新横浜の駐車場で安い料金は?周辺おすすめ地図ガイド&全リスト! | 苺の一枝<Ichigo-Ichie>

新横浜の駐車場で安い料金は?周辺おすすめ地図ガイド&全リスト!

大都市・横浜の新幹線における玄関口であり、その利便性から多くのオフィスビルや宿泊施設が周辺を囲むビジネスエリア・新横浜。

横浜アリーナや日産スタジアムの最寄アクセス駅としても知られ、休日のイベント開催日などには多くの観戦、鑑賞客で賑わいます。

そこで、新横浜駅周辺の駐車場事情についておさらいしてみます。

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

スポンサードリンク

新横浜の駐車場で最大料金が格安のおすすめは?

かつては水田が広がる田園地帯であり、新幹線停車駅として「新横浜駅」が開業以来、ビジネスの街として急速に発展を遂げてきた新横浜。

特に新横浜駅の北口側は、横浜のツインコア都心として多くのオフィスビルやホテルが立ち並び、近年では駅ビル・キュービックプラザの開業やラーメン博物館オープンなどで、商業地としても賑わうエリアです。

なんと言っても駅東西の徒歩圏内に、横浜アリーナと日産スタジアムという人気の競技場・イベントホールを抱え、試合やライブ開催時には多くの人であふれる市街地。

一方、駅南側の篠原口は、自然や田園風景が残る閑静な住宅街という、違った顔も併せ持つ地域です。

ただ駅前を環状2号線が貫き、第3京浜港北JCも近いので交通量は激しいエリア。

特にイベント開催の休日には車や人であふれるので、車を使う方は駐車場事情をおさらいしておくとあわてません。

そこで、以下が新横浜駅周辺のパーキング一覧になります。※黄色アイコン及び緑アイコンの一部

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

新横浜駅から5~600m前後・徒歩で10分程度の圏内でピックアップしています。

料金は短期間で変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き状況がわかるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。環境によっては開かなかったり、直リンクできないことがあります。

なお、横浜アリーナ周辺のパーキングマップも共用しており、色の違うアイコン(黄色)の混在はご容赦ください。

さらにアリーナ周辺まで選択肢を広げる方は、以下の記事も参照してみてください。

北口駅前はビジネス繁華街、その東寄りは横浜アリーナ界隈、一方篠原口側は畑も広がる住宅エリアと、性格の異なる地域が囲む駅周辺。

それに合わせて微妙に違う駐車場事情もあり、使い分けが必要です。

特に料金傾向を大きく分けると、北口側は概して高めであり、さらにアリーナに向かってイベント時に特別料金のパーキングが増えるので注意。※赤文字表記参照

反面、かつての水田地帯であり、市街地開発がまだ手付かずの篠原口側は手頃なパーキングが集まり、特に新幹線利用者には最適のポイントです。

具体的な料金相場は、北側で1時間あたり平均562円、日中最大が平均1678円に対し、南側が1時間あたり平均279円、日中最大が平均919円であることから、両側はダブルスコアに近い差があることがわかります。

そこでまず、車を置いて出かけたり、駅周辺でゆっくり用足しする際に、できるだけ手頃に日中駐められるところを探すと、

10.NPC24H新横浜第4(29台/24時間最大800円

12.ナビパーク篠原町第3(39台/24時間最大700円

13.ナビパーク篠原町第2(5台/24時間最大800円

15.リパーク横浜篠原町第2(19台/24時間最大800円

17.新横浜パーキング(16台/平日 24時間最大800円)※平日のみ

26.SKIP新横浜パーク&ライド駐車場(16台/当日最大 平日700円 休日800円

28.パークサイドガレージ篠原町Ⅰ(約10台/24時間最大800円

31.ネオパーク新横浜(20台/24時間最大800円

32.パートナ篠原町パーキング(5台/24時間最大600円

40.アットパーク新横浜篠原口第2(23台/当日最大800円

が、北口の相場から見れば半分以下で駐めておけるパーキング。

やはり、全て篠原口にあるスペースであり、終日駐めておく際には少々繁華街には遠くても、この付近を拠点にするのが最善です。

特にイベント用途でも、満車対策や混雑回避の意味で、多少穴場感があるエリアと言えます。


スポンサードリンク

新横浜の駐車場で時間料金が安いのは?

もし、ちょっとした仕事や地元での生活利用で来た場合なら、打ち切り料金より時間単価が安い方が助かります。

1時間あたりが手頃なパーキングをみると、先程ふれたとおり周辺相場は全体で見れば1時間換算で400円強。

ただ、前述のように上限で1000円以内のところもあるので、2~3時間駐車ならもう少し抑えられると助かります。

そこで、最安も含めてリーズナブルなところを探してみると、

8.リパーク横浜篠原町(21台/終日30分100円

13.ナビパーク篠原町第2(5台/08:00-22:00 60分200円

15.リパーク横浜篠原町第2(19台/終日60分200円

17.新横浜パーキング(16台/08:00-22:00 30分100円

29.IDパーク新横浜(約20台/08:00-24:00 30分100円

30.スキップパーキング篠原町(3台/終日60分100円

31.ネオパーク新横浜(20台/終日30分100円

32.パートナ篠原町パーキング(5台/08:00-22:00 30分100円

33.スキップPデュエルマンション(2台/終日30分100円

が、1時間換算で200円以内のパーキングで、やはりすべて駅南側のスペースで占められます。

新幹線やブルーラインが乗り入れ、構内はかなり広い駅なので、駅に近い駐車場からでも、北口側まで地下南北自由通路で500m程度は移動するようですが、相場の半分以下という節約効果はメリット大と言えます。

キュービックプラザができたとは言え、あまり買物利用による無料割引等が見込めない駅周辺なので、これらをうまく活用してみてください。



新横浜駅の駐車場で泊りや連泊・予約ができるのは?

最後に、新幹線停車駅なので、仕事や旅行に泊まりで出かけるケースもあると思いますが、そんな際に適したところをみてみましょう。

新横浜駅には列車利用で一定期間無料になるパークライド駐車場はありませんが、東海道新幹線EX-ICサービス利用により、4及び20のタイムズ駐車場で200~400円の割引が受けられます。⇒詳細ページ

また、一般的なコインパーキングでも、24時間で繰り返しOKな上限料金があれば、手頃に日をまたぐ駐車が可能。

条件に合うパーキングで、なるべく手頃に長く駐められるところを挙げると、

12.ナビパーク篠原町第3(39台/24時間最大700円)※48時間まで

13.ナビパーク篠原町第2(5台/24時間最大800円)※48時間まで

28.パークサイドガレージ篠原町Ⅰ(約10台/24時間最大800円)※3日まで

は、1213が48時間(1泊2日程度)、28は3日間以内までは規定で駐められるパーキング。

10.NPC24H新横浜第4(29台/24時間最大800円

も、繰り返し適用OKで謳っているパーキングであり、あまり長期の際は確認が必要ですが、ある程度の時間は駐めておけるはずです。

さらに、

29.リパーク横浜大豆戸町第4(20台/24時間最大1000円

なら、少し高くなりますが、さらに最長7日間まで駐車可能です。

やはり篠原口の周辺に長期用途のスペースが点在するので、日数に応じて長期出張や旅行の際に覚えておくと便利でしょう。

最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

観光スポットでは今や一般的になりましたが、混雑する駅周辺でも最適の選択肢と言えます。

ちなみに、新横浜駅の周辺には予約できる駐車場がそこそこあります。

yokoariPKaki

1箇所ごとの台数はわずかですが料金も手頃ですし、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

→横浜アリーナの周辺で予約できる軒先パーキング駐車場

→横浜アリーナの周辺で予約できるakippa駐車場

横浜アリーナの周辺で予約できるB-Times駐車場

まとめ

横浜の広域移動の玄関口として急速に発展した新横浜エリアですが、記事でもふれた通り駅両側には表情の違う風景が広がります。

北口側はビル群が立ち並び、人通りも多い近代都市、南側の篠原口は畑が多く、田舎の香りもする懐かしい田園風景という、多面的で味わい深い街。

移動には少し不便ながら、混雑を避けて駐車場を探すという意味では、駅南側が最適と言えそうです。

ぜひ、記事も参考にベストポジションを見つけてみてください。

※利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。