防府駅・防府天満宮の駐車場で無料や安い周辺おすすめマップガイド!

一級河川・佐波川下流に広がる県最大の平野に包まれ、周防灘も臨む瀬戸内特有の温暖な風土にも恵まれる山口県・防府市。

かつては下関・広島の中間拠点の産業都市として栄え、今では日本初の天神社・防府天満宮の門前町としても参拝者で賑わいます。

そこで、市の玄関駅・防府駅や防府天満宮の周辺駐車場事情についておさらいしてみます。

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

スポンサードリンク

防府駅の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

防府天満宮を中心とした門前町や瀬戸内を臨む明媚な港町として栄え、今ではマツダやブリジストンなど錚々たる企業が居を構える産業・工業都市の顔も持つ防府市(ほうふし)。

防府のシンボルでもある日本三天神の一つ・防府天満宮を筆頭に、周防国分寺や毛利氏庭園、大平山など自然あふれる名所史跡にもあふれ、参拝観光客で賑わう観光都市でもあります。

その玄関口の防府駅は、古くからの市街地であるてんじん口を商店街が囲み、近年では再開発により複合施設「ルルサス防府」も揃う繁華街。

またみなと口側も、イオンタウン防府ショッピングセンターをはじめとした商業店舗が集まり、利便性が高いコンパクトシティとして賑わいます。

ただ幹線道路が複数交差する市街地ゆえに交通量も多めであり、渋滞はそれほどありませんが、それでも通勤時間帯は混み合います。

また、防府天満宮の梅まつりなどの行事や参拝時期にはてんじん口側を中心にかなり混み合うので、車を使う方は駐車場事情をおさらいしておくとあわてません。

そこで、以下が防府天満宮や防府駅周辺のパーキング一覧になります。

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き状況がわかるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。環境によっては開かなかったり、直リンクできないことがあります。

駅周辺で基本になるのは、やはりイオン防府店の駐車場(13)を置いて他になく、またてんじん口にもルルサスの施設(8)をメインに100台超のスペースが複数あり、車を駐めるのに不便はない印象です。

また、少し郊外にはゆめタウンの大型駐車場がありますし、防府天満宮周辺にも無料のスペースが豊富にあり、全体的な駐車事情は悪くないエリアです。

また、駅両側広場にはそこそこの台数がおける20分無料の整理場があり、送迎や待ち合わせも困らないでしょう。

前述のように市役所や金融機関、商業施設・商店街が駅付近にコンパクトにまとまっているので、良好な駐車場事情も手伝い、利便性は悪くない市街地ではないでしょうか?

料金的にも手頃であり、1時間あたりでほぼ200円程度(平均151円)、日中の上限料金も平均569円とワンコイン程度。

そこで、車を置いて出かけたり、駅周辺でゆっくり用足しする際に、できるだけ手頃に日中駐められるところを拾ってみると、

6.スペースECO防府駅前第2(47台/24時間まで400円

10.タイムズ防府八王子(17台/24時間最大300円

11.タイムズ防府市役所前(35台/24時間最大300円

17.タイムズ防府駅東高架下(23台/24時間最大400円

なら、500円でお釣りが来るパーキングで、いずれも中規模程度の収容力もあります。

イオン店の駐車場が混み合っているときなどは、空き情報も確認しながら覗いてみてもいいでしょう。


スポンサードリンク

防府駅の駐車場で無料や時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打ち切り料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり周辺相場は1時間換算で200円程度。

ただ、前述のように上限で500円以内のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、リーズナブルなところを探してみると、

5.リパーク防府(7台/終日60分100円

11.タイムズ防府市役所前(35台/終日60分100円

16.エスパーク防府車塚(9台/終日60分100円

17.タイムズ防府駅東高架下(23台/終日60分100円

なら、1時間100円の格安パーキング。

なお、天満宮付近を除いて無料時間を設けた駐車場も拾ってみると、

13.イオン各駐車場(1308台/最初の2時間無料

8.てんじんぐちパーキングルルサス(229台/最初の60分無料

18.防府てんじんぐち駅前駐車場(25台/最初の20分無料

19.防府駅自家用車駐車整理場(25台/最初の20分無料

で、1819は駅前での送り迎えなどで少し駐めておける整理場です。

用途に応じて、これらもうまく活用してみて下さい。



防府天満宮の無料駐車場の混雑や予約ができるのは?

日本で最初の天満宮として創建され、道真公を祀る学問の社としての人気はもちろん、天神社のシンボル・梅の名所でも名高い防府天満宮。

<基本情報>

名称:防府天満宮

住所: 山口県防府市松崎町14-1
TEL:0835-23-7700

休観日:無休
開門時間:6:00~20:00
拝観料:境内無料

アクセス:
防府駅 天神口よりバスにて防府天満宮下車 徒歩3分
JR山陽本線防府駅から徒歩で15分

公式ホームページ:http://www.hofutenmangu.or.jp/

少し防府天満宮の駐車場事情についても触れますが、基本的に天満宮の周辺には時間貸しのコインパーキングはありません。

参道入口付近に無料の観光駐車場(2527)が60台程度あり、もしそこが満車のようなら競輪場との間に2つの無料スペース(2829)が合計500台近くあるので、初詣や梅の見頃時期・花火大会時でもなければ心配は無用でしょう。

さすがにシーズンには、参道前で駐車待ちの行列ができますし、次に案内で促される28も混み合うことがあります。

そんな場合でも、少し歩きますが400台収容の29まで行けば駐められることが多いので、車で行きやすい参拝スポットと言えます。

ただ学問の神様を祀る三大天神社なだけに、初詣では臨時駐車場もいっぱいになるほどなので、さすがにそんな時期は電車で来ててんじん口からバスで行くか、防府駅周辺に駐めてやはりバスや徒歩で向かうのが賢明でしょう。

また、最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

競技・イベント会場周辺では今や一般的になりましたが、混雑する参拝スポットでも最適の選択肢と言えます。

まだ防府エリアではほとんどありませんが、近年急速に普及しつつあり、今後どんどん供給が増えるはずなので、気にしておくといいかもしれません。

1箇所ごとの台数はわずかですが、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

防府エリアで予約できる駐車場

まとめ

太宰府天満宮や北野天満宮とともに、三大天神社として名高い防府天満宮。

失脚して九州太宰府に流罪される途上、親族国司が納めるここ周防でもてなされたのが、初の天満宮となる由緒とされます。

春には道真公が愛した梅の名所として賑わい、夏の防府天満宮御誕辰祭には花火大会も人気の名社。

そんな由緒正しき天神様を詣でる際にも、記事が参考になれば幸いです。

※利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。