亀戸天神の駐車場で無料や安い周辺おすすめ地図ガイド&全リスト!

f1fa994cd6abecf09be4ce34b6888af9_s

九州太宰府の社にならって造営され、学問の神・菅原道真公を祀る天満宮として、受験生からの人気も高い亀戸天神社。

春は梅、初夏に藤の花、秋は菊花と四季折々の彩りにもあふれ、「花の天神様」としても参拝・見学者が境内にあふれます。

特に藤の見頃には、東京随一の名所として30万人の人出で賑わう連休行楽スポット。

そこで、亀戸天神社の駐車場事情についておさらいしてみます。

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

スポンサードリンク

亀戸天神の無料の駐車場の混雑は?

「亀戸宰府天満宮」とも称され、1662年に造営以来長く江戸庶民の天神信仰を支えてきた亀戸天神社。

菅原道真公を祀る学問の府として、正月や受験シーズン前後には多くの学生が境内にあふれる合格祈願スポットでもあります。

天神社にゆかりの梅はもちろん、藤や菊花の名所としても知られ、特に15の藤棚に50株以上が咲きそろう東京一の藤の名所として有名。

GWとも重なる藤の見頃前後には藤まつりも開催され、東京スカイツリーとのコラボ風景も必見です。

<基本情報>

名称:亀戸天神社
住所:江東区亀戸3-6-1
TEL:03-3681-0010

拝観料:境内無料

拝観時間:境内自由
※本殿開門6時-閉門17時
※祈願受付:8時半-16時半
※社務所受付:8時-18時

アクセス:亀戸駅から徒歩で15分程度
公式ホームページ:http://kameidotenjin.or.jp/

※亀戸天神社 学業講祭・藤まつり

期間:4月中旬~5月上旬 ※2018年は4/15-5/6
ライトアップ時間:日没~24時

後述のように境内の参拝用駐車場は20台程度しか収容できないため、公共交通機関が安心のアクセス手段ですが、最寄りの総武本線・亀戸駅や錦糸町駅からは1km程度・徒歩10分以上あるので、マイカーで行きたい方も多いでしょう。

その場合は、亀戸天神社の専用駐車場は以下の1箇所になります。※緑のPアイコン

P.亀戸天神社参拝駐車場>

住所:亀戸天神社参拝駐車場
収容台数:20台程度
利用時間:8:00-17:00
料金:宮参り・祈願・婚礼関係者等無料

普段時の平日なら駐められないことの少ない駐車場ですが、無料ということもあり、やはり週末は空いていれば幸運程度の台数規模。

何より東京スカイツリーなど人気スポットも付近にあり、休日のアクセスルートの混雑は避けられないエリアです。

特に、正月はもちろん梅や藤、菊などの祭りイベント時には早朝でもない限り、まずは駐めることは難しいでしょう。

「期間中は駐車場が大変混み合う恐れがございます。公共の交通機関をなるべくお使いいただきますよう、ご協力お願い申し上げます。」との公式サイトの注意に従ったほうが無難です。

また、もし混雑時にマイカーで行きたい方は、周辺パーキングのおさらいをしておくことが必須な準備になるでしょう。


スポンサードリンク

亀戸天神の駐車場で料金が安いおすすめは?

そこで、以下が亀戸天神社周辺のパーキング一覧になります。※紫のアイコン

kameidotenjinPK1kameidotenjinPK2kameidotenjinPK3kameidotenjinPK4

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

天神様から500m前後・徒歩で10分程度の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き状況がわかるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。環境によっては開かなかったり、直リンクできないことがあります。

ご覧のように、パーキングが多めの錦糸町駅や亀戸駅周辺に比べればだいぶ少なく、また数台程度のところも多いので、混雑時には苦労しそうなエリア。

特に至近には数台規模がわずかにあるのみであり、例えば混雑時に年配の方を連れていく場合などは、近くでの駐車が心もとない状況です。

その中で唯一頼りになりそうなスペースは2223の商業モール駐車場であり、距離的に言っても一択と言って良さそう。

買物を兼ねれば駐車料節約も可能なので、空き情報を見ながらまず覗いてみたいスペースと言えます。

料金的には、都内23区としては手頃と言っていい相場エリアであり、1時間あたりでほぼ400円(平均431円)、日中の打ち止め料金も平均1382円と、極端に高くはありません。

ちなみに住宅展示場駐車場で高め設定の19を除けば、日中打ち止め料金は平均1250円になります。

亀戸天神社はコンパクトな寺院でもあり、通常の参拝や祈願はもちろん、花祭りイベントなどをゆっくり鑑賞しても所要時間は長くて1時間程度。

露店を覗いたり、食事や休憩を入れてもせいぜい2時間あれば戻れます。

そこで、できるだけ時間料金が手頃なところを拾ってみると、

10.ナビパーク太平第2(13台/08:00-20:00 40分200円

13.ミウラパーキング太平4丁目第2(3台/07:00-20:00 20分100円

14.ナビパーク亀戸第9(2台/08:00-24:00 60分200円

21.総武自動車駐車場(35台/08:00-24:00 20分100円

29.リパーク亀戸3丁目第3(3台/08:00-20:00 40分200円

32.ミウラパーキング亀戸3丁目第8(8台/08:00-22:00 20分100円

33.ST-Park亀戸第9(5台/08:00-22:00 1時間300円

34.S.A PARKING亀戸3丁目(4台/08:00-20:00 1時間300円

35.ヤマト第7アルカディア駐車場(14台/08:00-22:00 20分100円

36.タイムスペース太平(3台/08:00-20:00 20分100円

が、相場より安い1時間換算300円以下のパーキング。

やはり代数は少なめですが、102135などの二桁クラスを中心にあたってみるといいでしょう。

ちなみに、先程もふれた、

22.タイムズオリナス・地下(408台/07:00-00:00 30分¥200)

23.タイムズオリナス・地上(438台/07:00-00:00 30分¥200)

は料金こそ相場程度ですが、最初の1時間が無料のうえ買物による割引もきき、収容力も併せて使い勝手がよくおすすめ。

もちろんなんらかの利用は最低限のマナーですが、亀戸天神を訪れる際に活用したい有力パーキングです。

ちなみに23の地上スペースは入出庫可能時間があるので、注意して利用下さい。

なお、ゆっくり過ごしたい際などに適した日中最大料金の手頃なパーキングも、リストにマーキングしておいたので、併せて参考にしてみて下さい。



亀戸天神の駐車場で予約ができるのは?

最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

競技・イベント会場周辺では今や一般的になりましたが、混雑する行楽スポットでも最適の選択肢と言えます。

スカイツリー付近は豊富ながら、まだ亀戸天神近くではあまりありませんが、近年急速に普及しつつあり、今後どんどん供給が増えるはずなので、気にしておくといいかもしれません。

kameidoPKaki

1箇所ごとの台数はわずかですが、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

亀戸天神の周辺で予約できる軒先パーキング駐車場

亀戸天神の周辺で予約できるakippa駐車場

亀戸天神の周辺で予約できるB-Times駐車場

亀戸天神の周辺で予約できるトメレタ駐車場

空いているスペースでお小遣い稼ぎをされたい方はコチラ

まとめ

地域のシンボルとも言える亀戸天神社以外にも、寺社やパワースポットが豊富な下町・亀戸。

特に、スポーツ振興の神様として参拝するアスリートも多い「亀戸香取神社」や、駅名にもなった水防祈願スポット「亀戸水神宮」など、パワー史跡にあふれた街です。

また、亀戸天神に藤や梅を見物に来た人に振るまったのが発祥とされる「くず餅」は、亀戸きっての名物として「船橋屋」をはじめ老舗店が集まります。

そんな、伝統あるスポットや名産品にあふれた亀戸を訪れる際に、記事が参考になれば幸いです。

※利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。