池袋駅西口の駐車場で安い料金のおすすめ周辺マップガイド&全リスト!

39eedef07f7e4f434aae44aeacfad7b8_s

8つもの主要路線が乗入れ、一日の乗降客数が日本第2位を誇る最大ターミナル・池袋駅。

「駅袋」と呼ばれるほど駅を中心に大規模市街地を発展させてきた、新宿・渋谷と並ぶ3大副都心の一つです。

以前は地味な繁華街のイメージでしたが、今では住みたい街として上位に名を連ねる人気の街。

そこで、池袋駅東口の駐車場事情についておさらいしてみます。

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

スポンサードリンク

池袋駅西口の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

かつての寒村の原野から、鉄道敷設後は闇市の歴史なども背負いながら、駅とともに発展してきた池袋。

「ブクロ」と呼ばれ、以前の飲み屋も多い垢抜けない印象の繁華街から、今では住みたい街ランキングで上位に入る人気のエリアへと発展しています。

新宿に次ぐ264万人もの乗降者が行き交う池袋駅は、その周辺に大型商業施設や専門店、飲食店が建ち並ぶ都内有数の繁華街。

このうち東池袋側は、「西武池袋本店」や「池袋PARCO」をはじめ、「ビックカメラ池袋本店」や「LABI 1 日本総本店」もしのぎを削り合う、商業地中心の区域。

なんと言っても、池袋のランドマーク的施設「サンシャイン60」を有する「サンシャインシティ」が人気スポットであり、賑やかさにあふれたエリアです。

一方西池袋側は、「東武百貨店」や「池袋マルイ」の商業施設はもちろんありますが、池袋西口公園をはじめ東京芸術劇場や立教大学などもあり、文化的な雰囲気が漂う少し落ち着いたエリア。

例えば同じデートをするのでも、駅両側で「賑やかさ」や「洗練された大人のムード」の両方が楽しめる、そんな多彩さも池袋の大きな魅力でしょう。

ただ、いずれにしても人が集まるスポットであり、また一方通行の道が多く、さらに狭いので運転が大変なエリア。

もちろん交通量は終日多く、また意外に商業施設を除くと時間貸しの駐車スペースが多くはないので、車を使う方は駐車場事情をおさらいしておくとあわてません。

そこで、以下が池袋西口周辺のパーキング一覧になります。※赤いアイコン

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き状況がわかるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。環境によっては開かなかったり、直リンクできないことがあります。

駅から5~600m前後・徒歩で10分程度の圏内でピックアップしています。

なお東口側のパーキングも記載していますが、詳細については以下の別記事を参照いただければ幸いです。

前述の通り、基本的に常に交通量が多く、混雑が終日続く市街地なので、駐車場もある程度探さないと空きが見つからないエリアです。

特に駅周辺は、車がやっとすれ違える狭い道や一方通行が多く、やみくもに探すのは不効率なので、空き情報などを活用するのは必須です。

また、駅至近に施設が高度に集積する池袋駅では、駅から200~300m範囲には駐車場が数える程。

東口側ほどではありませんが、この西側も駅前を芸術劇場と一体化した池袋西口公園が駅前を占めるので同様です。

至近では2.池袋西口都市計画公共地下駐車場(231台)や3.タイムズプラザ(300台)あたりがメインパーキングになるでしょうか。

また、6カ所程度の100台超の駐車場を除けば、数台程度のパーキングがほとんどで、中規模クラスも多い東側と比べて満車の可能性が多くなるのも厳しいところ。

軒数や密集度はこちら側の方が高いので、やはり情報を持って探すのが賢明です。

料金的にはやはり高めの23区内相場で、1時間あたりで平均775円、日中の打ち止め料金も平均2191と、手頃とはとても言えません。

ちなみに西口側は、やはり平均で811円/h、2159円/日中上限なので、目立った価格差はありません。

そこで、車を置いて出かけたり、駅周辺でゆっくり用足しする際に、できるだけ手頃に日中駐められるところを探すと、

1.タイムズエソラ池袋(24台/月-金 07:00-23:00 最大¥1000)※月-金のみ

15.パークステーション西池袋第5(3台/当日1日最大1400円

16.ダイヤパーク西池袋2丁目(4台/24時間最大1300円

62.パークステーション西池袋第5(3台/24時間最大1300円

なら、相場よりかなり手頃な1000円代前半で駐めておけるパーキングですが、わずか4箇所程度の小さいところ。

ただ西口側は、

6.パークNET西池袋1丁目第4(6台/4時間最大1500円

7.パークネット西池袋1丁目第5(3台/4時間最大1500円

10.パークNET西池袋1丁目第2(15台/4時間最大1500円

12.パークNET西池袋1丁目(12台/4時間最大1500円

17.タイムズ池袋北口駅前第1(31台/4時間最大1500円

30.リパーク西池袋2丁目第5(4台/5時間最大1500円

といった4~5時間上限で1500円程度のところも多いので、うまく予定を調整して活用してみて下さい。


スポンサードリンク

池袋駅西口の駐車場で時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や生活利用で来た場合なら、打ち切り料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり周辺相場は1時間換算で800円程度。

とてもゆっくり駐めておけるレベルではありませんし、前述のように打ち止めで1200円程度のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、リーズナブルなところを探してみると、

15.パークステーション西池袋第5(3台/08:00-22:00 20分¥100

16.ダイヤパーク西池袋2丁目(4台/08:00-22:00 30分¥200

45.タイムパーク池袋A1(5台/土日祝 08:00-24:00 20分100円)※土日祝のみ

61.フローラStパーキング(8台/08:00-24:00 15分100円

62.パークステーション西池袋第5(3台/08:00-22:00 30分¥200

なら、1時間換算で300~400円で駐められるパーキング。

いずれも駅から南北方向(特に南)に少し離れた山手線沿いにあるので、覚えておくといいでしょう。

買物利用による無料割引などは、大型施設が多い東側に比べれるとサービス店舗が少ないので、上記のようなパーキングを活用してみて下さい。

池袋駅の駐車場で予約ができるのは?

最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

競技・イベント会場周辺では今や一般的になりましたが、混雑する駅周辺でも最適の選択肢と言えます。

ちなみに、池袋駅の周辺には予約できる駐車場が豊富にあります。

ikebukuroPKaki

1箇所ごとの台数はわずかですが、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

池袋駅の周辺で予約できるB-Times駐車場

池袋駅の周辺で予約できるakippa駐車場

池袋駅の周辺で予約できる軒先パーキング駐車場

→池袋駅の周辺で予約できるトメレタ駐車場

空いているスペースでお小遣い稼ぎをされたい方はコチラ

まとめ

2020五輪開催が決まって以来、各地域でさまざまな進化が加速している首都・東京ですが、北の副都心・池袋も大きく変わろうとしています。

西池袋のシンボルと言えば東京芸術劇場ですが、東池袋でも豊島区旧庁舎跡地に7つの劇場空間を有するビル開発が予定され、「国際アート・カルチャー都市」の実現に力が注がれる真っ最中。

東京芸術劇場と共に、巨大商業都市から一大文化芸術ゾーンへと進化が見込まれる池袋エリアを訪れる際に、記事が参考になれば幸いです。

※利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。