名古屋港水族館の駐車場の安い・近いがわかる周辺おすすめ完全ガイド!

f9204e872387a3ca243dd9f5e84edef8_s

大型海洋生物も多く飼育され、大型プールでのイルカのパフォーマンスも人気の「名古屋港水族館」。

特に子供には大興奮するショーや展示が多いので、休日には多くの家族連れが詰めかけます。

そこで、我が子にも見せてあげようと予定をしても、気がかりは駐車場のこと。

そんな方のために、名古屋港水族館周辺の駐車場事情を徹底調査しました。

スポンサードリンク

名古屋港水族館の駐車場の混雑や料金は?

<名古屋港水族館 基本情報>

住所:名古屋市港区港町1番3号
TEL:052-654-7080
営業時間:通常9:30~17:30(季節で終了時間変動)
休館日:毎週月曜日※祝日の場合は翌日 臨時休館あり
入館料:大人2000円 小中1000円 幼児(4歳~)500円
公式ホームページ:http://www.nagoyaaqua.jp/

名古屋港水族館は、車でのアクセスが条件的に極めて厳しいスポットです。

理由はいくつかありますが、何と言っても一番の理由は、混雑時の近隣駐車場の少なさがあります。

もちろん名古屋港水族館には、専用ではありませんが、公式駐車場と呼べるものがふたつあります。

①ガーデンふ頭駐車場
住所:愛知県名古屋市港区港町1番3
収納台数:530台
駐車料金:乗用車/100円/30分
(入庫から24時間までごとに1,000円)

②ガーデンふ頭西駐車場
住所: 愛知県名古屋市港区西倉町1
収納台数:約200台
駐車料金:同上

(※混雑時には、臨時駐車場が1kmほど離れたところにあり/料金1日1回1000円)

ともに30分100円/1日1000円と手頃なうえ、離れた西駐車場でも徒歩6分程度と便利な場所。

もちろん閑散期や平日なら問題なく入れますが、基本的に土日祝日には、水族館が開く9時半には満車の駐車場です。

なので、8時半~9時に到着すればなんとか大丈夫ですが、問題は遅くなって満車だった場合。

先程もふれたように、近隣の駐車リソースが極めて少ないのです。

nagoyakoPK

まず500m圏内、徒歩10分以内のパーキングは4~5軒程度。

普通なら距離や料金で贅沢を言わずに探せばどこか見つかるものですが、この周辺では1km程度、徒歩15分に範囲を広げても、20軒程度とあまり多いとは言えず、苦労しそうです。

何より問題なのが、大きい駐車場がない点。

満車率が高い小さな駐車場を当たっていかなければいけないので、無駄な時間を費やすことになります。

これは狭い埠頭の地形も関係ありますし、また横に逃げられないため、渋滞の中で引き返しながらの捜索になるのも大変な点。

実際、少し遅い時間に行くと、手前の駅付近まで渋滞が伸びていることや、戻ってきて探している車を見かけることも普通。

次章でアクセスプランはおさらいしますが、名古屋港水族館への車でのアクセスは、他のスポット以上に「朝早め!」が鉄則と言えそうです。

名古屋港水族館の周辺の駐車場で近いのは?

以下が、名古屋港水族館の周辺パーキングのリストになります。(緑のアイコン

nagoyakoPK1nagoyakoPK2nagoyakoPK3

あえて、1.5km強と広めの圏内でピックアップしています。

なお、料金は変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

このエリアは、駐車料金に関しては、まったく問題ありません。

地域柄、名鉄協商さんのパーキングを中心に、平日・休日問わず1時間200円/最大料金500~800円と、手頃なところばかり。

なので、問題は料金ではなく、駐車スペースの少なさです。

先程もふれたように、半径1kmならたいていの市街地観光スポットでは60~80軒程度あるパーキングが、ここではだいたい20軒程度。

どこも満車なんてケースも、最悪ありえなくもありません。

ではそれ以上の距離で、となると、水族館最寄りの「名古屋港駅」の手前「築地口駅」や「港区役所駅」のエリアにもなってしまいます。

なので、これらを考慮すると、名古屋港水族館へは手前駅付近で駐めて、電車で向かうパークアンドライドも選択肢にする必要があります。

もちろん車で来たのは、荷物や小さい子供連れなど理由があってのことでしょう。

それでも、万一混みそうな日にも関わらず、朝早く来れずに渋滞が始まりかけていたら、割り切りが必要。

最初から歩くことや電車を覚悟して、手前で駐車場に入れてしまうことが、せっかくの休日に無駄な時間を使わない賢い方法と言えます。


スポンサードリンク

名古屋港水族館の駐車場で安いところや予約できるのは?

少し具体的なおすすめ駐車場も、ピックアップしてみましょう。

もし、平日やあまり混雑していない日に、近くでなるべく安く駐車したい時は、

5.MAYパーク入船(51台/1時間200円/最大料金700円)

はバランスの良いスペックのパーキングです。

公式駐車場に負けない近さで、最大料金は300円安い700円なので、平日にじっくり時間をかけて楽しみたい時などは理想的。

もし、パークアンドライドを覚悟して、築地口駅付近に駐めるなら、

28.MAYパーク築地口(62台/1時間200円/最大料金700円)

やはり同じメイパークのここが、台数も最も多く、料金も入船と同じでイチオシです。

ただ、土日祝日などは、この辺でも早めに満車になるので、一駅前だからと油断せす、極力早めが無難でしょう。

最後に、まだ名古屋港付近では少ないですが、例えば

18.名古屋港水族館・レゴランドへのアクセス良好パーキング

などは、事前に予約できるシェアサービスの駐車場です。

今後広まることは確実で、ご覧の通り料金も手頃ですし、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

混雑シーズンの行楽で、早めに計画が決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる手かもしれません。

まとめ

体長7m・重さ6.5tのシャチは、見れる機会がある動物の中では最大級。

そんなシャチがいる水族館は、鴨川シーワールドとこの名古屋港水族館の2箇所だけです。

人気の水族館なだけに、家族のためにも無理のないアクセス計画が肝心なところ。

ぜひこんな記事も参考におさらいをしてからお出かけ下さい。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。