大通公園の駐車場で安い料金のおすすめ周辺マップガイド&全リスト!

3114ad08c37ed5b8623355a626485e1b_s

【2019年度版】※2019/3/10 再調査

北海道最大の都市として、名実ともに政治・経済や文化の中心的役割を担う札幌市。

観光地としても沢山の人気スポットを抱えますが、中でも雪祭りやイルミネーションなど魅力あるイベントの舞台でもある大通公園は、札幌を象徴する名公園として知られます。

そこで、大通公園周辺の駐車場事情についておさらいしてみました。

icon-exclamation-circle 情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さいまた、最大料金の繰返し有無や暦日制(0時切り替え)にも注意してご利用ください。

スポンサードリンク

大通公園の駐車場一覧マップ&リスト

MAP


※大通公園沿い200~300m前後の圏内でピックアップしています。

icon-chevron-circle-right  最大料金が安いパーキング ⇒ 9 13 14 17 54 56 69

icon-chevron-circle-right  時間料金が安いパーキング ⇒ 7 9 13 20

料金相場平均 >

区分 1時間あたり(日中) 最大料金(日中)
平日 605円 1560円
土日祝日 592円 1568円

< 概 要 >

大通りの一部として、札幌の中心市街地を東西1.5kmに渡って伸びる特殊公園・大通公園は、花壇や芝生などの緑豊かな憩いの場として、市民や観光客に親しまれています。

冬季のさっぽろ雪まつりをはじめ、イルミネーションやライラック、ソーラン祭りなど1年を通じてイベントも活発なため、駅周辺とともに駐車場を探すのに苦労するエリアと言えます。

また、京都を範にした開拓整備の成り立ちから、地番とともに碁盤状の一方通行道路が多い街並みも似ており、冬場の悪条件も含めて運転に気を使います。

駐車場に関しては、札幌駅やすすきのエリアに挟まれているため、南北の広い範囲に密集してありますが、ほとんどが一方通行で狭い裏通りに面するので、あまりうろうろはしたくはありません。

特に、公園南側のすすきの界隈に行くほど飲食店や商業施設が多く、人通りも激しいので注意下さい。

また札幌駅周辺もそうですが、北国に多い機械式ビル駐車場などの営業時間が決まっているところが多く、休日は閉めているところも見かけるので、営業日・時間などよく確認し、特に出庫にはお気をつけ下さい。

全体の料金相場に関しても手頃とは言えず、時間あたり平均ではワンコインでは足りませんし、打止め料金も1000円を下回るところはほぼありません。

また、リパークやタイムズといった大手ブランドが高い傾向にあることが伺えるようです。

公園から遠めで探せば料金が下がるという傾向もありませんので、情報をもとにピンポイントで当たりを付けたほうが賢明なエリアと言えるでしょう。

なお、単純な料金比較でのおすすめ駐車場は以下でご紹介しますが、地図やリストを参考にしながら、ご自分の目的に合った場所をぜひ見つけてみてください。

icon-hand-o-up おすすめワンポイント!

Googleマップアプリがインストール(位置情報も許可)されていれば、地図の拡大(右上ボタン)で、今いる場所や経路情報などがわかって便利!


スポンサードリンク

大通公園の駐車場で最大料金が格安なのは?

観光地区としては札幌の目玉といえる大通公園周辺は、時間・最大料金ともに札幌駅周辺を上回る割高なエリアです。

1000円以内のスペースは見当たりませんし、2000円前後のところも2割弱含まれるので、終日利用する際はチェックが必要です。

そんな中で、以下は1000円程度で駐めておける希少なパーキングになるので、定休日に気をつけて活用下さい。

9 広井パーキング

260号線を北海道大植物園寄りに1本入った立地の機械式駐車場で、日曜は定休ですが、平日なら日中1000円で利用できます。

また、時間料金に関しても300円を切るバランスのいいスペースでもあります。

公園周辺では収容力も優れている方なので、ウィークデイでの短・長時間利用の際は覗いてみて下さい。

住所 北海道札幌市中央区北1条西7丁目
営業時間 8:00-21:00(月-金) 8:00-19:00(土) 日曜定休
収容台数 72台/機械
時間料金 30分毎¥130
最大料金 時間内最大¥1000
平日泊り 21:00~翌8:00 ¥500
URL
備考

一覧マップへ

13 BELLEパーキング南2条店

割安でも週末や祝日が閉まるところが多いのが残念ですが、ここは事前に1日券を購入すれば地域最安の900円(軽自動車は800円)で全曜日利用できるのが魅力です。

また時間料金も1時間200~250円という最も安いパーキングで、収容力も併せてイチオシのスペースになります。

住所 北海道札幌市中央区南2条西7丁目10−1
営業時間 24時間営業
収容台数 50台/平地
時間料金 軽 最初60分¥200 以降¥100 30分
普通 最初60分¥250 以降¥120 30分
中 最初60分¥300 以降¥150 30分
大 最初60分¥350 以降¥170 30分
最大料金 軽 1日800円
普通 1日900円
中 1日1000円
大 1日1200円
※1日料金(8時-20時)は前払い券要
URL 該当ページ
備考

一覧マップへ

17 LNJ札幌大通公園ビルパーキング

長く伸びる大通公園のほぼ中央付近に面するビル駐車場で、収容力もかなりあります。

残念ながら週末等は休みのようですが、この立地で1000円で利用できる割安さは魅力でしょう。

住所 北海道札幌市中央区大通西8丁目2-6
営業時間 8:00-18:00 ※土日祝休業
収容台数 56台/機械
時間料金 30分150円
最大料金 1日 ¥1,000
URL
備考

一覧マップへ

56 パラカ札幌市南1西14第1

大通公園の西端付近にあり、札幌博物館や地下鉄西11丁目駅がほど近い立地のパーキングです。

前述の917とは逆に、日曜祝日に限って800円で24時間駐めておける最安スペースになります。

平面駐車場なので悪天候の冬場は使いづらいかもしれませんが、天気のいい休日なら覗いてみるといいかもしれません。

住所 北海道札幌市中央区南1条西14丁目
営業時間 24時間営業
収容台数 19台/平地
時間料金 08:00-18:00 20分300円
18:00-08:00 60分200円
最大料金 24時間最大(月-土/1-13番車室)1,700円
24時間最大(月-土/14-19番車室)1,300円
24時間最大(日祝)800円
18:00-08:00最大500円
URL
備考

一覧マップへ

大通公園の駐車場で時間料金が安いおすすめは?

公園周辺の時間料金はばらつきが激しく、また札幌駅周辺の平均が1時間あたりでワンコイン以内に収まるのに対して、600円前後と割高です。

前述のように知名度が高い運営会社のパーキングは600~900円のところが多く、やはり寒冷地での運営コストなどが響いている印象でしょうか。

300~400円程度であれば十分及第点のスペースですが、特に以下や13はそれ以下の割安パーキングなので、定休日に注意して活用してみて下さい。

7 パーキングホサカ

日曜祝日は休みになりますが、土曜を含む平日であれば1時間換算で300円を切る格安パーキングです。

公園のほぼ中央付近の立地も便利で、この界隈では収容台数もトップクラスになります。

住所 北海道札幌市中央区北1条西8丁目2−1
営業時間 8:00-20:00(月-金) 8:00-18:00(土) 日祝定休
収容台数 72台/機械・平地
時間料金 普通車 30分毎¥130
大型車 30分毎¥150
最大料金 宿泊料金 一律1泊¥1000
URL
備考

一覧マップへ

20 プレスト1・7ビルパーキング

日中の平日に限れば、時間料金は地域最安の200円/hで利用できる機械式施設です。

最新情報がやや掴みづらく変動の可能性もありますが、ウィークデー利用でこの近くに行った際は、1度覗いてみてはいかがでしょう。

住所 北海道(平日)8:00-20:00 (土)8:00-17:00
営業時間 (平日)8:00-20:00 (土)8:00-17:00
収容台数 20台/機械
時間料金 30分100円
最大料金
URL
備考 ※詳細要確認

一覧マップへ



大通公園の駐車場で予約ができるのは?

混雑が常態化している駅周辺の市街地などでは、近年普及しつつある駐車スペースの予約サービスを考えてみるのもひとつの手です。

大通公園の周辺にはそんなスペースがそこそこ点在しますし、今後も急速に利用スペースが増えつつあるので、気にしておくといいかもしれません。

早めに行動予定が決まっているようなら、確保してしまうというのも安心してアクセスできる一つの方法と言えるでしょう。

icon-hand-o-right大通公園 →大通公園の周辺で予約できるB-Times駐車場

icon-hand-o-right →大通公園の周辺で予約できるakippa駐車場

icon-hand-o-right →大通公園の周辺で予約できる軒先パーキング駐車場

まとめ

北の都・札幌は、当然冬季には車が使いづらくなる地域なので、雪や凍結の影響が少ない駐車場を選ぶのもコツのひとつです。

札幌市街地は、気候条件から地下道整備がとても進んだ都市であり、グーグルマップを拡大すると見える赤い区画は、地下連絡通路の導線を表します。

タワーパーキングもいいですが、例えば1242などの地下駐車場は、冬場環境の影響を受けにくく、地下から公園へ徒歩でアクセスできて便利です。

駐車場選びも、北海道ではそんなツボを押さえておくといいかも知れません。

※利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒希望エリアの駐車場探しなら全国パーキング地図&一覧リスト

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。