滝行が泊まりで体験できる関西のスポット!女性におすすめは?

c2c3b7d4aab8d2245719481913350de4_s

修行経験が今、注目を集めています。

坐禅や写経などポピュラーなものから断食や火渡りなどの厳しいものまで多岐にわたりますが、近年その効果でやってみたいと人気なのが滝行でしょう。

女子にも人気が高く、日帰りプチ修行から本格的に取り組む方までさまざまです。少し過酷さを伴う体験だけに、できれば泊りがけでチャレンジしたいところですが、可能なところはそれほど多くはありません。

そこで今回は、主に関西方面で泊りがけで滝行を体験できる宿坊や施設を探してみました。

スポンサードリンク

法華寺は兵庫で滝行が泊まりで体験できるスポット!

<円融山法華寺>

兵庫県の北部、日本海に近い自然豊かな豊岡市にある法華寺は荒行でも知られた日蓮宗のお寺です。1918年建立の古刹で、守護神を鬼子母神としていることから「赤鼻鬼子母神」という名前でも広く知られています。

そのご利益は子授け・安産や子育てで霊験あらたかで、毎年4月に裏鬼門にあたる神瀧山山頂の奥の院に祀られる鬼子母神像を寺本堂に移し、盛大に鬼子母神大祭が開催されます。ご利益を期待し近隣のみならず京阪地方一帯から訪れる方も多く、険しい山道も苦にせず参加されます。

滝行は「命かがやけ道場」と称される修養道場の修業として行われ、場所は前述の神瀧山頂奥の院、神瀧の滝です。半日コースも設けられていますがメインは1泊2日修養道場コースで、

・読経
・滝での水行
・写経
・お参りや聞法

などを2日にわたって修養します。

主な流れ(目安)は

1日目:13:30 法華寺に集合して修行場へ向け出発
    滝行後奥の院清掃や成就祈願
    
    16:00 法華寺にて写経や聞法の集い
    住職さんと語り合う時間です

    夕方 夕食・入浴

    20:00 聞法の集い

2日目:7:00 朝のお勤めや本堂・境内の清掃

    8:00 朝食後解散

になります。

1353647328
出典:公式サイト

料金の5,000円に宿泊と夕食代は別途で、少人数でしたら希望すればお寺にも宿泊(10,000円)できますが、基本的には以下のような近くの農家民宿や温泉施設に泊まる形になります。またお寺に宿泊しても、入浴や夕食は外でお願いしているようです。

農村体験八平/農家民宿八平だるま
住所:豊岡市但東町赤花457
TEL:0796-56-1116
料金:大人(中学生以上)1泊2食付6,500円
   ※予約制
公式サイト

農家民宿/善
住所:豊岡市但東町奥藤809-1
TEL:090-9042-3031
料金:1泊2食付き  8,800円
   ※予約制
公式サイト

ホテルシルク温泉やまびこ
住所:豊岡市但東町正法寺165
TEL:0796-54-0141
料金:6,000円~(プランによる 要予約)

ちなみに朝食に限っては朝のお勤めもあるので、宿と往復しなくてもお寺で用意してくれます。

滝行の行衣については貸し出ししてくれますが、特に女性の方は透けるのを防ぐ意味でも水着やTシャツが必要で、もし冬なら長靴も必要です。

もちろん申込みは事前に予約する必要がありますので、是非問い合わせしてみてください。

<円融山法華寺>
住所:兵庫県豊岡市但東町赤花398
TEL:0796-56-0523
e-mail:kishimojin@ares.eonet.ne.jp
アクセス:JR豊岡駅・JR福知山駅下車、車で約50分
     和田山インター・福知山インターより約50分
公式サイト

滝行を広島で体験できる泊まりスポットで野呂山は?

<野呂山 地蔵堂 断食道場 知足庵>

58歳で出家し修業の後阿闍梨になられた柚原康峰和尚が勤める、真言宗の修業道場が知足庵です。広島県呉市の自然豊かな瀬戸内海国立公園・野呂山を行場とし、主に滝修行・護摩行・回峰行を柱に修行を行っています。

広い意味で生き方の道を導く目的で修行希望者を受け入れており、滝行のみの日帰り修行もありますが、泊りがけで受ける修行は断食を入り口に3泊4日~5泊6日を標準期間として滝修行・回峰行・写経・瞑想等をひと通り体験する本格的なものになります。

20090830shiraito2
出典:公式サイト

公式ホームページでも記されている通り「日本一厳しい断食道場」を目指しているので、ある程度の覚悟を持って申し込む方がいいでしょう。
それでも女性で、しかも20歳代の方が多いそうです。

前述のとおり修行は4日から6日間かけて行われ、朝の勤行から写経・瞑想・回峰行やもちろん滝行など幅広く、修行中は口に入れられるものは人参ジュースだけと厳しいものになります。

費用は5泊6日の期間で標準的な内容でしたら30,000円程度が目安になります。行衣レンタル費のほか大体の経費も全て入っての目安です。

部屋着などや最低生活用品は必要ですが、申し込む際は確認ください。特に冬季は部屋がかなり冷え込むので防寒着は必須になります。

基本的には365日いつでも受け入れているので、電話やメールで希望日数や予定、不明点などを問い合わせるといいでしょう。
修行パンフレット(PDF)

最後に公式サイトでの「お願い」を記載しておきますので、十分理解のうえ検討してみてくださいね!

中途半端な気持ちでの参加はご遠慮下さい、お断りします

何か得るものがあるだろうと参加されても、誰も何も教えてはくれません

ここは自分で欲し、自分で掴み取る為の”修行の場”です

<断食道場 知足庵>
住所:広島県呉市安浦町中畑小路509-42
TEL:0823-87-0033
e-mail:info@takigyo.jp
アクセス:JR広駅下車 送迎あり
公式サイト


スポンサードリンク

滝行を三重で体験できる泊まりスポットの赤目とは?

<赤目四十八滝>

前述の「知足庵」さんが妥協を許さない宗教体験として自分を見つめなおす荒修行だとしたら、「赤目四十八滝」さんはどちらかと言うとアクティビティ体験として位置づけられるでしょう。

忍者修行の里と形容された総合的な体験宿泊施設で、三重県長坂山の自然豊かな赤目渓谷でハイキングを中心に子供向けの自然観察施設や地域ならではの食材レストラン・食堂、宿泊・日帰り温泉施設など総合レジャーエリアとして人気を集めています。

中でも体験イベントとして評判なのが各種ツアーで、季節に応じて忍者修行体験、冒険ツアーなどさまざまなジャンルのツアーが組まれています。

滝に打たれることができるツアーもあり、「滝に打たれて自分をみがくECOツアー」と題し10月31日(6/1~)までエリア内の「大日滝」で滝行が体験できます。

時期によって水量が違いますが、アクティビティと言っても赤目四十八滝はもともと修験道者の修行の地でもありますから、決して安易なものではありません。滝自体も遊歩道からはずれて急な山道を10数分程度登った場所にある幻の滝と謳われたものなので、心構えはして申し込んで下さい。

滝行自体は9:30に受付後10:00より出発して始められ、12:30に帰着後各自で温泉入浴する流れになります。

滝行体験風景①

滝行体験風景②

費用は入浴費込みで3,000円程度で、白装束・足袋・わら草履・滝行用タオルは貸し出ししてくれます。移動時は動きやすい服装で荷物を入れる大き目のバッグ、バスタオルはあったほうがいいでしょう。
また、行衣の下に着ける水着も用意してください。特に女性は透け防止の意味でも忘れないようにしてください。

申込みは2日前までにTEL/FAXか予約フォームからお願いします。

<赤目四十八滝>
団体名:特定非営利活動法人赤目四十八滝渓谷保勝会
住所:三重県名張市赤目町長坂861-1
TEL:0595-63-3004

問合せ等
NPO法人赤目四十八滝渓谷保勝会エコツアーデスク
住所:三重県名張市赤目町長坂682
申込みTEL/FAX:0595-64-2695
e-mail*ecotour@akame48taki.com

尚、滝行自体は宿泊とセットのプランではありませんので、このエリア内の温泉に予約して宿泊する形になります。

近隣の宿泊施設は、以下の3箇所が滝に最も近くておすすめです。

赤目温泉 隠れの湯 対泉閣

赤目滝 四季の宿 滝本屋

アカメグリーンビレッジホテル
公式サイト:http://www.akame-gvh.com/

まとめ

以前紹介しました関東のスポットに劣らず、関西の滝行スポットもおのおの違った個性を持つお寺・施設と言えます。

やはり修行の本格度では、「知足庵」>「法華寺」>「赤目四十八滝」の順番になるでしょうか?それぞれニーズに応じた魅力を持っている場所なので、自分の目的に合ったスポットでぜひ滝行体験をしてみて下さい!

⇒泊まりで滝行を関東で体験したい!
「滝行がしたい女性におすすめ!宿坊がある関東のお寺をまとめ!」

⇒滝行のことをもっと知りたい!
「滝行の作法や衣装・効果など女性のための攻略ガイド!」

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。