ホワイトデーのお返しで母親には小物や取り寄せスイーツがおすすめの訳!

9074812aa3d5df31329709b60a0ff9b8_s

バレンタインデーも彼女からとは限らず、周りからちょとしたチョコを貰います。職場の子、義理・実の母親、娘や妹とさまざまです。

お返しする相手によって気の使い方は違いますが、実の母親に対しても一見気楽に思えても、案外なんでもいいというわけではありません。

お母さんに対しては、どんなものをお返しするのがいいのでしょうか?

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しで母親には?

マメで賢いお母さんは、バレンタインデーなども息子にちょっとしたチョコをあげて、家族間の潤滑油に利用します。当然息子さんだってせっかくホワイトデーというものがあるので、サラッとお返ししてあげたほうが、お母さんも気持ちがいいですよ。

よく、本来恋愛ごとのイベントに母親に贈るのってどうなの?と思う息子さんがいますが、考えすぎです。TPOを考えて贈れば、生活のアクセントになって楽しいことなんですから、どんどんやればいいんです。

ただ、今触れたとおりにTPOは大事です。日頃の感謝を伝える「母の日」や欲しいものがメインテーマの「クリスマス」、お祝いの気持ちを表す「誕生日」などとは違うわけですから、あまり大げさなことをする機会ではありません。

あまりメッセージ性のあることや凝った贈り物はベターっとしてしまうので、さり気なく軽いノリでサラッとしたほうがお母さんも重く感じず、いいでしょう。奮発するのは誕生日など別の機会に取っておきましょう。

だいたい、恋愛中の彼女との間のことは何でも全力でやって正解ですが、家族間となるとどこか経済観念も働くもの。

日頃どんな親子関係かにもよりますが、息子からもらうものはなんでも嬉しい半面、物によっては「もったいない」とも思ってしまいます。それは、イコール息子にいらぬ無理をさせたという気持ちでもあります。

例えばホワイトデーコーナーの何千円もするチョコなどは、母親の好き嫌いにもよりますが、質はいいにしてもコストパフォーマンスが悪く感じてしまいます。
現に、母親が「ああいうのはもったいないからいいわよ」と何回か言っていた事があります。

よく相場は?という話になりますが、大事なのは趣旨や目的に沿っているかということ。ちょっとしたお返しと感じてもらえるものなら、金額はさほど気にする必要はありません。

では、そんな「ちょっとした軽いお返し」には何がいいでしょうか?

ホワイトデーのお返しで母親におすすめのタオルや小物は?

もっともポピュラーで無難なものでよく挙がるのは「タオル類」です。
ホワイトデーに限らず、相手に負担を感じさせないプレゼントで鉄板のアイテムは、ハンカチやハンドタオルなどタオル類でしょう。

品物自体よりは「お返し」という意味合いですから何でもいいのですが、できたらありきたりなものより、さり気なく上質なものの方がいいかなと思います。

もちろん渡すときに能書きなど言わず、あとで「あれ、すごく使い心地良かったけどどうしたの?」と言われるくらいが粋な渡し方です。

普段お母さんは、家族が使うものには気を使うのに、自分のものは節約してしまうものです。そんなお母さんに、よく使うもので自分では買わないものを贈るのも、軽い気遣いでなんとなくうれしいものです。

色々ありますが、例えば「ハンドクリーム」はいかがですか?
よく、もうほとんどなくなっているのに容器からこそぎ取るように使っているのを見て、「もういい加減に新しいのを卸したら」というと「まだ、大丈夫よ」と言った母親を覚えています。

そんな習性を持つお母さんに、ちょっと高級なハンドクリームをプレゼントしてあげると喜んで使ってくれるに違いありません。

「あんたにもらったあれ、やっぱり高いのはいいわね」なんて言って貰えれば、贈った甲斐があるというものです。

以上のように、やはりさり気なく贈れて何なんとなく嬉しいという意味では、実用的な日用品が無難ではと思います。大げさではなくお母さんも気楽に受け取れて、毎日の生活の中でちょっとした気持ちよさを感じられるからです。

試しに生活必需品や日用品に「ちょっといい」という言葉を付け加えてみてください。

「ちょっといいシャンプー」
「ちょっといい入浴剤」
「ちょっといい調味料」・・・

そんなものを探して贈ってあげると、センスがある、いい息子を演じられるでしょう!


スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しで母親におすすめの取り寄せスイーツは?

やはり甘いものは、女性にとって男性とはまったく違う意味を持つものです。

とは言え先程触れたように、包装代が高くついているような特設コーナーのギフトチョコは、お母さんはもったいなさのほうを先に感じてしまうもの。

それくらいなら、近所や会社帰りの途中にある、前から気になっていたシュークリームや、美味しいと評判のケーキを、別にラッピングなどせずに、いくつか買ってあげた方がきっと喜びますよ。

ところで、よくテレビを見ていて「あれ、美味しそうだよねー」とお母さんが言っていることはありませんか?いわゆる「テレビで話題のお取り寄せスイーツ」というものです。

特に年配の女性は「お取り寄せ」というキーワードに弱いですから、どうせ甘いものを贈るなら内容重視のそんなジャンルがいいではないでしょうか?うまくはまれば、「あー、これ前から1度食べてみたかったのよねー!」と喜んでくれるかもしれませんよ。

その時々のトレンドによるので、おすすめは難しいですが、例えば最近ではという意味でいくつかあげてみましょう。

みかんが特産の静岡のスイーツで、テレビ東京「所さんの学校ではおしえてくれないそこんところ」で紹介され人気になった銘菓の「みかんまんじゅう」。

包装もみかん箱、おまんじゅうもみかんそっくりで楽しいですが、食べてもみかんの芳醇な香りが美味しいと評判の取り寄せ和菓子です。

神田沙也加さんや江角マキコさんが絶賛の「Amario」というお店の濃厚チーズケーキで、たっぷりクリームのくちどけ食感は癖になるとリピーター続出です。値段も手頃なので、美味しかったらまた買ってあげられるのも○です。

オレンジページなどでも取り上げられて火がついた、モンドセレクションも受賞したロングベストセラーのバウムクウヘンの逸品が「黄金バウムクーヘン」です。

卵・はちみつ・和三盆・小麦粉など材料に徹底的にこだわった、名前の通り黄金色のバウムクーヘンは話題性も十分なので、お母さんと一緒に舌鼓をうつと、楽しいひとときになるはずです。

こんなものを、「なんか話題になってるらしいよ」とさり気なく食べさせてあげると、お母さんも喜ぶかもしれませんね。

まとめ

やはり、ホワイトデーでのお母さんへのお返しは、実を取ったさりげないものがおすすめです。間もなく母の日も近いことを考えると、あまり張り切ってしまわない方がいいでしょう。

あまり大げさに「日頃の感謝を込めて」というよりも、「これ、この前のチョコのお返し」とぶっきらぼうに手渡すくらいがちょうどいいと思いますよ。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。