新山口駅の駐車場で安い料金の周辺おすすめ地図ガイド&全リスト!

640px-Sinyamaguchistation

県央部の山陽新幹線の停車駅として、山口県の玄関口にあたる「新山口駅」。

在来線やバス路線網も各方面に伸び、交通要衝拠点の役割を担うターミナル駅です。

観光用途や広域移動で多くの人が乗り降りする駅ですが、車で訪れる際は駐車場のことも心配です。

そこで、新山口駅周辺の駐車場事情について、おさらいしてみましょう。

スポンサードリンク

新山口駅の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

室町大名が京を模して築いた街並みや、幕末に活躍した志士の足跡も辿れる、歴史ロマン豊かな山口市。

県央「小群」にある新山口駅は、そんな山口観光スポットへ新幹線などで訪れる人たちの玄関口として賑わいます。

新幹線開業後に、急速にターミナルパーク開発が進んだ駅周辺は、宿泊施設が立ち並び、商業施設も揃う市街地。

ただ、バイパス開通や9号線が一部拡幅などで交通の流れは改善されたものの、駅周辺の道路で渋滞や混雑は依然見られます。

なので、料金のことも含めて、周辺の駐車場事情についておさらいしておくとあわてません。

そこで、以下が新山口駅周辺のパーキング一覧になります。

sinyamagutiPK1sinyamagutiPK2

駅から主に5~600m前後・徒歩で10分程度以内の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

満空情報が取れるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。

ご覧のように、元々から市街地として開けていた北口(在来線口)には、駐車場はほとんどありません。

駐車場が集中するのは、主に南口(新幹線口)から約300mの範囲で、数こそ多くはありませんが、比較的キャパシティがあるパーキングが占めます。

おそらく空きを探すのにそれほど苦労はしない地区と言えます。

また、料金相場もかなり手頃なエリア。

1時間あたりは駅至近の一部を除けばほぼ100円程度(平均133円)ですし、日中の最大料金も平均674円でワンコインに迫ります。

そこで、車を置いて出かけたり、駅周辺での終日の用足しの際の、日中の手頃な打ち止め料金のところを探すと、

24.JA黄金町駐車場(約170台/当日最大400円

25.第3花園駐車場(約70台/当日最大300円

26.タイムズイオンタウン小郡(396台/当日最大 月-金300円 土日祝500円

が、500円以内の激安パーキング。

安い理由はいずれも駅からは少し遠めだからだと思いますが、大人の足なら十分徒歩圏内。

また、駅の付近でもワンコインのパーキングはたくさん見つかるので、コストと労力を考えながら使い分けるといいでしょう。

新山口駅の駐車場で無料や時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打止め料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり、周辺相場は1時間換算で平均100円ちょっと。

ただ、前述のように上限300~400円以内のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、リーズナブルなところを探してみると、リストの半分以上の16箇所が1時間換算で100円で、それ以下はありません。※表参照

新山口駅周辺では100円なら良しとして、目的地に近いところで駐めるのが賢明です。

また、駅との距離はありますが、

26.タイムズイオンタウン小郡(396台/60分200円)

は、最初の2時間が無料のパーキング。

もちろんマナーとして何か利用することは最低条件ですが、無駄のない買物と合わせられれば、駐車コストを上手に節約できるはずです。

なお、新山口駅での送り迎えの際の自動車整理場に当たるのは、

1.新山口駅北口整理場(21台/最初の15分無料

3.新山口駅新幹線口整理場(50台/最初の15分無料

が、両側口に設けられてています。

15分と無料時間は短めですが、送迎用として便利に使えるでしょう。


スポンサードリンク

新山口駅の駐車場で連泊ができるのは?

最後に、広域移動の新幹線駅なので、1泊~連泊で駐めたいケースもあると思いますが、そんな際に適したところを挙げてみましょう。

一般的に、新幹線や特急が乗り入れる駅周辺には、鉄道利用を条件に手頃な料金で駐め置けるパークライド駐車場がありますが、この岡山駅では以下がそれに当たります。

2.新山口駅時間制駐車場(88台/新幹線指定利用で3日まで無料

指定利用とは、「新幹線で、新山口駅から東京・品川・新横浜駅まで、途中下車せずに往復で利用」すること。

特に事前予約も必要なく、切符などを提示するだけでし、3日間無料になるのはかなりオトクです。

なお超過時は通常料金になるので注意して下さい。

もし、新幹線などを使わない連泊なら、

6.タイムズ新山口駅新幹線口第2(17台/24時間最大600円

7.タイムズ新山口駅新幹線口(17台/24時間最大500円

13.駐車場原田(約40台/1日700円 2日1200円

15.みなみ駐車場(35台/当日1日600円 1泊2日 1200円

26.タイムズイオンタウン小郡(396台/当日最大 月-金300円 土日祝500円

あたりは、48時間(1泊2日程度)なら大丈夫なところ。

2日以上の時なども含めて、他にも泊まりで置けるところはあると思うので、看板記載の連絡先や精算所の人に聞いてみるといいでしょう。

まとめ

観光名所が尽きない山口県にあって、そのシンボルとしても人気なのが「SLやまぐち号」。

機関車「貴婦人号」が新山口駅と津和野駅とを結ぶ人気の名物路線で、近日客車もリニュアル予定でさらに注目が集まります。

片道約2時間のレトロな旅で、運行時刻(新山口駅-10:50/津和野-15:45)も考えれば、ほぼ1日かかります。

なので車で駅にアクセスするなら、上限の安い駐車場がベスト。

そんなSLを満喫する行楽の際にも、記事が参考になれば幸いです。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。