彦根駅の駐車場で安い料金は?周辺おすすめマップガイド&全リスト!

緑あふれる鈴鹿山脈より大湖・琵琶湖の注ぐ豊かな河川に囲まれ、彦根藩城下町として栄えてきた彦根市。

近年ではゆるキャラ「ひこにゃん」でも広く知られ、シンボルの国宝・彦根城やその風土に根付いたブランド特産品などで人気の観光都市でもあります。

その玄関口でもある彦根駅周辺は、湖東地域の中心市街地として多くの人が行き交うエリア。

そこで、彦根駅周辺の駐車場事情についておさらいしてみます。

Photo by PekePON / CC表示-継承3.0

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

スポンサードリンク

彦根駅の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

琵琶湖を望む近江国の拠点宿場町として賑わい、江戸の世には井伊家の城下としても整備された彦根市。

豊かな景観や国宝天守を持つ彦根城などの史跡、人気ゆるキャラや鳥人間コンテスト開催などの多彩な見どころで知られた、湖東地域の観光経済の中心都市です。

JR東海道本線と近江鉄道本線が乗り入れる彦根駅は、その玄関口として多くの人が行き交い、周辺も各種機関が集中する商工業の中心市街地。

駅を囲むようにイオンタウン彦根などのショッピングモールや大型家電店・スーパーも立地し、生活利便性も高いエリアです。

ただ、車が移動手段の中心である割には駐車ポイントは少なめであり、特に観光シーズンを中心に交通渋滞や駐車場確保に苦労する市内。

道は比較的整備されていますが細い道も多く残るので、車を使う方は駐車場事情をおさらいしておくとあわてません。

そこで、以下が彦根駅周辺のパーキング一覧になります。※オレンジのアイコン

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

駅から5~600m前後・徒歩で10分程度の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き状況がわかるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。環境によっては開かなかったり、直リンクできないことがあります。

ご覧のように駐車場の軒数は少なめであり、また城周辺のキャッスルロード付近と駅の中間エリアには駐めるところはありません。

そのため行楽時期には、駅周辺も観光用途の対象になり混み合うので注意。

ただ、普段時期なら通勤客が多いエリアながら、大きな駐車場完備の商業施設は多く、コインパーキングも中規模以上が揃うので、不便感はありません。

東海道本線での長距離移動利用や、近くの米原駅からの新幹線利用者のための日貸しスペースも見られ、そのため料金も割安な設定です。

全体的にも彦根城近辺の観光需要スペースより安めに設定され、1時間あたりで平均145円、日中の打ち止め料金も平均421円と手頃。

そこで、車を置いて出かけたり、ゆっくり観光する拠点に使う際に、できるだけ手頃に日中駐められるところを探すと、

8.イズミ彦根駅前パーキング(53台/24時間最大300円

11.システムパーク彦根駅東第2(7台/24時間まで300円

12.システムパーク彦根駅東(69台/24時間まで200円

14.スペースECO彦根駅前第2(50台/24時間まで200円

15.セレパーク彦根(53台/当日1日最大300円

が、ワンコインを切って駐めておけるパーキング。

特に東口側を中心に日極めのところが手頃ですが、この相場なら短時間用途で終わっても割高感はありません。

おすすめはやはり、立地と収容力、最安値の料金とバランスの取れた12でしょうか。

駅逆側の城下エリアには少し距離面でマイナスですが、それでも十分徒歩圏内に収まるので、観光用途としても便利です。


スポンサードリンク

彦根駅の駐車場で無料や時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打ち切り料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり周辺相場は1時間換算で150円程度。

ただ、前述のように上限で500円以内のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、リーズナブルなところを探してみると、1時間換算で100円程度のパーキングがリスト中で半数近く見つけることができます。※表参照

すべてキャパシティに優れたところばかりですが、その中でも、

6.NPC24Hアル・プラザ彦根(542台/終日60分100円

9.近江鉄道彦根駅東パーク&ライド駐車場(95台/終日60分100円

が、駅近で収容力も余裕のパーキング。

特に6買物さえすれば2時間まで無料でもあるので、3時間程度の正味駐車コストはこの周辺で最安になる可能性もあります。

彦根城までは往復30分程度ですし、城見学の平均時間も2時間前後なことを考えれば、やはり観光用途としても十分選択肢になります。



彦根駅の駐車場で泊りや連泊・予約ができるのは?

最後に、広域移動が多い駅なので、仕事や旅行に泊まりで出かけるケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

前述のように、そんなニーズ客を対象にした1日単位のパーキングも多く、特に格安なスペースが以下のパーキング。

2.スペースECO彦根駅前(7台/24時間まで400円

11.システムパーク彦根駅東第2(7台/24時間まで300円

12.システムパーク彦根駅東(69台/24時間まで200円

14.スペースECO彦根駅前第2(50台/24時間まで200円

いずれも前払いを基本としていますが、長期間駐車にも対応できる駐車場で、料金も格安です。

また、のタイムズは48時間(1泊2日程度)、13のリパークは最長7日まで利用可能なので、日数に応じて、長期出張や旅行の際に覚えておくと便利でしょう。

最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

競技・イベント会場周辺では今や一般的になりましたが、混雑する行楽スポットでも最適の選択肢と言えます。

まだ彦根エリアではあまりありませんが、近年急速に普及しつつあり、今後どんどん供給が増えるはずなので、気にしておくといいかもしれません。

1箇所ごとの台数はわずかですが、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

彦根エリアで予約できる軒先パーキング駐車場

彦根エリアで予約できるakippa駐車場

空いているスペースでお小遣い稼ぎをされたい方はコチラ

まとめ

別記事でも紹介していますが、やはり彦根と言えば彦根城を象徴とする城下町の表情が楽しいエリア。

築城410年を迎えた2017年にはNHK大河ドラマのテーマ地になるなど、熱い盛り上がりをみせる人気スポットです。

それゆえ、休日などに彦根城付近に車で行くと、駐車に苦労することもしばしば。※別記事参照

シーズンなら最初から駅周辺の駐車場を目指してしまうのも、混雑・渋滞回避の有効な選択肢になるので、ぜひ記事も参考になれば幸いです。

※利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。