軽井沢で無料や安い料金の駐車場のおすすめマップガイド&全リスト!

8d1029c5fd8cd1073c504a1a5daa912d_s

避暑地として長い歴史を持ち、近年はショッピングモールなどもでき、暑い時期には根強い定番人気の観光地「軽井沢」。

毎年必ず訪れないと、夏が来た感じがしない人も多いのでは?

ただ、渋滞や混雑も毎年繰り返される名物ともなっており、はたして車は駐められるのか不安でしょう。

そこで、軽井沢周辺の駐車場事情について徹底調査しました。

スポンサードリンク

軽井沢の駐車場の混雑や料金が安いのは?

軽井沢の渋滞ぶりは、まだ行ったことのない人でも耳にしているのではないでしょうか?

避暑時期の夏を中心に、過ごしやすい気候の軽井沢には人が集中し、車は赤ちゃんのハイハイに追い抜かれるという笑い話もできるほど。

お昼にかけてぼちぼち着くようになどと出発すると、車を置いていざ観光という時は夕方・・なんてことにもなりかねません。

早ければ早いほどいいアクセスのコツや渋滞道路の回避方法は別の記事に譲るとして、では駐車場はどこがいいかというのも大事な点。

シーズンの軽井沢は、駐車場の料金体系もさまざまで、うっかりすると高くつくことがあります。

かと言って、手頃な駐車場を探し回れる道路状況でもないので、下調べやおさらいはある程度しておくことが必要です。

アウトレットや旧軽井沢銀座、おもちゃ王国など観光の目当てはいろいろかと思いますが、駐車場に関しては主に軽井沢駅周辺か軽井沢銀座通りに集中します。

軽井沢駅と旧軽銀座の距離はだいたい1.5km程度なので、どちらからでも散策しながら足を伸ばせる距離と言えます。

軽井沢駅を起点に旧軽井沢の繁華街や静かな裏通りを一周したり、軽井沢の発祥地をメインストリートから裏通りまでじっくり歩いても、1~2時間半といったところ。

そこで、マップにある駐車場を3時間駐車で料金を比較すると、以下のようになります。

karuPK01

karuOK2

ちなみに、表の中ほどの列で1時間から24時間まで比較してあります。

ご覧のように、大型モールから町営駐車場、民間や私営駐車場までバラエティに富みます。

特に時期的な特別料金も絡んで、トップシーズンの軽井沢駐車場はカオス気味。

3時間で2~3000円の駐車場もあるので、できれば注意して避けたいところです。

そんな中、おすすめを挙げれば、駅周辺でなら、

7.矢ヶ崎公園駐車場(70台/3時間換算200円)

浅間山も臨める矢ケ崎公園の駐車場で、最近はシーズンには混みますが、これまでは比較的穴場として知られていたところ。

2時間までは無料というのもあり、3時間駐めても200円で済んでしまいます。

また、700円という打止めがあるのも安心な点。

ただ、確実に駐めるなら、早めに来るということは必須です。

また、その矢ケ崎公園の東隣にある

9.新軽井沢駐車場(238台/3時間300円)

も、穴場感のある格安の駐車場です。

駐車台数も多めで、入庫後4時間までは300円で済むので、比較的余裕を持って散策ができるのが○。

またそれ以上になっても、600円上限があるのは安心な料金体系です。

5.リパーク軽井沢駅前(48台/詳細は表参照)

は、平日という条件ですが、料金が手頃。

3時間比較では必ずしも最安ではありませんが、その時点で上限(600円)に達しているので、それ以上になりません。

4.軽井沢駅北口西側駐車場(220台/4時間まで400円)

は、ショッピングプラザもある駅の南側なので、先程のふたつよりは混みますが、4時間まで400円という手頃な場所。

最初の1時間が無料ということを狙って短時間利用者も多いため、回転率も幾分いいので、トップシーズンでさえなければオススメしたい駐車場と言えます。

ただこの駐車場は、数時間駐車こそ手頃ですが、上限的な設定はないので、長くなりそうな時は少し高くなってしまいます。

やはり、駅周辺でトップシーズンに駐めるなら、アウトレットモール側は避け、北側の少しはずれた位置がまだましかもしれません。

軽井沢の周辺の駐車場で無料や穴場のおすすめは?

では、旧軽井沢銀座周辺ではどうでしょうか?

まずこの辺では、料金もですが、車上荒らしに気をつけることも必要です。

もちろん駅周辺でもそれは言えますが、人の出入り頻度や死角の多さではこのあたりは不用心です。

なので、できれば管理人や関係者が常駐しているところが理想的。

混雑的には、駅からロータリーまでの新道周辺や、渋滞エリア(マップ参照)もかかる旧道の町営など、表通りの駐車場は混み合います。

また、旧軽井沢銀座通りもシーズン中は交通規制がかかるので注意が必要です。

<旧軽井沢周辺交通規制>※H28年度参考

期間:7月15日から9月10日まで
及び9月11日から11月30日までの土日祝日
場所:旧軽井沢銀座通り(マップ参照)
時間:11:00~18:00

それなら、旧軽銀座通りより一つ手前の、交通規制(以下詳細参考)もかからない道には民営や穴場の町営駐車場が固まってあり、おすすめです。

表のリストナンバーで言うと、

10.旧軽井沢森裏駐車場(町営)(55台)
12.旧軽井沢駐車場(町営)(50台)
14.軽井沢銀座パーキング(150台)
15.銀座南駐車場(65台)
16.あゆたパーキング(42台)
20.軽井沢ユニオンチャーチ駐車場(台数不明)

がそうです。

なお、町営は料金がはっきりしていますが、表の赤枠で囲んだ民営駐車場は時期によって料金が変動します。

表での比較はあくまで目安で、ハイシーズンでは1日1回1000円を相場として見ておけばいいと思いますが、必ず現地で確認して下さい。

いずれにしても、町営は上限がないのであまりおすすめできませんが、民営の駐車場なら、時間を無駄にせず1日1000円と割り切って駐めてしまった方が世話がないでしょう。

おすすめを一つ挙げるとしたら、

14.軽井沢銀座パーキング(150台/料金確認)

キャパシティもさることながら、周辺料金を考慮しながら割高にならない料金設定になることが多いので、安心です。

入口にキノコのオブジェが立っているので、すぐわかるはずです。

また、トップシーズンには早め行かないと無理ですが、少し混雑がましな穴場としては、

31.雲場池観光無料駐車場(約40台/無料)

32.雲場池観光有料駐車場(200台/1回500円)

記念礼拝堂・離山と並んで軽井沢の3大名所の一つ「雲場池(くもばいけ)」専用のふたつの駐車場です。

なんと一つは無料で、そのすぐそばにも有料ですが、シーズンの軽井沢では一番安い1日500円で駐められる大きな駐車場もあります。

ただ注意点は、戻ってきてから払うと700円になること。

係員がいない場合は、車のナンバーのメモとお金を備え付けのビニールに入れてポストに入れておいて下さい。

また、この有料駐車場の方では、貸自転車を借りると駐車代が無料になるそうです。

さらに、トップシーズンの激混み時期には、渋滞や満車を避ける手としてレール&ライドも有効です。

例えば、一駅離れた中軽井沢駅前の、

31.中軽井沢駐車場(73台/3時間換算200円/24時間500円)

に駐めて電車で向かえば、行き帰りの渋滞も避けることができ、アクセスもスムーズ。

その上料金は、先程イチオシであげた矢ヶ崎駐車場よりも安く、1日駐めても500円!

電車で5分程度ですし、電車賃を考えても、激混みを避けられるならメリットは大いにあるでしょう。


スポンサードリンク

軽井沢の駐車場で予約ができるのは?

また、最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

karuiPKaki

1箇所ごとの台数はわずかですが、近年急速に供給が増えつつあるので、検索してみるとたくさんありますし、どんどん増えつつあります。

料金も手頃ですし、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

混雑シーズンの行楽で、早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

→軽井沢周辺の予約できる軒先パーキング駐車場

まとめ

必ず確認をしてからにしてほしいですが、軽井沢では雲上地駐車場と同じように、自転車を借りると車を無料で置けるレンタサイクルもあるようです。

旧軽井沢通りにも何軒かあるようなので、下調べしてみては・・

いずれにしても、夏の軽井沢の混み具合は舐めてかかると苦労します。

こんな記事も参考に、快適な気候を楽しんできてください。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。