五稜郭の駐車場の安い空きを探すための周辺おすすめ地図ガイド!

5d2deeff553ff7466d5d39bff9a934ca_s

星の形が美しく、見下ろす眺望が楽しめる五稜郭タワーまでセットになった、北海道でも人気の観光名所「五稜郭」。

花見と重なるゴールデンウィークを始め、各行楽シーズンには大勢の人で賑わう、北海道観光を代表する名所です。

近年では北海道新幹線も開通し、年々人気が高まるスポットなので、駐車場のことも気がかりでしょう。

そこで、五稜郭公園の駐車場事情をおさらいしてみます。

※2018年度版(2018年7月10日再調査)

情報は記事執筆時(または再調査時)のものであり、変更されている場合もあります。正確性を保証するものではありませんので、必ず現地の表記を確認のうえご利用下さい
また確認の際は、最大料金の繰返し有無や時間/日極かに注意し、トラブルを避けるようお願いします。

スポンサードリンク

五稜郭の駐車場の混雑・渋滞や料金は?

江戸幕府が蝦夷防衛のために建てた数少ない洋式城郭であり、 その星型の城が戊辰戦争の最後の舞台になったことでも知られる五稜郭。

多くの木々の緑や堀に囲まれた城域は五稜郭公園としても整備され、春の桜を中心に四季の花暦が彩る花木の名所としても賑わいます。

また、五稜郭築城100年を記念して建てられた五稜郭タワーも、星型の名城跡はもちろん、函館山や津軽海峡なども見晴かす北海道観光の目玉スポットとして人気です。

<基本情報>

名称:特別史跡五稜郭跡(五稜郭公園)

住所:函館市五稜郭町44
TEL:0138-40-3605(タワー/0138-51-4785)

休園・休館日:無休

入園料:公園内無料
※五稜郭タワー
大人900円 中高生680円 小学生450円

開園時間:公園内自由
※郭内(堀内側)
4-10月/5:00~19:00 11-3月/5:00~18:00
※五稜郭タワー
4月21日〜10月20日   8:00~19:00
10月21日〜4月20日   9:00~18:00
五稜星の夢期間中(冬季)9:00~19:00
1月1日(初日の出営業) 6:00~19:00

アクセス:
市電「五稜郭公園前」下車 徒歩15分
函館バス「五稜郭公園入口」下車 徒歩約7分

公式ホームページ:
https://www.hakodate-jts-kosya.jp/park/goryokaku/(公園)
http://www.goryokaku-tower.co.jp/index.html(タワー)

五稜郭は、桜の見頃がゴールデンウィークに当たるため、特に毎年5月は大混雑することで知られている花見スポット。

また、8月の夏休みシーズンや普段の土日も、もちろん混み合う観光名所です。

いきおいマイカーで行く方は、多くない駐車スペースを探すのに苦労するのが通例であり、また狭い道が入り組む函館市内は慣れていないと方向が掴みづらく、運転が大変なエリアでもあります。

ただ、市電の最寄駅「五稜郭公園前」からは少し距離があるため、年配の方や子供連れだと少し大変ですし、バスは路線系統が複雑なのも難点。

そんな意味で、五稜郭は基本的にアクセスがしずらいスポットと言ってもいいかも知れません。

もし車で行く場合、五稜郭には専用の駐車場はありませんが、一応定番と目される駐車場が、以下のふたつになります。※緑のPアイコン

互いの混雑解消のため、現在は相互利用が可能になっており、ともに芸術ホールや美術館・博物館来館利用で2時間が無料になります。

平日や閑散期はこれらの駐車場で十分困ることはありませんが、やはり問題が土日祝や行楽シーズン。

五稜郭周辺は、桜の時期などは30分かけて10mしか進まなかったという声も聞こえてくるほど渋滞も激しく、また近隣の駐車場リソースも不足しているので、これら定番駐車場に集中し、混み合います。

そんな中で頼りにされているのはキャパシティも大きい芸術施設のP2で、特に入口ゲートが3箇所あるので、五稜郭タワー付近の混雑を避けるように入庫ルートを取ると、すんなり入れることもありおすすめ。

いずれにしても混雑時期であれば、周辺パーキングもそうですが、これらの立地の良いスペースに駐めたいのなら、早朝のうちがセオリー。

タワーが開館するのは8~9時ですが、五稜郭公園内は無料で5時から入れるので、季節が良ければ散策をしながらタワーが始まるのを待つくらいがいいでしょう。

料金的には1時間で見れば200円と、周辺相場平均(252円)と比べても手頃であり、上限がないのは難点ながら立地の便を考えればベストと言えます。


スポンサードリンク

五稜郭の駐車場の料金が安いおすすめは?

もし、これらの駐車場が満車でらちが明かなければ、付近のコインパーキングを探すようです。

そこで、五稜郭周辺の駐車場は以下の通り。※赤いアイコン

おすすめワンポイント!

もし、グーグルアプリ【Googleマップ-GPSナビ】がインストールされていて、位置情報が許可されていれば、今いる場所とともに上記の駐車場マップが開き、とても便利!

WS000001

【Googleマップ-GPSナビ】

gplay_en itune_en

PKmapapri

なお、料金は変動するものなので、料金傾向の目安にしていただければと思います。

ちなみに表の中ほどの列は、平日の1時間/日中最大(青色)・休日の1時間/日中最大(ピンク)になっています。

空き状況がわかるものは、マップのガイドエリアにリンクを入れてあります。※表中の駐車場名が太文字のもの。環境によっては開かなかったり、直リンクできないことがあります。

ご覧のように、五稜郭から500m程度の圏内には定番駐車場を含めて駐車ポイントは数箇所であり、本町界隈の繁華エリアまで行って、やっと20カ所程度が点在する形。

ただ、中途半端な時間になるようなら、五稜郭タワー付近には近づかず、この界隈で最初から探してしまったほうが、混雑回避的には賢明でしょう。

ちなみに観光所要時間は、きちんと見るならタワーに登って見学するのには約1時間、さらに広い五稜郭公園を回って、箱館奉行所まで見学して、おおよそ2時間程度は要します

さらに移動距離や休憩・食事を含めれば、車に戻るまでは3時間は余裕を見ておきたいところ。

前述のように、休日等であれば料金的な贅沢は言わず、空いているところがあったら入れてしまった方がいいですが、そんな駐車目安時間を手頃に駐めておけるところを拾ってみると、

2.タイムズ函館五稜郭町第3(19台/24時間最大500円

4.リパーク函館五稜郭町(12台/24時間最大400円

10.タイムズシエスタハコダテ(28台/24時間最大500円

24.ネクステップ函館本町第1パーキング(7台/12時間最大600円

25.ネクステップ函館本町第2パーキング(5台/12時間最大600円

26.総合保健センター駐車場(約70台/07:00-2:00 2時間まで200円 以降30分100円

なら、P1/P2程度かそれ以下で駐めておけるパーキング。

よく穴場として名前が上がる22もいいですが、さらにゲート整備で一般利用もしやすくなった26はさらに穴場的なスペース。

とは言え地域の保健施設ではあるので、節度を持って利用してください。

また24は立地も良い分休日は人気なので、空き情報は確認しながら向かうのがいいでしょう。

とは言え地域の保健施設ではあるので、節度を持って利用してください。



五稜郭の駐車場で混雑を避けるアクセスは?

それでも通常の週末でしたらなんとか駐められても、こと4月やGW、夏休みの土日は、よほど早く行かなければ駐車場確保は厳しいでしょう。

そこで、代案としてオススメが、手前の離れた駅周辺に駐めて、公共交通機関で向かうパーク&ライド。

ただ、電車でのレールアンドライドでもいいですが、このあたりは函館駅周辺まで来ないと、途中駅には駐車場がないのが実情です。

また、先程もふれたように、五稜郭は最寄りの電車駅から15分と、少し歩くのも難点。

そこで、どうせ函館駅周辺を拠点にするなら、JR函館駅前から出ている「五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス」がイチオシです。

片道240円と手頃なうえに、五稜郭タワーのすぐ前のバス停(五稜郭タワー前)へ15分で行ける、楽ちんなアクセス。

いろいろ調べていくと、五稜郭へはこのシャトルバスが最も利便性が高いアクセスなのがわかります。

gryobas
詳細ページ

そこで、肝心の函館駅周辺の駐車場マップが以下の通り。

なお、詳細については以下の記事を参考にしてみてください。

混雑時の代案といっても、函館山や朝市ひろばも付近にある函館駅周辺も、シーズンには非常に混み合うエリア。

やはり早めに到着して駐車場を確保するのが無難ですが、移動時間もあるので、最低でも打止め料金はあったほうが安心でしょう。

例えば11など、ある程度の収容力があって、上限設定があるところをメインに選ぶのがおすすめです。

五稜郭の駐車場で予約ができるのは?

最近では予約できる駐車スペースのシェアサービスが盛んになってきているので、当たってみるのもひとつの手かもしれません。

競技・イベント会場周辺では今や一般的になりましたが、混雑する行楽スポットでも最適の選択肢と言えます。

まだ五稜郭の近隣にはあまりありませんが、近年急速に普及しつつあり、今後どんどん供給が増えるはずなので、気にしておくといいかもしれません。

1箇所ごとの台数はわずかですが、何より駐車場の心配がなく向かえるのはメリットです。

早めに行くことが決まっているようなら、確保してしまうというのも、安心してアクセスできる一つの方法と言えます。

五稜郭の周辺で予約できる駐車場

まとめ

2017年の春には、北海道新幹線も開業1周年を向かえ、ゴールデンウィークの満開時には花見客も急増した函館。

五稜郭公園も、例年の混雑にさらに拍車がかかっています。

ぜひ、こんな記事も参考にいろいろなオプションを用意して、北の幕末ロマンの地をスムーズに楽しんできて下さい。

※ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

⇒記事一覧はコチラ

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。