名古屋市科学館の周辺の駐車場で安いのは?おすすめ完全マップガイド!

7ccd32aae9826d8b5060c7133b7708d6_s

子どもから大人まで、実際に体験しながら楽しんで科学を学べる「名古屋市科学館」。

名古屋市政70週年を記念して建てられたこの総合科学博物館には、県内のみならず、遠方からも沢山の科学ファンが訪れます。

そんな家族連れの来場も多い施設なので、気になるのは駐車場の混雑でしょう。

そこで、名古屋市科学館の周辺の駐車場事情を徹底調査しました。

スポンサードリンク

名古屋市科学館の混雑や駐車場の料金は?

<名古屋市科学館 基本情報>

住所:愛知県名古屋市中区栄2丁目17-1 白川公園内
TEL:052-201-4486
開館時間:9:30~17:00 (入館は16:30まで)
休館日:月曜日/第3金曜((祝日の場合は開館、振替)
入館料:大人 400円/大学生 200円/高校生 200円
公式ホームページ:http://www.ncsm.city.nagoya.jp/

名古屋市科学館の最大の魅力は、何と言ってもプラネタリウムの「Brother Earth」。

ドーム内径35mという世界一の大きさと映像クオリティを誇り、子供のみならず大人も含めて、来館者のお目当てになります。

ただ、このプラネタリウムが、科学館を楽しむ上で来館者を大変にしているウィークポイントにもなっているのが残念なところです。

その大きな理由が、一切の前売りをせずに、当日9:30から並ばせてチケットを販売すること。(販売終了は16:30まで)

投影は、主に6回制(10:00~・11:20~・12:40~・14:00~・15:20~・16:40~)。

当然、午前中に来館すれば1~2回目に入場したいと思いますが、土日には開館の30分や1時間前から行列ができるのが普通です。

午前中にはすべての回が満席になり、時間をかけてやっと買えても、3~4回目以降だったなんて声も、普通に聞こえてきます。

これほどの人気施設の目玉イベントが当日売りのみという問題は別にしても、せっかく来たのに行列で時間を費やし、1日がかりの見学になってしまう恐れは大いにあると言えます。

結局1日プラネタリウムに振り回されることになり、地元や近辺の方ならともかく、遠方から楽しみに来た方は大変な思いをすることも。

なので、科学館などのテーマ施設の場合、常設展以外の催しエリアは基本行列が普通で、所要時間はかかると思ったほうが無難です。

これは当然、土日祝日や行楽時期の駐車場確保や選び方にも大いに関係します。

せっかく世界一のプラネタリウムがある施設に行くのならと見学を予定するなら、早めに行かなければ早い回にも入場できませんし、駐車場の満車率も上がるということ。

また、遅い回になってしまうことも考え、駐車場も長く駐めることを想定して選ばなければなりません。

ちなみに名古屋市科学館には、専用の駐車場はありません。

ただ、公式ホームページで推奨しているのは、白川公園の駐車場でもある以下のふたつ。

<若宮大通公園白川前駐車場>

収納台数:108台(うちバス27台)
営業時間:7:00-21:00
料金:普通車 30分毎¥180

<白川公園駐車場>

収納台数:58台
営業時間:7:00-21:00
料金:普通車 30分毎¥180

※マップ参照(赤いアイコン

当然、キャパシティ的には全く足りてませんので、休日には早めに満車になるのが通例です。

開館の1時間前からチケットを求めて並ぶ方すべてが車ではありませんが、近場の便利な駐車場からいっぱいになるのは当然。

また、料金的にも打止めがないので、長く駐めることになれば割高になるのは目に見えてます。

当然、周辺の駐車場事情はおさらいしていく必要があります。

名古屋市科学館の周辺の駐車場の料金相場は?

そこで、周辺のコインパーキングはどうかというと、ほぼ以下の通りのリストになります。(紺色のアイコン

nagoyakagakuPK1nagoyakagakuPK2nagoyakagakuPK3nagoyakagakuPK4nagouakagakuPK5


おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri


なお、料金は変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(黄色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

さすがに名古屋駅周辺ということで、パーキングの数は豊富。

休日や行楽時期でも、贅沢を言わなければ、全く見つからないということはないでしょう。

ただスポットの性格を考えると、子供連れのケースがほとんどでしょうから、なるべく近くを探してあげたいでしょう。

距離的には500m圏内ではピックアップしているので、大人の足で10分弱といったところです。

料金的には、名古屋駅近隣ということで、相場は正直高めです。

1時間では400円前後(平均-平日428円/休日466円)、最大料金はあっても1000円以上(平均-平日1290円/休日1240円)になります。

また、地価が高い場所柄か、定番となるような大型駐車場が見当たらないので、場所や料金をある程度頭に入れて探さないと、せっかくの行楽日に無駄な時間を費やすことになります。

ぜひ、上記リストも参考に当たってみて下さい。


スポンサードリンク

名古屋市科学館の周辺の駐車場で安いおすすめは?

少し、リストの中からおすすめもおさらいしてみましょう。

1時間あたりの相場は先程もふれたように400円程度ですが、こう見ると200円程度のところは結構あります。

ただ、台数が数台だと危なっかしいので、ある程度キャパもあるところというと、

14.東洋パーキング(196台/1時間220円/最大料金なし)

19.時田パーク(50台/1時間200円/最大料金なし)

23.白川・林パーク(49台/1時間200円/最大料金なし)

86.ジャパンレンタカー御園店(30台/1時間100円/最大料金900円)

あたりです。

この内、白河・林パークは、50分100円なので、実質1時間100円と見ていいでしょう。

ジャパンレンタカー御園店と並んで最安値パーキングです。

また、ジャパンレンタカー店は、サイトの無料券を印刷して提示すると、30分無料になります。

いずれにしても、日中通しで駐めても1000円行くことがない、イチオシの駐車場です。

冒頭で触れたように、プラネタリウムがらみでほぼ1日がかりになってしまうこともあるので、最大料金が安いのも重要です。

上記のような時間料金が安いところが満車の場合は、打止め料金にも注意して探して下さい。

相場は1000円以上でしたが、1000円を切るパーキングはいくつかあります。

その中で、台数も多めで最大が安い駐車場はというと、

82.エムテック御園パーキング(約100台/3時間500円/最大料金900円)

86.ジャパンレンタカー御園店(30台/1時間100円/最大料金900円)

がおすすめ。

特にエムテック御園パーキングは、科学館にもほど近いので、まず覗いてみたい駐車場と言えます。

また、先ほど紹介のジャパンレンタカー御園店は、最大料金も格安で、やはりイチオシといえます。

こんなおすすめや相場料金を参考に、周辺パーキングを当たってみて下さい。

名古屋市科学館の駐車場で予約ができるのは?

また最近では、以下のような予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

nagoyakagakuaki

1箇所ごとの台数はわずかですが、近年急速に供給が増えつつあるので、検索してみるとたくさんあります。

料金も手頃ですし、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

混雑シーズンの行楽で、早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる手かもしれません。

→名古屋市科学館周辺の予約できるakippa駐車場

→名古屋市科学館周辺の予約できる軒先パーキング駐車場

まとめ

鉄道博物館や科学博物館などの「みて、ふれて、たしかめて」遊ぶ体験型施設は、どう楽しむかで1日がかりになることも普通です。

おそらく家族連れ・子供連れ方で行く方も多いと思うので、余裕を持った無理のないアクセス計画が肝心でしょう。

なので、ぜひこんな記事も参考におさらいをしてからお出かけ下さい。

※情報は記事執筆時のものです。変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。