大磯の駐車場で無料や安い料金は?おすすめガイドマップ&全リスト!

かつては明治政財界人の奥座敷別荘地として知られ、今では夏を象徴する湘南レジャースポットのひとつとして人気の大磯町。

特に大磯海水浴場は、日本ではじめに開設された海水浴場施設として長く愛され、湘南平の東側に位置するハイキングスポット・高麗山/高麗神社などとともに、行楽客で賑わいます。

そこで、大磯エリアの周辺駐車場についておさらいしてみます。

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

大磯海水浴場/基本情報

名称:大磯海水浴場

所在地:神奈川県中郡大磯町北浜海岸
電話:0463-61-4100(大磯町役場)

開設期間・時間:
7月最初の日曜日~8月最後の日曜日
8:30-17:00

入場料金:無料

アクセス:大磯駅より徒歩で約10分

駐車場:あり ※一覧マップ1・2

公式ホームページ:
https://www.aquarium.co.jp/index.php(大磯町観光情報サイト)

概略:

夏休みには大人気の大磯海岸は、大磯駅からも600m・徒歩約10分と交通アクセスの便がいい海水浴スポットだが、子供連れや荷物の多い行楽ゆえに、車で行きたいスポットでもある。

その際、車でアクセスするほとんどの方が目標にするのが、大磯港の2つの県営駐車場(12)であり、合計で350台ほど収容できるもののハイシーズンには昼近くに満車のケースが普通で、代替え駐車場として定番の3も例外ではない。

大磯駅前と海岸の間には、国道沿いを中心にコインパーキングが点在するが、いずれもミニマムな規模になるので、県営スペースが一杯になる際は周辺も運任せになる。

そんな料金うんぬんを言っていられないタイミングでは、下記一覧地図などを参考に、空いているところがあれば入れてしまうことをおすすめする。

料金相場としては、1時間あたり300円、日中上限が1200円程度と考えておけば間違いなく、終日楽しむような海水浴であれば、1000円以上は覚悟しておくよう。

そういう意味では、県営駐車場は近い立地のわりには手頃な料金と言え、トイレやシャワー施設も完備するの、早い時間に来てでも確保できるとベター。

その際できれば、ガード下に少しかかる第1の方が日差しもやや遮られ、設備も充実するのでおすすめ。

もし、料金で選ぶ余裕があるようなら、役場閉庁日(土日祝日)に限るが、大磯町役場駐車場(11)がベスト。

無料とまではいかないが、それでも1回300円と、この界隈ではダントツに安い。

他には、立地も悪くなく土日祝に800円で駐めておける6などもあるが、このエリアでは1000円ちょうどくらいなら安い部類のスペースと判断していいだろう。

基本的に大磯海水浴場付近で無料利用できる駐車場はないが、もし2kmくらいはへっちゃらという方は、大磯ロングビーチ近くに1ヶ所ある。

大磯城山公園のスペースだが、第1・第2・旧吉田茂邸の3ヶ所あり、このうち第2のみ全曜日で無料。

ただ、第1と旧吉田茂邸は土日祝が有料なので注意で、地図には記載しないが、詳しくはHP参照のこと。

大磯エリア/駐車場一覧マップ

1  2  3  4  5  6  7  8

9  10  11  12  13  14  15  16


スポンサードリンク

1.大磯港第二駐車場

海水浴やサーフィン・海釣りの駐車拠点としては最も定番の県営スペース。国道の海側にあるので、子供連れでも道路を渡ることなく砂浜へ行くのも楽だが、場内設備はやや第1の方が上。

住所 神奈川県中郡大磯町大磯
営業時間 4-9月 4:00-22:00 10-3月 5:00-22:00
収容台数 239台/平地
時間料金 普通車 終日 1時間¥310
大型車 終日 1時間¥620
二輪車 終日 1時間¥160
最大料金 普通車 1日上限 ¥1,020
大型車 1日上限 ¥2,060
二輪車 1日上限 ¥520
URL 該当ページ
備考 別途寄付金(緑化協力金)¥20要

一覧マップへ

2.大磯港第一駐車場

海水浴やサーフィン・海釣りの駐車拠点としては最も定番の県営スペース。国道の陸側にあるので、子供連れだと交通量の多い道路を渡るのがストレス。ただ場内設備はやや第2より充実し、なんと言っても国道下の日差しが遮られる区画は真夏には助かる。

住所 神奈川県中郡大磯町大磯
営業時間 4-9月 4:00-22:00 10-3月 5:00-22:00
収容台数 114台/平地
時間料金 普通車 終日 1時間¥310
大型車 終日 1時間¥620
二輪車 終日 1時間¥160
最大料金 普通車 1日上限 ¥1,020
大型車 1日上限 ¥2,060
二輪車 1日上限 ¥520
URL 該当ページ
備考 別途寄付金(緑化協力金)¥20要

一覧マップへ

3.大磯海水浴場前パーキング

国道を挟んで海水浴場の真ん前の好立地で、砂浜へも道路をくぐってすぐの定番駐車場。ただ夏休み期間は特定料金になるし、満車のことが多い。

住所 神奈川県中郡大磯町大磯1982−1
営業時間 24時間営業
収容台数 22台/平地
時間料金 60分200円
最大料金 24時間最大¥1200(繰返しあり)
URL
備考 ※夏期(7/下~8/下)60分400円 最大なし

一覧マップ

5.TKパーク

台数はミニマムながら、昼間の上限料金が全曜日で1000円ちょうどの割安。砂浜までの立地も悪くはない。

住所 神奈川県中郡大磯町大磯1073-2
営業時間 24時間営業
収容台数 3台/平地
時間料金 20分100円
最大料金 (昼間)8:00-20:00 ¥1,000
(夜間)20:00-8:00 ¥400
URL
備考

一覧マップへ

6.リパーク大磯

国道沿いのリパークで、土日祝の日中に限ればコインパーキング中で最安値。空き状況も事前につかめるので、週末であればまずチェックしたい。

住所 神奈川県中郡大磯町大磯1108
営業時間 24時間営業
収容台数 9台/平地
時間料金 平日
09:00-17:00 30分 200円
17:00-09:00 40分 200円
土日祝
09:00-17:00 40分 200円
17:00-09:00 40分 200円
最大料金 【土日祝】9:00-17:00以内 最大料金800円
【全日】17:00-9:00以内 最大料金300円
URL 該当ページ(満空情報あり)
備考

一覧マップへ

11.大磯町役場駐車場

平日はもちろん来庁者用だが、閉庁日の土日祝日(年末年始も)に限って格安で開放している役場スペース。それほど収容力があるわけではなく、残念がら無料という訳にはいかないが、それでも激安に駐めておけるので、ダメ元で1度覗いてみたい。

住所 神奈川県中郡大磯町東小磯183
営業時間 土日祝日・12/29~1/3
7-9月 7:30-20:00  10-6月 8:30-17:00
収容台数 約30台/平地
時間料金
最大料金 1回300円
URL 該当ページ
備考

一覧マップへ



13.パーキングスペース大磯町第1

駅前からは東側に離れるが、海岸まではそう悪い立地ではなく、日中1000円で駐めておける貴重なパーキング。ただ収容台数はわずかなので、アクセスルートの途中であれば覗いてみるといいだろう。

住所
神奈川県中郡大磯町大磯1862
営業時間 24時間営業
収容台数 4台/平地
時間料金 8:00-22:00 20分100円
22:00-8:00 60分100円
最大料金 8:00-22:00 最大1000円
22:00-8:00 最大500円 ※最大は繰返しあり
URL
備考

一覧マップへ

16.リパーク大磯第2

リストアップ中では海岸との立地条件は最も悪いが、時間料金、最大料金ともに安値のリパーク。1km程度は歩いても大丈夫であれば、混雑時期に空いている可能性が高いスペースとして、空き情報を見ながら活用したい。

住所 神奈川県中郡大磯町東小磯40−9
営業時間 24時間営業
収容台数 3台/平地
時間料金 08:00-20:00 30分 100円
20:00-08:00 60分 100円
最大料金 24時間以内1000円 ※最大料金繰返し適用
URL 該当ページ(満空情報あり)
備考

一覧マップへ

大磯エリアの予約可能パーキング

混雑が常態化している行楽エリアなどでは、近年普及しつつある駐車スペースの予約サービスを考えてみるのもひとつの手である。

大磯の周辺には主に海岸から東側のエリアに点在し、やや遠めだが格安に利用できる。

早めに日程などが決まっているようなら、確保してしまうというのも安心してアクセスできる一つの方法と言えるだろう。

大磯エリアで予約できるB-Times駐車場

大磯エリアで予約できるakippa駐車場

大磯エリアで予約できる軒先パーキング駐車場

まとめ

日本の海水浴場発祥地であり、今では古き良き海水浴スポットといった感があるので、江ノ島近辺のおしゃれなエリアに比べると混雑はいくぶん穏やかで、穴場と言える。

そのためシーズン外はもちろん、海開き時期も人でごったがえす海岸ではないが、お盆休みの頃はやはりかなり混み合うので、海水浴場が開く8時半前を目安に出かけたい。

※利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒希望エリアの駐車場探しなら全国パーキング地図&一覧リスト

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。