駅近くの「神楽坂下」からのびる閑静な坂の周辺には、遊び人が後をつけられてもすぐまける「かくれんぼ横丁」、花街の余韻漂う「芸者新道」など名所が多数。

表通りから静かな路地に一歩足を踏み入れると、そんな石畳に黒塀の小粋な迷宮が広がる人気の散策スポットです。

ただ、神楽坂通り自体が午前・午後で方向が変わる、珍しい逆転式一方通行の坂道に加え、前述のように迷路の如く小径が街をぬう周辺に駐車場はほぼないので、エリア周辺で探すしかありません。

なので、車で行く方は駐車場事情をおさらいしておくとあわてないでしょう。

そこで、神楽坂エリアのパーキング一覧は以下のとおりになります。

kaguraPK1kaguraPK2kaguraPK3kaguraPK4

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

エリアのほぼ中心のスポット「毘沙門天・善國寺」を起点に5~600m前後・徒歩で10分程度の圏内でピックアップしています。

ご覧のように、神楽坂沿いの細い路地で構成される中心エリアには駐車場はほぼ見当たりません。

前述の逆転一方通行の神楽坂自体、歩道が広く路上駐車も多いので走りづらく、交通量も考えれば、周辺の離れた場所で探すのが正解でしょう。

ただ数台程度の小さなパーキングが集まる地域なので、場所や情報をできるだけ把握して探さないと不効率です。

加えて、料金相場は厳しいエリア。

1時間あたりは1000円前後(平均735円)、日中の最大料金も3000円前後(平均2399円)のところも珍しくなく、のんびり散策を楽しむなら吟味が必要です。

そこで、神楽坂をゆっくり楽しむために、できるだけ手頃に日中駐められるところを探すと、

<休日のみ>

11.リパーク新宿袋町(14台/日祝 08:00-19:00 最大1500円

17・タイムズ新宿若宮町第3(10台/日祝 08:00-20:00 最大¥1800

32.タイムズ下宮比町(4台/日祝 08:00-20:00 最大¥1500

34.リパーク新宿新小川町第3(3台/日祝 08:00-22:00 最大¥1300

47.リパーク新宿新小川町第2(3台/日祝 08:00-22:00 最大¥1500

48.リパーク飯田橋MFビル(6台/日祝 当日最大¥1300

<平日・休日とも>

4.リパーク神楽坂3丁目(1台/6時間最大1500円

14.リアンパーキング筑土八幡町第1(6台/当日最大1400円)※小型車専用

20.NPC24H筑土八幡町(4台/08:00-20:00 月-土 最大1700円 日祝 最大1000円

24.タイムズ新小川町第2(15台/24時間最大1700円

28.パークイット東五軒町(3台/08:00-20:00 最大¥1,800

29.タイムズ市谷砂土原町3丁目(15台/24時間最大1800円

37.パートナ市ヶ谷南町(5台/12時間最大1900円

が、2000円を切るパーキングです。

比較的に手頃なパーキング(特に休日)がまとまってあるのが、目白通りと大久保通りに囲まれた下宮比町付近。

神楽坂までも300m程度の場所なので、覗いてみるといいかも知れません。

神楽坂の駐車場で時間料金が安いのは?

もし、デートや観光予定の関係であまりゆっくりできないようなら、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場は1時間換算で700円以上。

少しでも腰を落ち着けるとあっという間に2000円をオーバーしますし、前述のように上限2000円以内のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、リーズナブルなところを探してみると、

14.リアンパーキング筑土八幡町第1(6台/08:00-20:00 30分¥200)※小型車専用

20.NPC24H筑土八幡町(4台/終日30分200円

37.パートナ市ヶ谷南町(5台/08:00-22:00 30分¥200

40.ユアー・パーキング市谷田町第1(1台/08:00-22:00 30分¥200

45.ビーフラット東五軒町(8台/08:00-22:00 30分¥200

46.パーク100新小川町(9台/08:00-22:00 30分¥200

なら、1時間換算で400円の手頃な時間料金です。

少し神楽坂エリアからは距離がありますが、それでも片道徒歩10分程度で行き帰りができますから、近くで1時間1000円近くのところよりも安くあがるはずです。

神楽坂周辺では、もちろん大きな商業施設はなく、買物で無料になる駐車場もないので、上記のようなパーキングをうまく活用下さい。


スポンサードリンク

神楽坂の駐車場で予約ができるのは?

最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

野球場やイベント会場周辺では今や一般的になりましたが、混雑しやすいスポット周辺でも最適の選択肢と言えます。

ちなみに、神楽坂の周辺には予約できる駐車場がそこそこあります。

kaguraPKaki

1箇所ごとの台数はわずかですが、近年急速に供給が増えつつあるので、検索してみるとたくさんありますし、どんどん増えつつあります。

出し入れが自由な上に料金も手頃ですし、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

例えば早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

→神楽坂の周辺で予約できるakippa駐車場

→神楽坂の周辺で予約できる軒先パーキング駐車場

まとめ

古くからの静かな江戸情緒にあふれた石畳の街・神楽坂が、この時ばかりは活気と喧騒に包まれるのが「神楽坂まつり」のとき。

毎年夏休みを迎える7月の下旬に、善國寺を中心にほおずき市や阿波踊りの大会などで大いに盛り上がります。

歩道には屋台も軒を連ね、古きよき情緒あふれる夏まつりのひとつとして大人気。

神楽坂通りは通行止めになり、もちろん駐車場も設けられないので、交通機関利用がおすすめですが、車で予定する方もいるでしょう。

そんなまつりイベントを楽しむ際にも、記事が参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。