国分寺の駐車場で安い料金は?おすすめ周辺マップガイド&全リスト!

Kokubunji-Sta-S-201404

豊かな住環境と都心への好アクセスが人気の中央線の沿線。

中でも、地価が安く便利さや住みやすさで穴場とも言えるのが、武蔵野エリアの高級住宅地「国分寺」です。

古刹も多く、名水が湧くほどの自然も自慢の「水と歴史の文化都市」。

開発が今も進む国分寺駅周辺は、駅ビル施設を中心に大いに賑わいますが、車で行く際は駐車場が気がかりのひとつ。

そこで、国分寺駅エリアの駐車場事情について、おさらいしてみましょう。

Photo by Nyao148 / CC表示-継承3.0

スポンサードリンク

国分寺駅の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

聖武天皇治世時に創建された、水利に恵まれた文化宗教の中心地「武蔵国分寺」を発祥とする国分寺。

都心や吉祥寺・立川へも10~20分の好立地の一方で、疎水や古刹が今なお残る静かな佇まいの街並みが魅力のエリアです。

また学術・研究都市の顔も持ち、大学や研究所が立ち並ぶ活気ある街としても知られています。

今も北口を中心に開発が進む国分寺駅周辺は、有名チェーンが多数入る駅直結の商業施設に加え、多くのスーパーや店舗が軒を連ね、利便性も抜群。

ただ、朝夕・週末は駅や店舗を利用する客の出入りも多く、混雑気味の市街地なので、車を使う方は駐車場事情をおさらいしておくとあわてません。

そこで、以下が国分寺周辺のパーキング一覧になります。

kokubunziPK1kokubunziPK2kokubunziPK3

駅から5~600m前後・徒歩で10分程度以内の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

ご覧のように、駅両側とも企業の研究所や自然公園が広い範囲を占有し、住宅街も迫るので、市街地もコンパクトにまとまります。

買物も駅周辺に限られ、駐車場も繁華街が広がる南口に密集しますが、再開発ビルが建ち上がった北口側も今後は増えるかもしれません。

核となる駐車スペースは、ほぼ駅ビル付属の1.国分寺ターミナルビルパーキングセンター(430台)の一択と言ってよく、他は小さいパーキングがほとんど。

ただ、買物時の割引はありますが、長く駐めるのには不向きの料金なので注意して下さい。

では料金相場はというと、賃借料が手頃な地域としては少し高め。

1時間あたりでは400円がメイン価格帯(平均371円)ですし、日中の最大で言えば平均1323円と、千円を超えます。

ただ、これでも沿線人気エリアの中では安い方です。

そこで、車を置いて出かけたり、駅周辺でゆっくり過ごす際に、できるだけ手頃に日中駐められるところを探すと、

19.コインパーク国分寺南(13台/08:00-18:00 最大900円

21.タイムズ国分寺南町第6(10台/24時間最大900円

26.コムパーク国分寺南口(9台/24時間最大800円

33.NTTル・パルク国分寺第1(3台/24時間最大800円

38.松風駐車場(8台/24時間最大900円

が、なんとか1000円を切るパーキング。

やはりどうしても駅からはいくぶん遠めにはなりますが、長く駐める際に駐車代節約をしたい方は、覗いてみて下さい。

また、6時間程度で済む用足しなら、

34.コインパーク国分寺テニス&フットボールパーク駐車場(46台/月-金 6時間最大600円)※平日のみ

42.国分寺FSパーク(16台/6時間最大500円

という選択肢もあるので、うまく使い分けるといいでしょう。

国分寺の駐車場で時間料金が安いのは?

ちょっとした仕事や生活利用で来た場合なら、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場はほぼ1時間換算400円程度。

用足しが延びると、すぐ1000円をオーバーしますし、前述のように上限で1000円以内のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、よりリーズナブルなところを探すと、

21.タイムズ国分寺南町第6(10台/08:00-22:00 60分¥200

35.ecoPARK No.6 東元町3丁目(4台/終日60分200円

38.松風駐車場(8台/終日60分200円

39.国分寺SSパーク(5台/終日60分200円

なら1時間換算で200円ですが、やはり距離があり規模も小さいのが厳しいところ。

駐車コストが節約できる手頃な買物割引サービスもあまりないことから、そこそこある1時間300円程度のところも含め、200~300円程度で良しとするエリアです。


スポンサードリンク

国分寺の駐車場で泊りや連泊が安いのは?

最後に、都心にも近いエリアなので、電車やバスで出かけて1泊2日以上駐めたいケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

国分寺駅には列車利用で割り引かれるパークライド駐車場はありませんが、一般的なコインパーキングでも、24時間で繰り返しOKな打ち止め料金があれば、手頃に日をまたぐ駐車が可能です。

条件に合うパーキングで、極力手頃に長く駐められるところを挙げると、

21.タイムズ国分寺南町第6(10台/24時間最大900円)

は、48時間(1泊2日程度)までは駐められるパーキング。

さらに、

30.リパーク国分寺本町四丁目アパート駐車場(8台/24時間最大1100円

なら、料金は少し上がりますが、最長7日間まで駐車可能です。

日数に応じて、長期出張や旅行の際に覚えておくと便利でしょう。

まとめ

国分寺は、「国分寺崖線」というガケ(ハケ)が豊かな風景を生み出しているエリア。

特にその地形を巧みに活かしたスポットが「都立殿ヶ谷戸庭園」の回遊式林泉庭園です。

四季折々に風情あふれた眺めは必見で、中でも紅葉亭から見下ろすイロハモミジと池の眺めは絶景。

中央線駅から4~5分という手軽な立地の紅葉狩りを計画する際にも、記事が参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。