川越の観光で駐車場が無料・安いのは?マップでわかる完全リスト!

e6971262cf0d50b8b8d58e38a22362f2_s

新河岸川を舟で行き来し、江戸の最新の文化にいち早く触れて繁栄した「川越」。

その蔵造りの町並みは「小江戸」と呼ばれて親しまれ、江戸の情緒を今に伝える人気の観光地にもなっています。

ゴールデンウィークも控え、訪れる予定の方は多いと思いますが、車での予定の方は、駐車場が心配・・

そこで、川越観光に最適な駐車場を、徹底調査します。

スポンサードリンク

川越の観光で駐車場が無料のおすすめは?

川越は、10~11月の川越まつりやハーフマラソンなどイベントの際は、中心市街地は交通規制がかかります。

特に蔵造りの町並みが続く、観光メインの中央通りは通行止めになることが多いと言えます。

川越の見どころは、なんといってもその町並みそれ自体。

徒歩での散策がセオリーなので、車で来ても早めに駐車場を見つけて、街にくり出したいところ。

長めに駐めることにもなるので、安いほうがいいですし、できれば無料なら助かります。

川越では、市の方で、中心市街地の渋滞緩和も兼ねて、郊外にパーク&ライド的な無料駐車場を設けています。

kawagoePA

観光エリアに徒歩で向かっても5~15分程度の距離なので、まずは無料でお得なここを目指すといいでしょう。

JA直営施設の「あぐれっしゅ川越」との共同駐車場でもあるので、観光のついでに川越産の新鮮な農産物を土産に買って帰ることもできます。

川越の駐車場で市営のおすすめは?

施設を利用することが前提で無料になるのが、以下の駐車場。

kawagoePB

Dは、5館のうち蔵造り資料館やまつり会館が、駐車場からだいぶ離れた観光施設ですから、比較的気兼ねなく駐められるでしょう。

中心エリアにあるFも、まつり会館自体は30分程度で十分見終わるので、残りの時間をたっぷり周辺散策に使えます。

Eは、台数はありますが混み合う神社なので、氷川神社以外の観光に利用するのは少し厳しいかもしれません。

また、市では他にも駐車場を設けています。

kawagoePC

ただ、こちらは無料ではありません。

GH、市の駐車場を土日祝のみ観光用に開放したもので、料金は近隣パーキングと同相場程度。

また、渋滞が予想される川越駅の南側にあるIも、特に安いわけではないので、収納台数が多い以外は、あまりアドバンテージはないのでは?

車で来た方は、むしろ混み合う駅に近づくより、前述の市営無料駐車場もある北の初雁方面から攻めるのがBESTです。


スポンサードリンク

川越の駐車場で最安で最大料金も安いのは?

kawagoePK1kawagoePK2kawagoePK3kawagoePK4kawagoePK5

MAPでもご覧の通り、民営コインパーキングも豊富です。

ただ、シーズンなどは川越駅や本川越駅付近は車も混み合って渋滞するので、理由がなければ近寄らないほうが無難。

あえて、駅近のパーキングはピックアップしていません。

また、あまり日中に、観光中心エリアを車で動き回るのもオススメできないので、近場で安めの駐めたいのなら、早めに来て入れて下さい。

平日の昼間に駐めるなら、最安値は

1.らくだプラザ城郭2
24.らくだプラザ城郭1
42.らくだプラザ川越宮下町1

が1時間100円とオトク。

もしゴールデンウィークなどの休日に来るなら、表の1時間200円のところが安値です。

特に「喜多院」の駐車場でもある6.明星駐車場は、最初の1時間200円ですが、以降3時間まで500円なので、4時間程度観光するならお得です。(平日は1h200円/以降1h100円)

また、観光で来て、駐車料金を気にしながら回るのは避けたいので、最大料金が安いところは安心。

平日なら表の24時間500円が最安値になります。

休日でなら

1.らくだプラザ城郭2
24.らくだプラザ城郭1
39.リパーク川越宮下町1丁目
41.らくだプラザ川越宮下町2

あたりが、やはり500円と手頃でしょう。

もし、24時間も駐める予定がなく、日中車をおいてゆっくり観光するだけなら、コインパーキングでおすすめは、前述の喜多院併設の

6.明星駐車場

喜多院は、いずれにせよ観光されると思いますし、時間料金も平日・休日ともに数時間停めるなら、オトク。

しかも100台とキャパも大きいので、ここに早めに来て入れてしまうのが、賢い車のアクセスです。

まとめ

近年、「小江戸」というブランドで急速に人気が高まっている川越。

初詣やゴールデンウィーク、川越まつりとたくさんの観光客で賑わいますが、京都に似て車では移動しにくいので、早めに車を乗り捨てて、徒歩で楽しむのがコツの街です。

記事を参考に、楽しんでくださいね。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。