湘南台の駐車場で安い料金は?周辺おすすめ地図ガイド&全リスト!

640px-Shonandai-Sta-W

花木囲むふたつの河川に挟まれ、自然豊かな住宅市街地として発展してきた湘南台。

京浜の都心や観光地にもアクセスが良く、キャンパスも多いため活気ある居住エリアとして人気です。

特に、私鉄3路線が乗り入れる湘南台駅周辺は、各種施設が集まり賑わいますが、車で行く際は駐車場のことも心配です。

そこで、湘南台駅周辺の駐車場事情について、おさらいしてみます。

Photo by Nyao148 / CC表示-継承3.0

スポンサードリンク

湘南台の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

境川と引地川の挟まれた相模野台地の豊かな環境に囲まれ、桜を始めとした四季折々の花暦も魅力の湘南台地区。

東京や横浜など都心部だけでなく、鎌倉や江ノ島など行楽地へも好アクセスのベッドタウンとして人気を集めます。

小田急・相鉄・ブルーラインのクロスターミナル・湘南台駅は、その周辺に慶應大や文教大キャンパスも抱え、学生も多く行き交う元気な市街地。

また、ダイエーやイトーヨーカドーなどの大型スーパーから、文化施設・金融機関までさまざまな施設も集まり、終日多くの利用者で賑わいます。

ただ、付近を藤沢街道も走るため車通りが多く、特に朝夕を中心にバスやタクシーも多く行き交う市街地。

週末も、一方通行が多く道も入り組んだ駅周辺は渋滞気味でもあるので、車を使う方は駐車場事情をおさらいしておくとあわてないでしょう。

そこで、以下が周辺のパーキング一覧になります。

syounandaiPK1syounandaiPK2syounandaiPK3

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

駅から5~600m前後・徒歩で10分程度以内の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

ご覧の通り、キャパシティは決して豊富とは言えないエリアで、その軒数もさることながら、大きな施設も1.湘南台駅地下自動車駐車場(189台)が唯一の100台を超えるパーキング。

少し離れた文化施設・湘南台文化センター周辺に、21.湘南台文化センター駐車場(80台)、29.湘南台駐車場(52台)などありますが、基本的に施設利用前提をうたっており、手放しで利用はしにくいのが難点です。

また大型スーパーはあるものの、駐車場収容力や料金体系など使い勝手は快適とは言えず、全体的に駐車場事情は良好と言えないエリアです。

料金的にも少し高めで、1時間換算では平均330円なのはまだしも、日中の最大料金は1072円と、千円を超えるのは厳しいところ。

そこで、車を置いて出かけたり、駅周辺でゆっくり過ごす際に、できるだけ手頃に日中駐められるところを探すと、

3.R-湘南台駐車場(11台/07:00-23:30 1日¥800

5.カノープス湘南台駅前第2(19台/08:00-23:00 最大¥700

6.カノープス湘南台駅前第1(39台/08:00-23:00 最大¥700)※一部車室除く

11.タイムズ湘南台第11(6台/24時間最大800円

23.タイムズ湘南台第8(7台/12時間最大800円

24.リパーク湘南台4丁目第2(6台/24時間最大800円

なら、いずれも700~800円で駐められるパーキング。

使い勝手の良さでは、駅に近い立地の上、この地域では収容力のある方の56でしょうか。

空き情報も確認できるこの地域最安の2ヶ所は隣り合ってもいるので、総合力ではおすすめのパーキングと言えます。

湘南台の駐車場で無料や時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場は1時間換算で300円強。

ただ、前述のように上限800円程度のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、リーズナブルなところを探してみると、

21.湘南台文化センター駐車場(80台/08:00-22:00 30分¥100

22.リパークワイド湘南台5丁目(3台/08:00-20:00 60分200円

24.リパーク湘南台4丁目第2(6台/08:00-18:00 60分200円

28.リパーク湘南台4丁目(7台/08:00-18:00 60分200円

29.湘南台駐車場(52台/08:00-22:00 30分¥100

が、わずか5ヶ所ですが1時間換算で200円のところ。

このうち2129は、前述の通り市営施設利用を前提としたスペース。

特に21利用承認印がないと精算・出庫もできないので注意して下さい。

ただ逆に言えば、行政手続きや図書館などを利用する機会があれば、2時間まで無料にもなるので、うまく活用すれば駐車コストの節約にもつながります。

ちなみに、このエリアの主な買物無料割引は、ダイエーでの1000円以上で2時間(駐車場は7及び30)というもの。

必要な買物があれば、2時間あればプラスアルファの用足しも可能なので、覚えておくといいでしょう。


スポンサードリンク

湘南台の駐車場で泊りや連泊ができるのは?

最後に、都心部や行楽地にも足を伸ばせるエリアなので、泊まりで仕事や旅行に出かけるケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

湘南台駅には列車利用で割り引かれるパークライド駐車場はありませんが、一般的なコインパーキングでも、24時間で繰り返しOKな打ち止め料金があれば、手頃に日をまたぐ駐車が可能です。

条件に合うパーキングで、なるべく手頃に長く駐められるところを挙げると、

11.タイムズ湘南台第11(6台/24時間最大800円

は、48時間(1泊2日程度)までは駐められるパーキング。

さらに、

22.リパークワイド湘南台5丁目(3台/24時間最大900円

24.リパーク湘南台4丁目第2(6台/24時間最大800円

なら、最長7日間まで駐車可能です。

日数に応じて、長期出張や旅行の際に覚えておくと便利でしょう。

まとめ

湘南台は、春には河川沿いの桜、夏には湘南台七夕まつりと季節の風物詩にも彩られる街。

特に引地川・境川の両河川沿いに咲き乱れる桜は、満開時にはピンク色のトンネルができる花見の名所。

毎年、市内外から多くの見物客が集うスポットとして知られています。

そんな川と緑の文化都市・湘南台に車で訪れる際に、記事が参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。