古川駅の駐車場で安い料金は?周辺おすすめ地図ガイド&全リスト!

かつて陸奥地方統括の拠点・奥州探題が置かれ、豊富な泉質から東の横綱にも輝く鳴子温泉郷も抱える宮城県・大崎市。

伊達家城下町としても栄え、その市街地は宮城北部の経済中心地でもあるエリアです。

東北新幹線をはじめ主要鉄道やバス交通の要衝でもある古川駅は、その玄関口として賑わう主要駅。

そこで、古川駅周辺の駐車場事情についておさらいしてみます。

Photo by Furukawa-stn.JPG / CC表示-継承3.0

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

スポンサードリンク

古川駅の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

奥羽山脈から注ぐ豊かな河川と肥沃な大地が生む、四季の食材や天然資源・風土文化にあふれる宝の都・大崎。

東北の地を司ってきたさまざまな歴史と伝統文化を受け継ぎ、宮城第2位を誇る市域北部には名湯・鳴子温泉挟を有する観光都市でもあります。

最近では、行政を中心にさまざまな支援事業が実を結ぶ、人気の居住・定住エリア。

ササニシキ発祥の地でもある古川地区には新幹線玄関口・古川駅を囲む市の中心エリアが広がり、広域移動客の足として多くの人も行き交う市街地です。

近年の再開発で複合施設型シネマコンプレックス「リオーネ古川」や大型商業施設「イオン古川店」なども賑わう繁華エリア。

ただ、車移動が中心の地域性であり、震災後の道路インフラの整備が進むなか、昔ながらの街並みも駅前に見かけられ、道路も狭いのが難点。

交通量もそれなりにあるの神経を使いますし、駐車場軒数も決して多いとは言えないので、車を使う方は駐車場事情をおさらいしておくとあわてません。

そこで、以下が古川駅周辺のパーキング一覧になります。

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

古川駅から5~600m前後・徒歩で10分程度の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き状況がわかるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。環境によっては開かなかったり、直リンクできないことがあります。

ご覧のように、再開発が進む駅西側を中心に駐車場が集まり、東側にはコインパーキングはほとんどありません。

ただ、この地域の核となる1.パラカ古川駅前(377台)や、買物・生活利用の中心になる10.イオン古川店駐車場(1800台)はこちら側になりますし、全体としても軒数はそれほどではありませんが、収容力に優れたところが多いので不足感はありません。

また、利用する施設に無料駐車場がある場合がほとんどであり、駐車に苦労することは少ない印象です。

料金的にも、1時間あたりでほぼ200円(平均184円)、日中の打ち止め料金も平均448円とまあまあ手頃。

そこで、車を置いて出かけたり、駅周辺でゆっくり用足しする際に、できるだけ手頃に日中駐められるところを探すと、

4.ダイヤパーク古川駅東(約20台/24時間まで300円)※前払式・軽小型専用

9.リパーク古川駅前大通4丁目(12台/08:00-17:00 最大料金300円

20.ニッシンパーク古川駅前第3(台数情報なし/08:00-20:00 最大料金300円

が、ワンコインを切る割安パーキング。

ただ、上限がある駐車場のほとんどは500円以内であり、無理に遠いところに駐めるのなら、目的地近くで駐めたほうが世話がない気もします。


スポンサードリンク

古川駅の駐車場で無料や時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打ち切り料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり周辺相場は1時間換算で200円弱。

ただ、前述のように上限で500円以内のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、リーズナブルなところを探してみると、

8.NPC24H古川駅前(42台/終日60分100円

9.リパーク古川駅前大通4丁目(12台/終日60分100円

11.プエルタ駐車場(123台/終日1時間100円

13.パーキング101(約50台/終日60分100円

18.ニッシンパーク古川駅前第1(台数情報なし/08:00-20:00 60分100円

19.ニッシンパーク古川駅前第2(26台/08:00-20:00 60分100円

20.ニッシンパーク古川駅前第3(台数情報なし/08:00-20:00 60分100円

21.東昭駐車場(102台/終日1時間100円

が、1時間で100円のパーキング。

また、最初の時間帯に無料時間があるのが、

2.リパーク古川駅ピボット(43台/最初30分無料

10.リパーク東北銀行古川支店(6台/最初30分無料

14.リオーネふるかわ駐車場(約300台/最初1時間無料

15.リオーネふるかわ第2駐車場(66台/最初1時間無料

16.大崎市営駐車場(駅北側)(40台/最初30分無料

17.大崎市営駐車場(駅南側)(29台/最初30分無料

送迎や待合せ・買物や用達しなどに活用ください。



古川駅の駐車場で泊りや連泊・予約ができるのは?

最後に、古川駅は新幹線乗車駅なので、仕事や旅行に泊まりで出かけるケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

古川駅には、中里口前に列車利用で割り引かれるパークライド駐車場があったという情報はあるものの、詳細の確認には至りませんでした。

ただ一般的なコインパーキングでも、24時間で繰り返しOKな打ち止め料金があれば、手頃に日をまたぐ駐車が可能であり、条件に合うパーキングでなるべく手頃に長く駐められるところを挙げると、

8.NPC24H古川駅前(42台/24時間毎400円

は、あまり長期間の際は確認要ですが、連続して最大料金が適用されるパーキング。⇒詳細ページ

また、

1.パラカ古川駅前(377台/24時間最大500円

は、連続10回まで最大料金が繰り返されるので、長期出張や旅行に便利なところ。

収容力や駅前の立地を考えると、ここが最も利便性が高くおすすめです。

日数に応じて、上記を中心に覚えておくと便利でしょう。

また、最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきており、まだ古川駅周辺ではあまりありませんが、近年急速に普及しつつあり、今後どんどん供給が増えるはずなので、気にしておくといいかもしれません。

古川駅の周辺で予約できる駐車場

空いているスペースでお小遣い稼ぎをされたい方はコチラ

まとめ

なんと言っても大崎市で観光の見どころと言えば、記事でもふれた鳴子地区。

古くから湯治場として、日本で11ある泉質のうち9種湯巡りが楽しめる温泉郷や、大谷川が刻んだ深さ100メートルにおよぶ大峡谷の景勝が圧巻の観光エリアです。

特に紅葉におおわれる秋季が人気で、普段無料の鳴子峡中山平側駐車場は有料になり、アクセスルートの国道47号も渋滞が激しくなります。

そんな混雑シーズンには、古川駅からJR陸羽東線で向かうのも安心なアクセス方法になるので、記事も参考にお出掛けください。

※利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。