昇仙峡の駐車場の混雑や無料なのは?おすすめ地図ガイド&全リスト!

その切り立つ断崖の奇岩・名石の景勝が、日本一の渓谷美と称される清流の秘境・山梨県昇仙峡。

約6キロメートルに渡る渓谷は国の特別名勝にも指定され、紅葉やツツジなどの四季折々の景色を求めて、多くのトレッキングやハイキング客で賑わいます。

そこで、昇仙峡の周辺駐車場についておさらいしてみます。

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。
スポンサードリンク

昇仙峡/基本情報

名称:昇仙峡

所在地:山梨県甲府市猪狩町秩父多摩甲斐国立公園
電話:055-287-2158(昇仙峡観光協会)

営業時間:各施設による

料金:各施設による

アクセス:甲府駅よりバスで30分

駐車場:あり ※一覧マップ参照

公式ホームページ:昇仙峡観光協会

昇仙峡/駐車場一覧マップ&全リスト


1  2  3  4  5  6  7

スポンサードリンク

1.天神森市営駐車場

昇仙峡へのとば口にある市営スペースで、長潭橋スタートで羅漢寺までは30分、石門や仙娥滝までは1時間強歩くので、トレッキング目的以外だときついか。冬季に利用できる乗合バスもおすすめ。

住所 山梨県甲府市平瀬町(35.724819, 138.550212)
営業時間 終日開放
収容台数 約60台/平地
時間料金 無料
最大料金 無料
経路地図
URL
備考

一覧マップへ

2.昇仙峡グリーンライン県営駐車場

昇仙峡の散策メインエリアのほぼ中間にあり、仙娥滝迄30分程度なので、観光には最適な立地。トイレや店舗もあり拠点に便利な駐車場である。夏季・冬季それぞれで利用できる乗合バスなら、1区間(300円)で各スポットへ足を伸ばせる。

住所 山梨県甲府市上帯那町(35.738190, 138.565339 )
営業時間 終日開放
収容台数 普通車37台 バス10台 /平地
時間料金 無料
最大料金 無料
経路地図
URL
備考

一覧マップへ

3.円実屋駐車場

昇仙峡の、特に仙娥滝周辺は店舗利用で駐車無料の土産・食事店が多く、その1例として。相場的に1000円以上利用の場合が多いが、よく確認のこと。ほとんどが「仙ヶ滝大駐車場」などの看板が立ち、公営と勘違いしやすいが、食事休憩などを想定しているなら駐めてしまうと良い。

住所 山梨県甲府市高成町
営業時間 要確認
収容台数
約20台/平地
時間料金
最大料金 店舗1000円以上利用で無料
経路地図
URL
備考

一覧マップ

4.市営昇仙峡滝上駐車場

観光案内所(みどころ案内所)がある川が目の前の市営駐車場。区画割りもない未舗装であり、ロープウェイ駅もある主道へは回り込むようだが、山頂観光や仙娥滝・石門見物では定番スペースになる。トイレは有り。

住所 山梨県甲府市川窪町(35.754384, 138.565178)
営業時間 終日開放
収容台数 約80台/平地
時間料金 無料
最大料金 無料
経路地図
URL
備考

一覧マップへ

5.荒川ダム展望広場駐車場

桃の木沢橋の袂にある多目的広場を兼ねた無料スペース。向かいに餅団子が名物の食堂もあり、能泉湖と荒川ダムの眺望を楽しみながら休憩するのに最適。ダム上の遊歩道の先にある管理事務所ではダムカードも配布している(9:00~17:00)

住所 山梨県甲府市高町(35.761899, 138.571412)
営業時間 終日開放
収容台数 15台/平地
時間料金 無料
最大料金 無料
経路地図
URL
備考

一覧マップへ

6.昇仙峡板敷渓谷駐車場

トンネルの先に野猿谷渓谷・板敷渓谷入口がある無料スペース。

住所 山梨県甲府市川窪町(35.764512, 138.581771)
営業時間 終日開放
収容台数 14台/平地
時間料金 無料
最大料金 無料
経路地図
URL
備考

一覧マップへ



7.金櫻神社駐車場

昇仙峡を上り詰めるとある、鬱金桜の名所の神社駐車場。春にマイカーで回るなら足を伸ばしてみたい。266段ある参道階段下の鳥居脇(手水舎横)にも駐車スペースがある。

住所 山梨県甲府市御岳町2347
営業時間 要確認
収容台数 10台程度/平地
時間料金 参拝者無料
最大料金 参拝者無料
経路地図
URL 該当ページ
備考

一覧マップへ

まとめ

終日に渡るトレッキングやハイキング客が多い昇仙峡エリアは、市営・県営の無料駐車場が整備されており、通常時期ならマイカーでのアクセスも良好である。

ただどこの渓谷スポットもそうだが、昇仙峡のアクセス路もカーブが多く、道幅の狭い箇所がほとんど。

さらにスマホもほぼ圏外のエリアになるので、駐車ポイントは事前におさらいして出掛けたい。

また車でのアクセスで必ず押さえておくポイントが、昇仙峡ラインの以下の交通規制

①車両通行止めA(5/1-11/30) ※赤いライン

・土日祝:車両通行止め
・平日:上り一方通行

②車両通行止めB(7/1-11/30) ※青いライン

・日祝10:00-15:00:車両通行止め

※マップ参照

当然規制時にはルート取りにも考慮が必要になるし、土日祝などは車は避けるのが無難になる。

特に渋滞も激しくなる紅葉時期やミツバツツジの春、夏季などは、臨時スペース(P)も開設されるが駐車場はほぼ満車が普通でなので、早朝に近い時間帯利用か、公共交通機関が賢明である。

現在では、駐車場を起点に電話1本で希望場所まで乗せて行ってくれる、1区間300円の循環乗合バスもあるので、うまく利用すると運転のストレスもなく散策できる。※冬季のみ運行区間もあり注意


詳細⇒昇仙峡渓谷乗合バス

また、甲府駅からのバスライドも有効である。→「甲府駅の駐車場で安い料金は?周辺おすすめマップガイド&全リスト!

※利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒希望エリアの駐車場探しなら全国パーキング地図&一覧リスト

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。