久能山東照宮の駐車場で無料や安いおすすめ地図ガイド&全リスト!

家康公の遺命に基づき、日光東照宮の造営に先立ってその遺骸が埋葬された、徳川家ゆかりでは最も重要な史跡スポット・久能山東照宮。

守りも兼ねた1159段の急角度な石段が続く境内は、絢爛たる楼門や極彩色の社殿などの国宝にあふれ、今も謎多き人気の参拝・パワースポットとして多くの人が訪れます。

そこで、久能山東照宮の周辺駐車場についておさらいしてみます。

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。
スポンサードリンク

久能山東照宮/基本情報

名称:久能山東照宮

所在地: 静岡県静岡市駿河区根古屋390
電話:054-237-2438

拝観時間:
4月1日~9月30日 9:00~17:00
10月1日~3月31日 9:00~16:00

料金:大人500円 子供200円

アクセス:
日本平山頂より日本平ロープウェイで5分

駐車場:あり ※一覧マップ参照

公式ホームページ:http://www.toshogu.or.jp/

久能山東照宮/駐車場一覧マップ&全リスト

1  2  3  4  1-9

スポンサードリンク

1.日本平ロープウェイ駐車場

ロープウェイ駅前の無料駐車スペースで、場内には休憩買物施設・日本パークセンターもある(現在一部休業)。運行時間前後に合せて開放されるので、夜間泊などはできない。

住所 静岡県静岡市清水区草薙597−8
営業時間 ロープウェイ運行時間に準ずる(おおむね8:30~17:30くらい)
収容台数 91台/平地(大型バス可)
時間料金 無料
最大料金 無料
URL 該当ページ
備考

一覧マップへ

2.日本平ロープウェイ臨時駐車場

駐車場と言うより、梅園沿い道路の路肩にあるスペースで、10数台程度置くことができる。おそらく終日開放されていると思われるが、要確認のこと。

住所 静岡県静岡市清水区草薙
営業時間 要確認
収容台数 10台程度/平地
時間料金 無料
最大料金 無料
URL
備考

一覧マップへ

3.日本平梅園駐車場

日本平山頂にある駐車場のひとつで、梅まつりも開かれる梅園脇の立地。目の前のパークウェイ道路では徒歩でロープウェイ駅までは行けないので、梅園側の道から行く。

住所 静岡県静岡市清水区草薙
営業時間 要確認
収容台数
約60台程度/平地
時間料金 無料
最大料金 無料
URL
備考

一覧マップ



4.日本平山頂駐車場

場内は3区画に分かれ、南側は大型バスの区画割りになっている。閉門時間が早いようなので注意。

住所 静岡県静岡市清水区馬走1492−1
営業時間 9:00-16:00
収容台数 普通車約100台 大型バス10台/平地
時間料金 無料
最大料金 無料
URL
備考

一覧マップへ

1~9.店舗兼駐車場(参考)

久野山参道石段の門前には観光地特有の店舗兼駐車場があり、特にこのエリアはほとんどが名産のイチゴ農家による経営。

イチゴ狩りや店舗利用(1000~3000円)で無料になったり、参拝用として有料で利用できる形だが、やはりタイミングによっては誘導や営業が煩わしいかもしれない。

ただ純粋なコインパーキングがないエリアなのでこれらを利用するしかなく、利用条件をよく確認して駐車すると良い。

近場での相場は500円程度だが、時期によっては1000円程度になる場合もある。

おすすめは、少し離れるが普段時期は200円と格安の9.権現駐車場であり、無人の先払いなので世話がない。ただここも、正月やGWは相場程度に上がるので注意。

店舗利用でなら、イチゴの銘菓やスイーツメニューが充実した68.久能屋がおすすめ。

住所 マップ参照
営業時間 要確認
収容台数 要確認
時間料金
最大料金 1回200~1000円程度 ※イチゴ狩りや買物(1000~3000円程度)利用で無料の場合もあり
経路地図 マップ参照
URL マップガイドエリア参照
備考

一覧マップへ

まとめ

マップを見ると分かるとおり、久能山東照宮への参拝は山側/海側の経路があり、アクセス手段も石段を徒歩で登るか、ロープウェイで向かうかのふたつになる。

日本平側からは駐車場も無料であり、アクセスもロープウェイで5分と楽になるが、人気観光エリアなので観光バスも多く、混み合うタイミングは多い。

また無料と言ってもロープウェイ料金はかかるので、久能山麓側と単純にコスト比較はできないだろう。

ちなみに東照宮参拝目的でロープウェイを利用するなら、ロープウェイ往復+東照宮拝観+東照宮博物館入館の3点セット券 (大人1750円/中学生1300円/小学生800円)もあるので世話がない。

最近では夢テラス展望回廊や日本平ホテル風景美術館など再整備が進むエリアだが、夜半になると日本パークウェイ道路が車のサーキット場のようになるので注意。

もし乗り場前の駐車場がいっぱいなら、少し歩くが記事で紹介した頂上付近の場所を覗いてみると良い。

1159段の石段を登って参拝拝観する久能山麓の駿河湾側は、門前町が石垣いちご発祥の地ということで、苺農家が集まる。そのためシーズンにはイチゴ狩り利用で無料になったり、参拝用に有料で駐めさせる民家や店舗が多い。

ただイチゴ狩りは予定していなければ料金が嵩むし、買物利用も高めからのようなので、単純に有料で駐める方がいいかもしれない。

全体を合わせても駐車キャパシティは多くはないので、初詣や連休・シーズンには早い時間帯の到着がお約束ごとになる。

また、金刀比羅宮や山寺に匹敵する1000段以上の粗い石段を登るのは大変であり、それなりの服装や靴の準備は怠りないように。

※利用の際は必ず現地の表記をご確認ください

⇒希望エリアの駐車場探しなら全国パーキング地図&一覧リスト

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。