藤枝駅の駐車場で安い料金は?周辺おすすめ地図ガイド&全リスト!

640px-JR_Fujieda_sta_001

大井川や南アルプスを望む赤石山系の自然が囲む静岡県のほぼ中央で、東海道宿場町として栄えた藤枝。

今でも、日本の動脈たる幹線鉄道や主要道路などが東西を繋ぐ、交通要衝の役割を担います。

中心都市・静岡の快適なベッドタウンとしても人口が増え続け、近年では藤枝駅周辺も再開発が加速し賑わう市街地。

なので、車で行く際は駐車場のことも心配です。

そこで、藤枝駅周辺の駐車場事情についておさらいしてみます。

Photo by 東京特許許可局 / CC表示-継承3.0

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

スポンサードリンク

藤枝駅の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ」と江戸時代に称えられた大井川の流域で、豊かな自然や温暖な気候に恵まれた交通の要衝地として発展した藤枝市。

今も東海道本線や新幹線、東名や新東名高速といった幹線交通が走る利便性から、静岡県内でも上位の経済規模を誇る中核都市です。

また、歴史ある高校サッカーの名門地域でもあり、スポーツも含め「子育て・教育日本一」を標榜する文教都市であることから、一貫して人口規模が伸び続ける静岡有数のベッドタウンでもあります。

市の鉄道玄関口にして浜松や静岡とも好アクセスのJR藤枝駅は、その周辺も近年再開発が急加速するエリア。

特に南口を中心に「オーレ藤枝」や「BiVi藤枝」などが続々オープンし、閉店した老舗店「アピタ藤枝」跡地も利便性向上の開発が予定されるなど、市街地として新陳代謝も活発です。

ただ、バス交通などがまだ不便で、車に頼ることが多い地域のため、朝夕や悪天候時などは交通量が増え混雑します。

なので、車を使う方は駐車場事情をおさらいしておくとあわてません。

そこで、以下が藤枝駅周辺のパーキング一覧になります。

huziedaPK1huziedaPK2

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

駅から5~600m前後・徒歩で10分程度の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き状況がわかるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。環境によっては開かなかったり、直リンクできないことがあります。

ご覧のように駐車場箇所数は限られるものの、再開発でできた商業施設を中心に収容力あるパーキングが駅を囲む好環境。

駅両側に均等に立地し、特に南口の各街区開発で整備されたオーレ藤枝駐車場(6131415)やBiVi藤枝立体駐車場(4)だけでも合計1000台を超えるリソースがあるので、駐める場所に困ることは少ないはずです。

また、リニューアルから解体に計画が変わったアピタ藤枝の跡地活用も、さらなる利便性向上が期待されます。

料金的にも手頃なエリアで、1時間あたりでほぼ平均154円ですし、日中の打ち止め料金も平均835円とまあまあ及第点。

そこで、車を置いて出かけたり、駅周辺でゆっくり用足しする際に、できるだけ手頃に日中駐められるところを探すと、

<平日のみ>

4.BiVi藤枝立体駐車場(462台/月-金 当日1日最大500円

11.リパーク藤枝駅前(35台/月-金 当日1日最大500円

<平日・休日とも>

15.オーレ藤枝第4パーキング(106台/24時間最大500円

17.プラスパーキング藤枝駅北(13台/24時間最大600円

が、ワンコイン程度で駐められるパーキング。

藤枝エリアは、やはり商業繁華街の性格が強いため休日に高くなる傾向があり、オーレの本棟や第2~第3(61314)なども高め。

ただ、離れた立地の第4(15)のみは500円と地域最安なのでイチオシです。

また平日なら、4はこのエリアで最安にして最大収容数を誇るので、まず覗くべきパーキングと言えます。

藤枝駅の駐車場で無料や時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打ち切り料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり周辺相場は1時間換算で150円程度。

ただ、前述のように上限でワンコイン程度のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、リーズナブルなところを探してみると、

3.青島駐車場(約70台/07:30-19:00 1時間100円

6.オーレ藤枝第3パーキング(60台/終日60分100円

7.枝市営藤枝駅北口駐車場(107台/終日1時間100円

8.リパーク藤枝駅北口(9台/08:00-18:00 60分100円

10.リブレコインパーキング藤枝駅前(69台/終日60分100円

12.藤枝市営藤枝駅前駐車場(71台/終日1時間100円

15.オーレ藤枝第4パーキング(106台/終日60分100円

なら、1時間換算で200円以下のパーキング。

おすすめはオーレの第3・第4(615)で、駅近・収容力もそうですが買物をするだけで1時間無料なのも嬉しいところ。

大きめのところばかりなのでどこでも問題ありませんが、買物が少しでもあるときはアドバンテージになるはずです。

また、

4.BiVi藤枝立体駐車場(462台/終日30分100円

も、料金は高めながら最初の1時間が無料なので、2時間程度までならやはり最安。

駐車時間によっては最もコストパーフォーマンスがいいスペースとして、覚えておくといいでしょう。


スポンサードリンク

藤枝駅の駐車場で予約ができるのは?

最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

競技・イベント会場周辺では今や一般的になりましたが、混雑する駅周辺でも最適の選択肢と言えます。

まだ藤枝エリアではあまりありませんが、近年急速に普及しつつあり、今後どんどん供給が増えるはずなので、気にしておくといいかもしれません。

1箇所ごとの台数はわずかですが、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

→藤枝エリアで予約できる駐車場

空いているスペースでお小遣い稼ぎをされたい方はコチラ

まとめ

記事でもふれたように、駅周辺環境が一変するほど再開発が加速している藤枝エリアですが、元気なのは大型商業施設だけでなく、地元商店も活気があふれ地域に愛されています。

特に、マップができるほど和食・洋食・中華と幅広くランチが楽しめる飲食店の充実ぶりや、「て~しゃばストリート」やイルミネーション「ルミスタ☆ふじえだ」など、道路や公園で催されるイベントも自慢な地域。

そんな、活気ある街づくりで今注目を集める藤枝を訪れる際に、記事が参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。