鶴舞公園の駐車場で安い料金は?周辺おすすめ地図ガイド&全リスト!

Tsurumakouen1

名古屋市が整備した最初の総合公園として、100年以上も市民から親しまれてきた鶴舞公園。

西洋風を基調とした中にも日本庭園の表情も併せ持ち、四季折々で豊かな風景を魅せる自然公園として人気です。

「さくら名所100選」でもある名古屋屈指の花見スポットで、最近ではポケモンGOの聖地としても賑わいますが、車で行く際は駐車場のことも心配です。

そこで、鶴舞公園の駐車場事情についておさらいしてみます。

Photo by Bariston / CC表示-継承4.0

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

スポンサードリンク

鶴舞公園の駐車場の料金や混雑は?

噴水や音楽堂がシンボルの西洋式花壇庭園を中心として、桜、バラ、花菖蒲などの季節の花々が園内にあふれる名古屋市・鶴舞公園。

スポーツやレクリエーションなどの緑豊かな憩いの場としても市民に愛される、名古屋有数の総合都市公園です。

特に花祭りも催される春から初夏にかけては、桜や菖蒲の名所として花見客であふれる人気スポット。

<基本情報>

名称:鶴舞公園(つるまこうえん)

住所:愛知県名古屋市昭和区鶴舞一丁目
TEL:052-733-8340

休園日:園内無休
入園料:園内無料

アクセス:JR鶴舞駅/地下鉄鶴舞線鶴舞駅から徒歩すぐ
公式ホームページ:http://www.nga.or.jp/park/tsuru.html

最寄りのJR鶴舞駅はほぼ公園に隣接することから、アクセスは断然電車がおすすめですが、年配の方や小さい子ども連れなど、車で向かいたい場合も多いでしょう。

駐車場は、主に以下の専用駐車場を利用する形になります。※赤いPアイコン

P.鶴舞公園駐車場>

住所:同上
利用時間:8:45-21:30
料金:普通車/30分毎¥180
収容台数:普通車178台

なお、上記と合わせて公園の専用駐車場だった競技場南側の駐車場は、平成29年2月をもって閉鎖されているので注意ください。

また上記のメイン駐車場も、園内の名古屋市公会堂の改修工事の関係で、平成31年2月末まで大型車両が駐車不可で、普通車も場合によっては100台程度に制限されます。

なので、特に週末や行楽時期は以前より満車の機会が増え、入庫待ちで並ぶことも多くなるはずです。

料金的には、周辺相場は1時間あたり平均が253円なので、1時間で360円は100円ほど割高。

また、通常時期の1~2時間程度の公園散策ならともかく、行楽イベント時期などの長めの駐車は打止め設定がないので不向きです。

駐車事情が以前より悪くなっていることも考えると、車で行く方は念のため周辺のコインパーキング事情もおさらいしておくとあわてないでしょう。

鶴舞公園の駐車場で無料や料金が安いのは?

そこで、以下が鶴舞公園周辺のパーキング一覧になります。※緑のアイコン

turumaPK1turumaPK2turumaPK3turumaPK4turumaPK5

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。環境によっては開かなかったり、直リンクできないことがあります。

鶴舞公園は出入り口が多く、比較的四方からアクセスしやすい公園です。

なので駐める場所も入口位置に縛られず選ぶことができ、したがって駐車場も四方500m前後・徒歩で10分程度の圏内でピックアップしています。

ご覧のように、噴水や花壇があるメイン入口にも近い鶴舞駅周辺が、最も駐車場も密集します。

ただ、当然混雑しやすいのもこのエリアで、さらに人気イベント施設「吹上ホール」の圏内にもなるため料金相場が高いのもこの辺。

なので、駐車コストを節約したい方は吹上エリアを避け、むしろ公園から南側で探すのが賢明です。

料金的には、1時間あたりではほぼ200円程度(平均253円)、日中の最大料金は平均906円といったところ。

日中の打ち止め料金が手頃なところを拾ってみると、

7.リパーク鶴舞3丁目(10台/24時間最大500円

17.タイムズ鶴舞3丁目(4台/24時間最大600円

18.タイムズ山脇町(10台/24時間最大500円

23.名鉄協商鶴舞3丁目第5(6台/12時間最大500円

25.パークゼウス鶴舞3丁目(7台/24時間最大300円・500円)※車室による

29.リパーク鶴舞4丁目(10台/月-金 当日最大600円)※月-金のみ

30.エステイトパーク鶴舞3丁目(17台/24時間最大400円・500円)※車室による

45.リパーク名古屋千代田第12(6台/土日祝 08:00-20:00 最大600円)※土日祝のみ

なら、いずれもワンコイン前後で駐めておけるパーキング。

45以外は、全て公園の南東側に集まっているのがおわかりでしょう。

また時間料金で見てみると、リスト中で半数以上が1時間換算で200円以下のパーキングです。※表参照

最安では、

25.パークゼウス鶴舞3丁目(7台/終日60分100円

51.ハローパーク千代田3丁目第3(4台/終日40分100円

55.ラッキーパーキング吹上2丁目(11台/平日 08:00-19:00 60分100円)※平日のみ

ですが、それほどのリソースではないので、鶴舞公園周辺では200円程度なら良しとして、状況にあった場所の駐めてしまったほうが賢明です。

特に混雑時期に駐車に困るようなら、キャパシティも申し分ない

34.イオンタウン千種駐車場(879台)

に頼るのも選択肢になります。

料金的には必ずしも長く駐めるのには不向き(特に休日)ですが、(マナーとして利用前提の上で)2時間まで無料ですし、行楽に必要な準備もできるので便利でしょう。

ちなみに、このイオン駐車場は駐める区画によって利用可能時間が異なるので注意ください。


スポンサードリンク

鶴舞公園の駐車場で予約ができるのは?

最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

競技・イベント会場周辺では今や一般的になりましたが、混雑する行楽スポットでも最適の選択肢と言えます。

ちなみに、鶴舞公園の周辺には予約できる駐車場がまあまああります。

turumaPKaki

1箇所ごとの台数はわずかですが、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

→鶴舞公園の周辺で予約できるakippa駐車場

→鶴舞公園の周辺で予約できる軒先パーキング駐車場

→鶴舞公園の周辺で予約できるB-Times駐車場

→鶴舞公園の周辺で予約できるトメレタ駐車場

空いているスペースでお小遣い稼ぎをされたい方はコチラ

まとめ

鶴舞公園が最も賑わうのが、やはり花祭りも開催される桜の見頃時期。

公園のシンボル・噴水塔を彩るように咲き、夜桜も楽しめる桜林や、竜ヶ池周辺で浮見堂を囲んでしっとりと咲くソメイヨシノなど、趣きが違う花見が楽しめる名所です。

特にライトアップも始まり、露店も軒を揃える最盛期には市内も混雑が激しくなるので、車で行く方は余裕をもってお出かけください。

そんな際にも、記事が参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。