ひらかたパークの駐車場で安い・近い周辺おすすめ地図ガイド&全リスト!

b838714128523acd73ad23058b95dafe_s

大阪ベッドタウン・枚方市のシンボルにして、全営業遊園地の中で最も古い歴史を持ち、大阪ではUSJに次ぐ2番めの入園者数を誇る「ひらかたパーク」。

「ひらパー」の愛称で長年親しまれ、コンパクトな園内にたくさんの施設が詰まった人気のファミリー向け遊園地です。

夏にはプールなども開園し、1年を通して休日スポットとして賑わいますが、車で行く際は駐車場のことも心配です。

そこで、ひらかたパーク周辺の駐車場事情についておさらいしてみます。

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

スポンサードリンク

ひらかたパークの駐車場の混雑や料金は?

大阪4位の中核衛星都市・枚方市で「ひらパー」と呼ばれ100年以上愛されてきた、大阪屈指のレジャー・テーマパーク「ひらかたパーク」。

40種の豊富なアトラクションをはじめ、四季の草花や動物とのふれあいも楽しめる総合レジャー遊園地です。

夏にはプール、冬はスケートや雪遊びと、四季ごとのアクティビティも人気で、年間を通じて100万人を超える家族連れ来園者で賑わいます。

<基本情報>

名称:ひらかたパーク
住所:大阪府枚方市枚方公園町1-1
TEL: 072-844-3475

営業時間:営業カレンダーによる
休園日:営業カレンダーによる
入園料:大人1400円 2歳-小学生800円

アクセス:京阪本線枚方公園駅より徒歩約3分
公式ホームページ:http://www.hirakatapark.co.jp/

週末や行楽時期には、開園から午前中の早い時間帯に混雑が始まりますし、最寄りの枚方公園駅からなら正面ゲートが徒歩ですぐの立地。

なので、電車が最も世話がないアクセス方法ですが、いろいろな事情で車で行く方も多いでしょう。

そんな際のひらかたパーク直営の駐車場は、以下になります。※赤いPアイコン

駐車場の呼称から3箇所あるように勘違いしがちですが、東・南駐車場は同じ入口から入るので、実質は以下のように2箇所になります。

hirakataparkPK

P.ひらかたパーク北駐車場>

住所:枚方市伊加賀南町7
収容台数:80台
営業時間:カレンダーによる(準備ができ次第開放)
料金:普通車 1日¥1500

P.ひらかたパーク東・南駐車場>

住所:枚方市菊丘町18-16
収容台数:1220台
営業時間:カレンダーによる(準備ができ次第開放)
料金:普通車 1日¥1500
※閑散日閉鎖の場合あり

正面ゲートには北駐車場が最寄りですが、バスなども併用スペースでもあり、混雑日にはここが真っ先に一杯になります。

東・南駐車場にも各々入場ゲートが設けてありますが、メインエリアまでは少し起伏のある園道や階段を歩くようになります。

ただ、事前にチケット購入していないと、混み合う日には正面ゲートで長い行列に並ぶようですが、南ゲートなどはかなり混雑が穏やかな穴場。

閑散日には東・南駐車場は閉鎖され、北駐車場のみになることがあるので、シーズン外の平日などは北駐車場に向かった方がいいかも知れません。

開放時間は営業カレンダーに準じますが、準備が整った段階で、少し早めに開放されるようです。→営業カレンダー

駐車料金としては、時間設定がない1日1回1500円で、後述の通り周辺相場は1000円以下(平均971円)ですから割高ですが、小さいお子さんを連れていれば、近いことも大きなメリットになるでしょう。

ただ前述の通り、週末はお昼前からいっぱいになりますし、GWやプールも始まる夏休みなどハイシーズンには早朝から行列ができるので、できれば電車などがベスト。

もし、どうしても車で行く場合は、周辺駐車場のおさらいをして出掛けたほうがいいでしょう。

ひらかたパークの駐車場で安い・近いのは?

そこで、以下が周辺のパーキング一覧になります。※緑のアイコン

hirakataparkPK1hirakataPK2

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き状況がわかるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。環境によっては開かなかったり、直リンクできないことがあります。

パークから5~600m前後・徒歩で10分程度の圏内でピックアップしています。

前述の通り、入口ゲートは正面ほか3箇所ありますが、南と東は1箇所から入るので、実質は2箇所。

また、ご覧の通りパークの南側には駐車場がほとんどないので、周辺パーキングからのターゲットゲートは、ほぼ正面入口になります。

特に施設の性格上お子さん連れが多いかと思うので、料金にあまりとらわれずに立地・距離も考慮下さい。

そんな圏内でみると、ひらかたパーク周辺は小規模なところが多く、駐車リソースは豊富とは言えません。

直営駐車場や1kmほど離れた河川沿いの12を除けば、その合計は150台ちょっと。

東・南駐車場が満車になるような日には、周辺でも駐めるのに苦労することは明らかでしょう。

料金的には前述の通り、日中の打ち止め料金は平均971円、1時間あたりでは平均247円という相場エリア。

そこで、できるだけ手頃に日中駐められるところを拾ってみると、

<平日なら>

3.タイムズ伊加賀本町(10台/月-金 09:00-18:00 最大¥500

6.スペースECO枚方公園駅前(14台/平日 24時間まで500円

19.タイムズ伊加賀東(10台/月-金 09:00-18:00 最大¥500

<休日なら>

5.ONE PARK堤町(7台/24時間最大700円

9.東洋カーマックス枚方走谷(5台/24時間最大700円

11.リパーク枚方三矢町(10台/24時間最大700円

13.東洋カーマックス枚方北中振第2(5台/24時間最大700円

が、相場よりだいぶ手頃に駐めておけます。

やはり休日のほうが高めの相場になりますが、混雑気味であれば空いているところを見つけたら料金にかかわらず入れてしまったほうが賢明でしょう。

なお、無料でもある12.淀川河川公園枚方地区駐車場(216台)などは人気の公園駐車場なので、ひらかたパークが混み合うようなタイミングでは同様に混雑します。

場合によっては、周辺に駐車場も豊富な枚方市駅からのパーク&ライドも、有効な選択肢として検討してみて下さい。


スポンサードリンク

ひらかたパークの駐車場で予約ができるのは?

最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

競技・イベント会場周辺では今や一般的になりましたが、混雑する行楽スポットでも最適の選択肢と言えます。

ちなみに、ひらかたパークの周辺には予約できる駐車場がまあまああります。

hirakataparkPKaki

1箇所ごとの台数はわずかですが、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

→ひらかたパークの周辺で予約できるakippa駐車場

→ひらかたパークの周辺で予約できるB-Times駐車場

空いているスペースでお小遣い稼ぎをされたい方はコチラ

まとめ

関西では押しも押されぬ人気のテーマパーク・USJにも劣らない入園者数を誇る、老舗ファミリー遊園地ひらかたパーク。

施設の充実ぶりも支持される特徴ながら、「ひらパー兄さん」の愛称で知られる園長の親しみやすい運営や演出も人気の秘密です。

特にその広告や宣伝は、大手にはない味がある楽しさにあふれ、関西の人に受けている理由のひとつでしょう。

そんな親しみやすさで古くから愛される老舗の行楽スポットを訪れる際に、記事が参考になれば幸いです。

※利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。